1068件中 91 - 100件表示
  • BarCamp

    BarCampから見た情報技術情報技術

    IETFの会議におけるBoFセッションも影響を与えている可能性がある。ただし、BarCampそのものは政治的動機は希薄である。IT関連にテーマが限定されており、IT企業がスポンサーとなることが珍しくない。BarCamp フレッシュアイペディアより)

  • NIIT

    NIITから見た情報技術情報技術

    NIIT(英語:National Institute of Information Technologies、日本語訳:中央情報技術専門学校)は、インドハリヤーナー州グルガーオンに本社を置くアジア最大規模の情報技術訓練および教育を提供する会社。NIIT フレッシュアイペディアより)

  • YAWL

    YAWLから見た情報技術情報技術

    YAWL は BPEL の代替とされることもある。BPEL の最大の利点は、それがIT業界の標準化委員会で策定されたものであるという点である。そのため BPEL をサポートするツールは多数存在する一方、YAWL は1つの実装しか(今のところ)存在しない。また、BPEL のサブセットの形式的意味論によって、ペトリネット、プロセス代数、有限オートマトンといった各種形式定義が描けることが示されている。これにより、BPEL にも YAWL システムと同様の機能を持つ静的解析ツールが開発できることが示された。YAWL フレッシュアイペディアより)

  • Public Patent Foundation

    Public Patent Foundationから見た情報技術情報技術

    Public Patent Foundation(またはPUBPAT)は、米国の特許制度のあらゆる濫用を阻止しようと努める非営利団体である。2003年、により設立された。2004年時点で、特許の認定数増加に対して、情報技術や医学分野をはじめとする、多くの技術専門家らの懸念が高まりつつあった。そのような特許は、保護する価値が全くない極めて瑣末なもの、または既存のもしくは期限切れを迎えた特許のデッドコピーのいずれかであった。通常当団体は米国特許商標庁に対し、等により有効であることが疑わしい特許の再審査を要求している。Public Patent Foundation フレッシュアイペディアより)

  • X/Open

    X/Openから見た情報技術情報技術

    X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンス、オリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップス、エリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。X/Open フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦の経済

    アラブ首長国連邦の経済から見た情報通信技術情報技術

    [[ファイル:Sheik Mohammed bin Rashid Al Maktoum.jpg|left|150px|thumb|ドバイを観光都市、金融都市へと変革したムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム]]近年になり、ドバイは石油枯渇のこともあり、石油以外の収入源を獲得しようと模索している。ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームは皇太子時代より観光業と金融業を誘致した結果、観光業と金融業が新たなセクターとして発達しつつある。この経済政策を踏まえ、ドバイ・インターナショナル・ファイナンシャル・センター(Dubai International Financial CentreDIFC)が設立された。DIFCは外国人が経営権の55%を所有し、源泉徴収がなく、土地やオフィスの保有が自由であることを提示し、ニューヨークやロンドン、チューリッヒ、香港、シンガポールといった金融先進地域でベストプラクティスとされた金融規制を適用すると発表されており、地域企業のために新しい証券取引所をDIFCに設置することが発表された。ドバイはまた、インターネットとメディアの自由貿易地域を育成している。この自由貿易地域には外国人が経営権の100%所有、優良なIT企業やメディアのために無税・オフィスの自由保有を認めることを提示している。世界の優良企業の多くが、ドバイに支店や本部を設置している。近年の不動産市場の自由化により、UAE国民でなくとも、自由に土地や不動産を保有することが可能となり、建設ブームが発生した。建設ブームにより、二つのパーム・アイランド、The World、ドバイ・マリーナ、ジュメイラ・レイク・タワーや別荘、高層のマンションやオフィスが建設されている。アラブ首長国連邦の経済 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンIT

    グリーンITから見た情報通信技術情報技術

    グリーンIT(グリーンアイティー、)は、地球環境への配慮の思想を情報通信技術に適用した思想のことである。グリーンIT フレッシュアイペディアより)

  • セールスエンジニアリング

    セールスエンジニアリングから見た情報技術情報技術

    大企業や機関が購入する製品やサービスは高度に複雑である。例えば、航空、軍事、ITシステム(通信、データベース、および物流やCRM目的の関連アプリケーション)などが挙げられる。セールスエンジニアは顧客に対して提供する製品やサービスを最適に利用する方法について助言する。また社内の設計、生産、エンジニアリング、研究開発部門と共同して、顧客の需要に合わせて製品およびサービスを作成および修正する方法について検討する。セールスエンジニアリングのこの側面は重要で、仕事の本質的なCOI(前述)に直面しても人格的な整合性(倫理的な意味で)を保つ事ができる。セールスエンジニアが顧客の特定の要求に対して企業のソリューションを合わせる事ができると論理的に顧客に伝える事ができれば、嘘をつく(競合製品あるいはサービスを無視あるいは消極的に伝える)必要がなくなる。これは簡単でも安価でもないので、過大な約束や過小な納品を避けるために常に線引きが必要となる。セールスエンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • ビジネス業績管理

    ビジネス業績管理から見た情報技術情報技術

    データを即時に利用可能にしようとする組織が増えている。従来、月単位でしか得られなかったころは、管理者が素早い対応をするには不十分だった。最近では銀行などはもっと短い間隔でデータを収集しようとしている。例えば、クレジットカードなどの信用リスクの高いビジネスのために、大きな銀行では週単位でKPIデータを作成し、場合によっては毎日データを更新する。これにはITシステムによる自動化が必須であり、それによって24時間以内にデータを入手できるようになる。ビジネス業績管理 フレッシュアイペディアより)

  • 構成要素障害影響分析

    構成要素障害影響分析から見た情報技術情報技術

    構成要素障害影響分析(こうせいようそしょうがいえいきょうぶんせき、)は、IBMによって開発された、コンピュータシステムおよびITの障害を分析、議論し、対策を作成するためのプロジェクト手法。現在、ITIL、ISMSにおいて推奨されている、有効な手法である。構成要素障害影響分析 フレッシュアイペディアより)

1068件中 91 - 100件表示

「ITの話題」のニューストピックワード