118件中 91 - 100件表示
  • IPv6

    IPv6から見たソケット (BSD)

    ネットワークを利用するプログラムではソケットを利用することが多く、通常のIPv4プログラミングでsocketを作成するときにはIPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たFile Transfer Protocol

    Windowsでの例を挙げると、OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続など、また、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーションで、サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなどでIPv6が利用可能である。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たApache HTTP Server

    Windowsでの例を挙げると、OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続など、また、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーションで、サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなどでIPv6が利用可能である。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たFFFTP

    Windowsでの例を挙げると、OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続など、また、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーションで、サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなどでIPv6が利用可能である。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たPuTTY

    Windowsでの例を挙げると、OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続など、また、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーションで、サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなどでIPv6が利用可能である。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た

    現在主流のIPv4では使用可能なIPアドレスが約 232(約43億)個であったが、IPv6では約 2128(約340 = 3.4×1038)個使用可能となっており、大きな特徴の一つである。実際、ISPの一般向けIPv4接続サービスはアドレスをひとつだけ割り当てるものが主流だが、IPv6接続サービスでは/48〜/64の大きさのアドレスブロックが割り当てられることが多い。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た十進記数法

    従来のIPv4では、アドレスの値を8ビット単位でドット(.)で区切り、十進法で表記する。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たIPマスカレード

    同時に、IPマスカレード(NAT/NAPT等)を使わずに済むので、全ノードがグローバルな接続性を持ち、直接接続が可能になる。これによって、P2Pアプリケーション(IP電話、インスタントメッセンジャー及びネットワークゲーム等)の利用やIoTの普及が容易になり、またNATの設定等に気を遣わなくて済むようになる。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たWIDE Project

    1998年以降、TAHI Project、WIDE Project、KAME project、USAGI Projectなどにより、UNIX系OSへの実装とテスト運用が行われ、2006年頃までに主要部分の実装が完了した。Windowsに関しては、1998年3月Windows NT 4.0用にMSRIPv6を、2000年3月Windows 2000用に技術プレビューを、2001年10月にWindows XP用に評価版を提供したのち、Windows XP SP1およびWindows Server 2003からサポートが行われるようになった。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たサブネットマスク

    また、サブネットマスクは2001:0db8:9abc::/48のように表記される。この場合、先頭から48ビット (2001:0db8:9abc) がネットワークアドレス部である。ただし、IPv4と異なり、グローバルアドレスのエンドユーザーへの割り当て単位が通常は /48 か /64 であることから、通常目にするサブネットマスクは /48 か /64 であり、あまり意識することはない。これより大きい単位(/32 や /16 など)のサブネットマスクは、IPv6のアドレス体系、ルーティング及びISPに対する割り振り等の議論の際に登場する。IPv6 フレッシュアイペディアより)

118件中 91 - 100件表示

「IPv6」のニューストピックワード