118件中 41 - 50件表示
  • IPv6

    IPv6から見たRemote Desktop Protocol

    Windowsでの例を挙げると、OS付属のアプリケーションではInternet Explorer, Microsoft 管理コンソール, Windows Media Player, Windows PowerShell, リモートデスクトップ接続など、また、telnet, ftpなどのコマンドラインアプリケーションで、サードパーティ製品では、Mozilla FirefoxやOperaのほか、Apache HTTP Server、Meadow、Tera Term、PuTTY、FFFTP、NextFTPなどでIPv6が利用可能である。詳しくはIPv6 related worksを参照。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たInternet Engineering Task Force

    1991年7月 「IPv4アドレスが不足する」という研究を受けてIETFが調査を開始した。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た携帯電話

    一部には、IPv4アドレス枯渇には、既存の回避策で対応可能であるとIPv6の必要性を疑問視する声もあった。しかし、国際的なインターネットの爆発的な普及と、携帯電話やスマートフォンなどのインターネット利用機器が急速に増加したことにより、新たなIPアドレスの需要が、運用の改善や新たな回避策によるIPアドレスの供給を上回っており、限界に達しようとしている。また、回避策による弊害も顕著になってきており、インターネットの新たな利用形態の普及を阻害している。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たIP放送

    今後は、IP放送、IPテレビ電話、IP電話、IoT等のエンドユーザサービスへのIPv6の採用が進むことが想定され(一部は展開されている)、そのようなIP上の専用サービス等がIPv6の普及の牽引役となることも期待され続けている。一方で強力なキラーアプリケーションの不在も指摘されている。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見た逆引き

    アドレス空間が広いことと、MACアドレスによる自動設定のため、逆引きの管理が困難であり、逆引きを要求されるケースで問題が起きる(逆引きできないホストからの接続を拒否するサーバなど)。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たソース・ルーティング

    途中通過する経路のIPアドレスを格納したヘッダ。ソース・ルーティングに使用される。IPv4のルーティングヘッダとほぼ同じ。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たMicrosoft Windows NT 4.0

    1998年以降、TAHI Project、WIDE Project、KAME project、USAGI Projectなどにより、UNIX系OSへの実装とテスト運用が行われ、2006年頃までに主要部分の実装が完了した。Windowsに関しては、1998年3月Windows NT 4.0用にMSRIPv6を、2000年3月Windows 2000用に技術プレビューを、2001年10月にWindows XP用に評価版を提供したのち、Windows XP SP1およびWindows Server 2003からサポートが行われるようになった。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たルーティング

    また、サブネットマスクは2001:0db8:9abc::/48のように表記される。この場合、先頭から48ビット (2001:0db8:9abc) がネットワークアドレス部である。ただし、IPv4と異なり、グローバルアドレスのエンドユーザーへの割り当て単位が通常は /48 か /64 であることから、通常目にするサブネットマスクは /48 か /64 であり、あまり意識することはない。これより大きい単位(/32 や /16 など)のサブネットマスクは、IPv6のアドレス体系、ルーティング及びISPに対する割り振り等の議論の際に登場する。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たInternet Control Message Protocol

    これは、ICMP の IPv6 版である ICMPv6 の枠組み(NDP、Neighbor Discovery)を用いてアドレス解決する。アドレス解決をしたいノードはペイロードに解決したいアドレスを格納して、全ノード宛マルチキャストアドレスに IPv4 の ARP request に相当する Neighbor Solicitation (NS) パケットを送信し、それに答えるべきノードは、Target linklayer address option に自ノードの MAC アドレスを格納した Neighbor Advertisement (NA) を送信してアドレス解決を行う。IPv6 フレッシュアイペディアより)

  • IPv6

    IPv6から見たOpenBSD

    オペレーティングシステム (OS) は、多くがIPv6に対応している。具体的には、Microsoft WindowsではWindows XPおよびWindows Server 2003以上で利用可能であるほか、FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, Linux, Solaris, AndroidなどのUnix系のOSやmacOS, iOSはIPv6に対応している。IPv6 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「IPv6」のニューストピックワード