152件中 81 - 90件表示
  • NetFront Browser

    NetFront Browserから見たIPv6IPv6

    IPv4/IPv6デュアルTCP/IPプロトコルスタックNetFront Browser フレッシュアイペディアより)

  • エンドツーエンド原理

    エンドツーエンド原理から見たIPv6IPv6

    しかし、ネットワークを構成する要素や技術(例えばネットワークアドレス変換)は、エンドツーエンド接続性を保持していない。この特性がない場合、新たなプロトコルを使用するにはそれをサポートする新たな機器などが必要となる。このことは、TCPのコネクションを使わないでインターネットを利用する新たなアプリケーションの展開を妨げている。例えば、IPsecの普及、IPv6への移行、Peer to Peerアプリケーションの普及、ネットワークゲームの普及などが挙げられる。エンドツーエンド原理 フレッシュアイペディアより)

  • X-Forwarded-For

    X-Forwarded-Forから見たIPv6IPv6

    Amazon's Elastic Load Balancing serviceはIPv4、IPv6双方でこのフィールドをサポートしている。X-Forwarded-For フレッシュアイペディアより)

  • インテック

    インテックから見たIPv6IPv6

    研究開発にも取り組み、インテックシステム研究所(インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクスと改名後、再びインテックシステム研究所と社名を戻した)を設立し「ネットワークのインテック」の基礎を築く。その後、IPv6の基盤研究を目的としたインテックネットコアを設立している。インテック フレッシュアイペディアより)

  • 6to4

    6to4から見たIPv6IPv6

    6to4は、明示的なトンネリングの設定を行わなくとも、IPv4のネットワーク(たとえば、IPv4のインターネット)上にIPv6のパケットを流せるようにするという技術である。6to4ネットワークとIPv6ネイティブなネットワークの通信を行えるようにするためのリレーサーバも存在している。6to4 フレッシュアイペディアより)

  • OpenLDAP

    OpenLDAPから見たIPv6IPv6

    LDAPバージョン3サポート、IPv6サポート、各種機能強化。OpenLDAP フレッシュアイペディアより)

  • Time to live

    Time to liveから見たIPv6IPv6

    IPv4では、time to live (TTL) は、インターネットプロトコル (IP) ヘッダ内の8ビットフィールドである。それは、20オクテット中の9番目のオクテットである。Time to live の値は、IPデータグラムがインターネットシステムの中に存在することができる時間の上限として考えることができる。TTLフィールドはデータグラムの送り主が設定し、目的地までのルートの全てのホストによって減らされる。データグラムがその目的地に到着する前にTTLフィールドがゼロになったならば、データグラムは破棄され、ICMPエラーデータグラム (11 - Time Exceeded) が送り主に返される。TTLフィールドの目的は、配達不能のデータグラムがインターネットシステムを循環し続ける状況と最終的にはそのような不滅のデータグラムによるシステムの輻輳を回避することである。理論的には、time to live は秒で測られるが、データグラムが通過する全てのホストは少なくとも1単位だけTTLを減らさなければならない。実際には、TTLフィールドは、全てのホップごとに1だけ減らされる。このやり方を反映するために、IPv6では、このフィールドは hop limit と呼ばれている。Time to live フレッシュアイペディアより)

  • 128ビット

    128ビットから見たIPv6IPv6

    128ビットは、暗号化の共通鍵暗号での共通鍵のサイズでもある。またGUIDやIPv6アドレスのサイズでもある。128ビット フレッシュアイペディアより)

  • コミュファ

    コミュファから見たIPv6IPv6

    8月22日 - IPv6によるインターネット接続に対応コミュファ フレッシュアイペディアより)

  • GNU Cライブラリ

    GNU Cライブラリから見たIPv6IPv6

    1996年、FSFは glibc 2.0 をリリース。完全なPOSIX標準サポート、優れた国際化/多言語サポート、IPv6サポート、64ビットデータアクセス、マルチスレッドのサポート、将来のバージョンとの互換性サポートなどの改良がなされ、同時にコードは移植性に優れていた。この時点でLinuxカーネル開発者らはフォークを辞め、再びFSFの glibc を使うようになった。GNU Cライブラリ フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「IPv6」のニューストピックワード