87件中 31 - 40件表示
  • IPv6

    IPv6から見たMobile IP

    Mobile IPv6 - 移動体ノードで一定のIPv6アドレスを保持して通信可能にするプロトコルIPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たソース・ルーティング

    途中通過する経路のIPアドレスを格納したヘッダ。ソース・ルーティングに使用される。IPv4のルーティングヘッダとほぼ同じ。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たルーティング

    また、サブネットマスクは2001:0db8:9abc::/48のように表記される。この場合、先頭から48ビット (2001:0db8:9abc) がネットワークアドレス部である。ただし、IPv4と異なり、グローバルアドレスのエンドユーザーへの割り当て単位が通常は /48 か /64 であることから、通常目にするサブネットマスクは /48 か /64 であり、あまり意識することはない。これより大きい単位(/32 や /16 など)のサブネットマスクは、IPv6のアドレス体系、ルーティング及びISPに対する割り振り等の議論の際に登場する。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たWorld IPv6 Launch

    2012年6月6日にWorld IPv6 Launchとして、主なインターネットサービスを一斉にIPv6に完全移行させるイベントが実行された。参加したノードやプロバイダーは今後IPv6も対応してインターネットサービスを提供し続ける。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たInternet Control Message Protocol

    これは、ICMP の IPv6 版である ICMPv6 を用いてアドレス解決するもので、アドレス解決をしたいノードはペイロードに解決したいアドレスを格納して、全ノード宛マルチキャストアドレスに IPv4 の ARP request に相当する Neighbor Solicitation (NS) パケットを送信し、それに答えるべきノードは、Target linklayer address option に自ノードの MAC アドレスを格納した Neighbor Advertisement (NA) を送信してアドレス解決を行う。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たAsynchronous Transfer Mode

    IPv6の基本的なヘッダは固定されているため、ルータの負荷を低減できるなどATM等の固定長パケットネットワークに共通な利点を享受しつつ、また拡張性も保つ。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たMeadow

    OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続等のほか、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーション。サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなど。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た通信プロトコル

    IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6、Internet Protocol Version 6)とはインターネットプロトコルの次世代版 (Version 6) となる通信プロトコルである。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たホスティングサーバ

    日本国内では、一部のISP(接続業者、ホスティングサーバ業者)によって商用・実験サービスが開始されているほか、NTT東日本及びNTT西日本によって、一部のフレッツ網で利用されている。また、日本国内におけるISP各社の対応については、インターネットプロバイダー協会 (JAIPA)「ISPのIPv6対応について」でまとめられている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たMicrosoft Windows 8

    また、Microsoft Windows 8では、RFC 6724(旧版 RFC 3484)の実装を変更することで、IPv6-IPv4フォールバック問題に対応している。具体的には、30日おきにMicrosoft によりホストされた IPv6 のみのサーバーに対する簡単な HTTP GETによるネットワーク接続テストを実行し、IPv6で実際に到達できるときにはIPv6を優先的に使用する。逆にIPv6で到達できない場合には、IPv4を優先する。Microsoftは、このアプローチによりブラウザーのエクスペリエンスだけでなく、標準 Windows API を使ってデュアル スタックの接続先に接続するアプリのエクスペリエンスが改善されるとしている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「IPv6」のニューストピックワード