177件中 41 - 50件表示
  • JPNAP

    JPNAPから見たIPv6IPv6

    接続拠点は東京都内に5ヶ所(NTT大手町ビル・東京サンケイビル・NTT池袋ビル・信州名鉄品川ビル・大手町フィナンシャルシティノースタワー)、大阪に2ヶ所(NTTテレパーク堂島第1ビル、第3ビル)あり、うち東京のNTT池袋ビルの接続ポイントはJPNAP東京IIサービスとして、東京の他の4ヶ所はJPNAP東京Iサービス、大阪の2ヶ所はJPNAP大阪サービスとしてネットワーク的に独立している。IX接続インターフェースはファストイーサ、ギガビット・イーサネット、10ギガビット・イーサネット、100ギガビット・イーサネットの4種類がある。また、全ての拠点にてIPv4/IPv6 デュアルスタックサービスを開始している。JPNAP フレッシュアイペディアより)

  • IPv6ヘッダ

    IPv6ヘッダから見たIPv6IPv6

    IPv6ヘッダ フレッシュアイペディアより)

  • 最大セグメントサイズ

    最大セグメントサイズから見たIPv6IPv6

    MSSの値はMTUと関連している。MTUはIP層における、ヘッダを含めた最大長である。MSSにTCPヘッダとIPヘッダを加えた長さがMTUに収まっていれば、分断化せずに転送できる。標準的な長さは、TCPヘッダが20バイト、IPv4ヘッダが20バイトである。このためMSSはMTUから40バイトを引いた値とすることが多い。ただしIPv6ヘッダは40バイトとなるほか、TCPでもIPでもオプションがつくとヘッダ長が増加する可能性がある。最大セグメントサイズ フレッシュアイペディアより)

  • 社会実験

    社会実験から見たIPv6IPv6

    いくつかの国立大学と工業高校によりIPv6の社会実験が行われている。社会実験 フレッシュアイペディアより)

  • Winbiff

    Winbiffから見たIPv6IPv6

    通信プロトコルは、POP3、SMTPの他、IMAP4にも対応している。またIPv6対応版も用意されている。Winbiff フレッシュアイペディアより)

  • DHCPv6

    DHCPv6から見たIPv6IPv6

    Dynamic Host Configuration Protocol for IP Version 6(IPv6 のための ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCPv6)とは、コンピュータがネットワーク接続する際に必要な情報を自動的に割り当てるプロトコルの IPv6 と共に用いられる版のことをいう。DHCPv6 フレッシュアイペディアより)

  • DNSラウンドロビン

    DNSラウンドロビンから見たIPv6IPv6

    後述するような問題点があることに加え、主にIPv6における宛先アドレス選択アルゴリズムとして定義された「RFC3484」では、DNSが同一サーバ名に対し複数のIPアドレスを持つ場合に「自分のアドレスに近いアドレスを優先的に選択する」ことを定めており、Windows Vistaなどマイクロソフト製OSの一部や、最近のLinuxなどではこのルールに従いDNSラウンドロビンがデフォルトで無効にされている。DNSラウンドロビン フレッシュアイペディアより)

  • Open Shortest Path First

    Open Shortest Path Firstから見たIPv6IPv6

    RFC 5340 (2008年) - OSPFv3、IPv6対応(RFC 2740(1999年)のアップデート)Open Shortest Path First フレッシュアイペディアより)

  • Winsock

    Winsockから見たIPv6IPv6

    IPv6対応はWindows 2000(2000年12月)で、RFC 2553 (後に RFC 3493 に置換)に基づいて行われ、Windows XPの Winsock の一部となっている。Winsock フレッシュアイペディアより)

  • トップレベルドメイン

    トップレベルドメインから見たIPv6IPv6

    IPv6の逆引きにip6.intが使われていたが、現在はip6.arpaへ移行した。トップレベルドメイン フレッシュアイペディアより)

177件中 41 - 50件表示

「IPv6」のニューストピックワード