3878件中 71 - 80件表示
  • 下村東美

    下村東美から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    下村 東美(しもむら とうみ、1980年12月18日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。Jリーグ・湘南ベルマーレ所属。父親はオーストリア出身で元セミプロのサッカー選手、母は日本人。下村東美 フレッシュアイペディアより)

  • NHK新潟放送局

    NHK新潟放送局から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    2003年11月23日 Jリーグ2部(J2)所属(当時)のアルビレックス新潟、最終戦で1部(J1)昇格決定。その模様を新潟市のビッグスワンから、総合テレビのローカル番組で生中継し、J1昇格決定直後のインタビューまで、次の放送予定の大相撲中継を繰り下げ、時間を延長して放送した。NHK新潟放送局 フレッシュアイペディアより)

  • J-DREAM ガイナーレ劇場

    J-DREAM ガイナーレ劇場から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    『J-DREAM ガイナーレ劇場』(じぇーどりーむ がいなーれげきじょう)は、山陰放送が制作し、毎週金曜24:50~24:55(JST)に放送していた、Jリーグ所属のガイナーレ鳥取の応援番組。ナレーター及び出演はタレントのMASAKO。J-DREAM ガイナーレ劇場 フレッシュアイペディアより)

  • SSコミュニティー

    SSコミュニティーから見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    創立後、千葉県柏市にあるJリーグ:柏レイソルの運営補助および警備業務を受託するとともに日本テレビワーク24との業務提携によりJリーグ:東京ヴェルディの運営補助および警備業務とスポーツイベントの運営補助および警備業務に特化している。SSコミュニティー フレッシュアイペディアより)

  • 李根鎬

    李根鎬から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    2008年シーズンオフにヨーロッパ進出を目指して大邱を退団。交渉を重ねたが不調に終わり無所属状態になっていたが、2009年4月2日にJリーグのジュビロ磐田と夏の欧州移籍を認めるとの条項を付して9ヶ月契約を結んだ。李が以前に「(ヨーロッパに比べるとレベルの低い)Jリーグには行きたくない」と発言していたため、韓国のサッカーファンはこの移籍に憤激している。Jデビュー戦でいきなり2ゴールを挙げて開幕から5試合未勝利だった磐田に初勝利をもたらし、その後の8試合で6ゴールをあげて磐田を最下位から9位まで浮上させる原動力となった。李根鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県総合グラウンド陸上競技場

    岡山県総合グラウンド陸上競技場から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するファジアーノ岡山のホームスタジアムとして知られるほか、ジャパンラグビートップリーグなどの試合も開催される。岡山県総合グラウンド陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷友良

    池谷友良から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    池谷 友良(いけや ともよし、1962年6月17日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手、サッカー指導者、ロッソ熊本初代監督。現在はJリーグ所属のロアッソ熊本を運営する株式会社アスリートクラブ熊本の代表取締役。池谷友良 フレッシュアイペディアより)

  • 2005 日本女子サッカーリーグ

    2005 日本女子サッカーリーグから見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    この年のL・リーグは女子サッカーに対する盛り上がりを反映してか、いろんな変化が活発に起こった。まずYKK AP東北女子サッカー部フラッパーズが東京電力に移管され、福島県のJヴィレッジを拠点とする東京電力女子サッカー部マリーゼ(呼称:TEPCO(テプコ)マリーゼ)に生まれ変わった。さらに、さいたまレイナスが本拠地を同じとするJリーグの浦和レッドダイヤモンズの傘下となり浦和レッドダイヤモンズ・レディース(呼称:浦和レッズ・レディース)になった。2005 日本女子サッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 馬場賢治

    馬場賢治から見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    馬場 賢治(ばば けんじ、1985年7月7日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。Jリーグ・湘南ベルマーレ所属、ポジションはミッドフィールダー。馬場賢治 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールキーパーグローブ

    ゴールキーパーグローブから見た日本プロサッカーリーグ日本プロサッカーリーグ

    1980年代に入り最先端のグローブの輸入がはじまり、西ドイツのウール社と社の独占市場となっていた。1990年代に入ると従来の二社に加えて日本国内のスポーツメーカーが市場に参入し、1993年のJリーグの開幕後は企業側が広告宣伝効果を狙い、各クラブのレギュラークラスのキーパーへの自社製品の売り込みが過熱化した。契約選手には企業から年間に数十のグローブが提供されるが、多くのキーパーは1試合ごとにグローブを入れ替えるなど消耗品として扱われる傾向があり、使用済みグローブは主に練習の際に使用される。ジャンルイジ・ブッフォンの場合、年間50試合で20対のグローブを使っている。一方、一般の競技者が一人あたり年間にグローブを購入する機会は2.5回とされ、商品としての単価に比してその寿命は短い。ゴールキーパーグローブ フレッシュアイペディアより)

3878件中 71 - 80件表示

「Jリーグ」のニューストピックワード