177件中 51 - 60件表示
  • Multicast Listener Discovery

    Multicast Listener Discoveryから見たIPv6IPv6

    Multicast Listener Discovery(MLD、マルチキャストリスナ探索)は、IPv6 (インターネット・プロトコル・バージョン 6) におけるマルチキャストの受信者(リスナ)を探索するためのプロトコルである。IPv4におけるIGMPに相当し、ICMPv6の一部として実装されている。Multicast Listener Discovery フレッシュアイペディアより)

  • RADIUS

    RADIUSから見たIPv6IPv6

    RFC 3162 - IPv6ネットワークでのRADIUSプロトコルの使用RADIUS フレッシュアイペディアより)

  • トンネリング

    トンネリングから見たIPv6IPv6

    直接IPv6ではつながっていないIPv6ネットワーク同士を接続するときに、途中IPv4を経由するために使われるのがIPv6 over IPv4トンネルである。トンネリング フレッシュアイペディアより)

  • Universal Mobile Telecommunications System

    Universal Mobile Telecommunications Systemから見たIPv6IPv6

    IPv6、UTRANにおけるIP転送Universal Mobile Telecommunications System フレッシュアイペディアより)

  • localhost

    localhostから見たIPv6IPv6

    コンピュータでは、localhostは現在使用しているシステムを指す。これは、IPv4では127.0.0.1に、IPv6では::1に割り当てられたループバックデバイスである。TCP/IPが必要に応じて自身と通信するために使用される。localhost フレッシュアイペディアより)

  • SEIL

    SEILから見たIPv6IPv6

    OSにはNetBSDを採用しIPv4/IPv6デュアルスタック、IPv6-IPv4トランスレータに対応している。SEIL フレッシュアイペディアより)

  • DNSルートゾーン

    DNSルートゾーンから見たIPv6IPv6

    ルートDNSサーバは、インターネットに必須の機能であり、World Wide Webや電子メールといったインターネットサービスにドメイン名を基礎にしている。DNSサーバはインターネット全体を停止させてしまう可能性のあるものである。このため、複数のルートサーバが世界中に存在している。ルートサーバの数はDNSの応答のために13に制限されている。DNSでは512バイトのパケットに限定しているのである。プロトコル拡張(EDNS)はこの制限をなくそうと設計された。このサイズのパケットに、「ラベル圧縮」を使うことによって、より多くのエントリをおさめることができるが、13という数字は信頼できる限度として選定された。次世代のIPアドレス構造であるIPv6の導入によって、これまでの習慣は変更され、IPv6ネームサーバによって新しく生じた空間は埋められることとなる。DNSルートゾーン フレッシュアイペディアより)

  • ペンタセキュリティシステムズ

    ペンタセキュリティシステムズから見たIPv6IPv6

    2005年、Webアプリケーションファイアウォール(Web Application Firewall, WAF, Application Layer Firewall)としてリリースされた。トラフィックの論理的分析に基づいたエンジンを基盤としている。WAPPLESはWASPにより発表されている最も危険なWebアプリケーションレベルの攻撃のTop10からユーザのWebアプリケーションを保護する製品であり、PCI-DSSのバージョン1.2要件6.6に適合してCC(コモンクライテリア)やIPv6のReadyログなどを取得している。その独特なエンジンは、韓国でWebアプリケーション攻撃を検知する方法(Method for Detecting a Web Application Attack、特許番号10-2010-0064363))、セキュリティルールに基づいたWeb攻撃の検知方法(Method for Detecting a Web Attack Based on a Security Rule、特許番号10-2009-0077410)の特許を取得している。現在、アメリカや、中国、日本などでも特許取得のための手続きを行っていて、2012年1月には日本で特許(特許番号4977888)を取得したのである。その他、複数のWAPPLESを統合して全体を管理するWAPPLES MS(WAPPLES Management System)や、クラウド環境でのセキュリティを確保するWAPPLES V-Seriesなどもリリースされている。ペンタセキュリティシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • ポート番号

    ポート番号から見たIPv6IPv6

    近年のインターネットの爆発的な拡大にともない、コンピュータ1台1台を識別するはずのIPアドレスの数がコンピュータの台数よりも遥かに少ないという状況が起こってしまった。IPv6を用いてIPアドレスの数を飛躍的に増加させるという動きもあるが、現状では一つのIPアドレスを複数のコンピュータで使い回すということが行われている。ポート番号 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類キャリアによるIP

    鳥類キャリアによるIPから見たIPv6IPv6

    この文書はジョーク系RFCの中でも比較的人気があり、しばしば他のRFC文書に引用されている。例えば1998年のエイプリルフールに発表された同じジョーク系のRFCである RFC 2322(洗濯ばさみ DHCP による IPアドレスの管理)では遠隔地の通信には鳥類キャリアを使用するということが記述されている。また RFC文書の書き方を説明しているRFC 2223(RFCの書き方)の付録でnroffのマクロを説明する際のサンプル文書として RFC1149 が登場する。さらに1999年のエイプリルフールに発表された RFC 2549 "IP over Avian Carriers with Quality of Service"(鳥類キャリアによるIPのサービス品質)は、この通信にQoSを規定するという内容である(1990年との違いとして、Linuxの普及を背景としたペンギンのジョークも入っている)。2011年4月1日には、RFC 6214 " Adaptation of RFC1149 for IPv6"(RFC1149のIPv6対応について)が発表され、RFC1149をIPv6に対応するために、さまざまな観点から考察が行われている(新たに発見されたウイルスの脅威など)。鳥類キャリアによるIP フレッシュアイペディアより)

177件中 51 - 60件表示

「IPv6」のニューストピックワード