前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • IPv6

    IPv6から見た日本電信電話

    日本国内については、NTTのフレッツ 光ネクストにおいて、IPv6 PPPoE接続が2011年6月1日に、IPv6 IPoE 接続が2011年7月21日に提供され、他社のサービスを含めると、IPv6が一般に普及するための基盤が整った状態になった。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たMicrosoft Windows XP

    1998年以降、TAHI Project、WIDE Project、KAME project、USAGI Projectなどにより、UNIX系OSへの実装とテスト運用が行われ、2006年頃までに主要部分の実装が完了した。Windowsに関しては、1998年3月Windows NT 4.0用にMSRIPv6を、2000年3月Windows 2000用に技術プレビューを、2001年10月にWindows XP用に評価版を提供したのち、Windows XP SP1およびWindows Server 2003からサポートが行われるようになった。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たマイクロソフト

    なお、IPv6のプロトコルを有効にしているWindowsを使用しているユーザーは、ISPがIPv4のみを提供している場合でも、Microsoftが無償提供するTeredoサービスを利用する形で、通信速度に問題があるものの、既に基本設定でIPv6で通信可能な状態になっている場合がある(ただし、Teredoサービスを利用している場合には、DNSクライアントの仕様のため、事実上IPv6が使用できない)。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たスマートフォン

    一部には、IPv4アドレス枯渇には、既存の回避策で対応可能であるとIPv6の必要性を疑問視する声もあった。しかし、国際的なインターネットの爆発的な普及と、携帯電話やスマートフォンなどのインターネット利用機器が急速に増加したことにより、新たなIPアドレスの需要が、運用の改善や新たな回避策によるIPアドレスの供給を上回っており、限界に達しようとしている。また、回避策による弊害も顕著になってきており、インターネットの新たな利用形態の普及を阻害している。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たルーター

    一般家庭でIPv6を利用するには、複数のレベルでIPv6対応がなされている必要があり、大きく分けると、ISPによりIPv6接続が提供されていること、利用するインターネット上のサービスがIPv6接続に対応していること、ルーターなどのインターネット接続に利用する機器がIPv6に対応していること、そして通信するホストがIPv6接続に対応していること、などとなる。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たGoogle

    IPv6は、ゆっくりながらも普及が進んでいる。Googleの統計によると、IPv6によるアクセス数は増加傾向にある。全体のアクセス数に対する割合として、2014年10月で5%程度、2016年10月で14%程度(日本国内では14%程度、最も普及しているベルギーで48%程度)になっている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たフレッツ

    日本国内では、一部のISP(接続業者、ホスティングサーバ業者)によって商用・実験サービスが開始されているほか、NTT東日本及びNTT西日本によって、一部のフレッツ網で利用されている。また、日本国内におけるISP各社の対応については、インターネットプロバイダー協会 (JAIPA)「ISPのIPv6対応について」でまとめられている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たモノのインターネット

    今後は、IP放送、IPテレビ電話、IP電話、IoT等のエンドユーザサービスへのIPv6の採用が進むことが想定され(一部は展開されている)、そのようなIP上の専用サービス等がIPv6の普及の牽引役となることも期待され続けている。一方で強力なキラーアプリケーションの不在も指摘されている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た東日本電信電話

    日本国内では、一部のISP(接続業者、ホスティングサーバ業者)によって商用・実験サービスが開始されているほか、NTT東日本及びNTT西日本によって、一部のフレッツ網で利用されている。また、日本国内におけるISP各社の対応については、インターネットプロバイダー協会 (JAIPA)「ISPのIPv6対応について」でまとめられている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た西日本電信電話

    日本国内では、一部のISP(接続業者、ホスティングサーバ業者)によって商用・実験サービスが開始されているほか、NTT東日本及びNTT西日本によって、一部のフレッツ網で利用されている。また、日本国内におけるISP各社の対応については、インターネットプロバイダー協会 (JAIPA)「ISPのIPv6対応について」でまとめられている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「IPv6」のニューストピックワード