720件中 51 - 60件表示
  • 地方自治情報センター

    地方自治情報センターから見た情報技術情報技術

    地方公共団体の情報化推進支援、情報セキュリティ対策への支援、及び人材育成。地方自治情報センター フレッシュアイペディアより)

  • パソ犬モニ太

    パソ犬モニ太から見た情報技術情報技術

    2001年から2005年にかけて、読売新聞夕刊のIT欄に掲載された。犬なのにパソコンに詳しい「モニ太」を中心に、飼い主家族や周辺の人々、犬達の日常や騒動を描く。内容に関して新聞社側からほとんど注文は無かったので、唐沢なをきらしさが存分に発揮された。アイコラ、メイド萌え、巫女萌えなど読売新聞誌上らしからぬ言葉が多く使われた。パソ犬モニ太 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄板■魔太郎

    鉄板■魔太郎から見た情報技術情報技術

    高校卒業後に、IT系企業に勤務しPOSシステムの保守業務を経験。鉄板■魔太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 満点様

    満点様から見た情報技術情報技術

    インターネット学科学習システム満点様(インターネットがっかがくしゅうシステムまんてんさま)は、運転免許取得者用のIT教材。インターネットを本格的に活用した初めての学科試験対策eラーニングシステムで、自動車教習所内での学習はもちろん、同じ問題が校外(自宅や大学、職場、インターネットカフェなど)のインターネット環境のある場所ならどこででも練習問題ができる。開発元は、中部日本自動車学校と大日本印刷。その後同形態の学習システムが他社より発売されている。満点様 フレッシュアイペディアより)

  • 流通科学部

    流通科学部から見た情報技術情報技術

    学問体系としては文系、特に社会科学に分類されるが、数学や統計学、情報技術などの科学的手法を活用する科目も多い。流通科学部 フレッシュアイペディアより)

  • アクシオヘリックス

    アクシオヘリックスから見た情報技術情報技術

    ITコンサルティング(主に文書管理システム)アクシオヘリックス フレッシュアイペディアより)

  • SPML

    SPMLから見た情報技術情報技術

    サービス・プロビジョニングとは、特定の活動に必要とされるITシステムの素材や消耗品を「前もって準備」することである。リソースを準備する際の突然の出費を抑え、それらリソースのライフサイクル全体の管理を可能とする。これには、デジタルサービス(ユーザアカウントとシステム/ネットワーク/アプリケーションのアクセス権の設定など)と非デジタルサービス(電話やクレジットカードの用意)の両方のプロビジョニングが含まれる。SPML フレッシュアイペディアより)

  • 三田純義

    三田純義から見た情報技術情報技術

    三田 純義(みた すみよし、1949年12月6日 - )は、日本の学者・教育学者である。群馬大学教授。専門は金属加工、機械・電気・電子・情報技術教育。三田純義 フレッシュアイペディアより)

  • YAWL

    YAWLから見た情報技術情報技術

    YAWL は BPEL の代替とされることもある。BPEL の最大の利点は、それがIT業界の標準化委員会で策定されたものであるという点である。そのため BPEL をサポートするツールは多数存在する一方、YAWL は1つの実装しか(今のところ)存在しない。また、BPEL のサブセットの形式的意味論によって、ペトリネット、プロセス代数、有限オートマトンといった各種形式定義が描けることが示されている。これにより、BPEL にも YAWL システムと同様の機能を持つ静的解析ツールが開発できることが示された。YAWL フレッシュアイペディアより)

  • X/Open

    X/Openから見た情報技術情報技術

    X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンス、オリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップス、エリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。X/Open フレッシュアイペディアより)

720件中 51 - 60件表示

「ITの話題」のニューストピックワード