前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1068件中 1 - 10件表示
  • 英国コンピュータ協会

    英国コンピュータ協会から見た情報技術情報技術

    英国コンピュータ協会(英: 、BCS)は、イギリス(および海外)での情報技術活動を代表する職能団体兼学術団体である。英国コンピュータ学会とも。1957年創設。2009年に BCS ? The Chartered Institute for IT とブランド名を変更したが、正式名称は変更されていない。英国コンピュータ協会 フレッシュアイペディアより)

  • フリースタイル (企業)

    フリースタイル (企業)から見た情報技術情報技術

    ITソリューション事業」「ゲーム事業」「イノベーション事業」3つの事業を主軸として、ITシステム開発やネットワーク、インフラストラクチャーの整備・運用・保守、サーバー構築、システム・プログラム開発などのソリューション(SES,システムエンジニアリング)の提案やコンサルへの取り組み、自社ゲーム開発や、スマートフォンアプリ・アプリケーション・業務系システム・Webサイトの受託開発(アウトソーシングサービス)を行ってる。フリースタイル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 専門職大学

    専門職大学から見た情報技術情報技術

    情報技術IT)に特化したi専門職大学(仮称)の2020年度開設を目指している。キャンパスは東京都墨田区で、ICTイノベーション学部を設置予定。学長には、中村伊知哉が就任予定。日本電子専門学校を運営している学校法人。専門職大学 フレッシュアイペディアより)

  • 環境情報学部

    環境情報学部から見た情報技術情報技術

    主に自然環境学または社会環境学に、情報技術の思考を取り入れるような、一般的な情報技術に他の思考を取り入れる事によって、幅広い知識(情報技術、バイオテクノロジー、政策学)を持った学生を輩出しようと指向されている。環境情報学部 フレッシュアイペディアより)

  • コンサルティング

    コンサルティングから見た情報技術情報技術

    なお、現在は上記の事例に加えて雑誌や書籍などにおいて、「経営コンサルティング企業特集」の中に転職斡旋会社が収録されていたり、そうした特集において「戦略系」・「旧会計事務所系」・「IT系」・「総合系」などと、出自・業務領域・改善手段が混雑して粗雑なくくり方をされている事例が多い(会計事務所が出自で、ITを武器とする総合コンサルティング企業は多く存在し、上記の分類で選別することは本来不可能である)。そのため、「経営」「人事」などといった枠組みを付けずにただ「コンサルティング企業」や「コンサルタント」と表現された場合、それが何を意味するか、明確に定義することは難しい現状となっている。コンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • 情報化時代

    情報化時代から見た情報技術情報技術

    録音が分配の新しい手段を加えた:すなわち音である しかしながら、分配は、電報のように、個人対個人であるか、あるいは物理的な対象の分配を通してであった。物理的な対象が電気信号ほど速く輸送されることができないので、電報がそうしたように、しかし大量の受信で、情報技術の次の段階は純粋な情報を伝達することが可能であるはずであった。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • 保健同人社

    保健同人社から見た情報技術情報技術

    保健同人社(ほけんどうじんしゃ)は創立以来、出版‐相談‐IT/Webが相互に連携し、総合力を活かした新しいコンテンツサービスを生成することができる企業である。保健同人社 フレッシュアイペディアより)

  • 綿貫理明

    綿貫理明から見た情報技術情報技術

    「社会知性の開発」という専修大学の教育研究の理念のもと、産官学連携により情報技術を環境問題・エネルギー問題に適用する教育・研究活動を行った。綿貫理明 フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見た情報技術情報技術

    2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生し、アフガニスタンに潜伏するターリバーンへの対テロ戦争が優先される形で、インド・パキスタン両国への経済制裁が解除される。以後はITサービス業を中心に経済成長を続け、ロシア、ブラジル、中国とともにBRICsの一角として注目を集める存在となり、IT分野においてはその技術力が欠かせない存在となっている。中立非同盟とはいえ、アメリカ、イギリスとも友好な関係をとっている。一方で、中国、パキスタンとは、緊張関係にある。インド フレッシュアイペディアより)

  • Common Information Model

    Common Information Modelから見た情報技術情報技術

    Common Information Model(CIM)とは、IT環境における管理対象を典型的なオブジェクトとその関係で表現する方法を定義したオープン標準である。これにより、そうした管理対象をメーカーに関わらず一貫して管理することを意図している。Common Information Model フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1068件中 1 - 10件表示

「ITの話題」のニューストピックワード