前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た川淵三郎

    日本におけるサッカー競技はアマチュア主体の全国リーグである「日本サッカーリーグ」(JSL)がすでに存在していたが、当時は日本国内における競技自体の人気や選手の待遇がまだまだ低く、マスコミにもあまり大きく扱われるほどの存在ではなかった。そこで、当時の日本サッカー協会内ではその様な状況を打破しようと、川淵三郎らが中心となって国立霞ヶ丘陸上競技場で開催する1989年2月26日のJSLの後期リーグ開幕戦を無料招待試合にするなどといった様々な試みを積極的に行っていたが、現状を変えるまでには至らなかった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た鬼武健二

    7月、鬼武健二が3代目チェアマンに就任。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た大東和美

    7月、大東和美が4代目チェアマンに就任。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たプーマ

    1993年から1996年までは「ミズノ」が全チームのユニフォーム・サプライヤー(供給メーカー)を一括して受け持っていた。ただ、その契約はリーグ戦のみの契約だったので、天皇杯やJリーグカップなどのカップ戦では各チームが個別にユニフォームメーカー等と契約して、カップ戦用のユニフォームを着用していた。しかし、1997年にはこれまでの「ミズノ」に加えて、「アンブロ」・「アディダス」・「プーマ」(ヴェルディ川崎は自主制作という形で「ナイキ」)が新たなユニフォーム・サプライヤーとして加わり、1998年からは事前にJリーグとユニフォーム・サプライヤー契約を結んでいるユニフォームメーカーなどに限って、各チームがユニフォームメーカーなどの各社と個別の契約を締結することができるようになった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たHEIWA

    報道などでその企業名や商品名が載ることによって、未成年に悪影響を及ぼす可能性があるなどの懸念から、Jリーグはパチンコなどの遊技業や消費者金融、アルコール飲料を扱っている企業などのユニフォームスポンサー、特に胸部分の広告になる事に対しては禁止まではしていないものの、掲示する事などへの自粛を要請している。ただ、2009年からアルコール飲料に限ってはチームのスポンサー企業として名を連ねる事を解禁した。しかし、過去に特例でいくつかのチームに対してこういったスポンサーを認めていること、Jリーグのオフィシャルスポンサーとして、パチンコ機器を製造する『HEIWA』(2007年撤退)や消費者金融の『GE Money』(2007年撤退)がスポンサー企業になっていた時期もあった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た東京エレクトロン

    日本スポーツ振興センター(toto 2001年-)、朝日新聞社(2003年-)、スカパーJSAT(2012年-)、東京エレクトロン(2012年-)のトップパートナー以外の形でリーグ戦を協賛する企業の広告横断幕が基本的にバックスタンドの最前列の箇所に設置されている。なお一部のスポンサーはJリーグカップにも広告看板を掲出する場合もある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た三菱電機

    2005年からはJ1の各節1試合ごとに電動式回転広告板を導入している。ただ、導入される試合は各節注目の試合に設置される場合が多い。また、2008年からはこれと併用する形でJ1の各節1試合ごとに三菱電機社製の電光広告板(オーロラリボンビジョン)を導入した。ちなみに、NHK-BSの中継対象試合を中心に運用されている。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たジョンソン・エンド・ジョンソン

    2008年以後、メインスタンドから見て左側(原則としてホームゴール裏)にオフィシャルサプライヤー(コンタクトレンズ等提供)のジョンソン・エンド・ジョンソンの小型広告が設置されている。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たアディダス

    1993年から1996年までは「ミズノ」が全チームのユニフォーム・サプライヤー(供給メーカー)を一括して受け持っていた。ただ、その契約はリーグ戦のみの契約だったので、天皇杯やJリーグカップなどのカップ戦では各チームが個別にユニフォームメーカー等と契約して、カップ戦用のユニフォームを着用していた。しかし、1997年にはこれまでの「ミズノ」に加えて、「アンブロ」・「アディダス」・「プーマ」(ヴェルディ川崎は自主制作という形で「ナイキ」)が新たなユニフォーム・サプライヤーとして加わり、1998年からは事前にJリーグとユニフォーム・サプライヤー契約を結んでいるユニフォームメーカーなどに限って、各チームがユニフォームメーカーなどの各社と個別の契約を締結することができるようになった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たミズノ

    1993年から1996年までは「ミズノ」が全チームのユニフォーム・サプライヤー(供給メーカー)を一括して受け持っていた。ただ、その契約はリーグ戦のみの契約だったので、天皇杯やJリーグカップなどのカップ戦では各チームが個別にユニフォームメーカー等と契約して、カップ戦用のユニフォームを着用していた。しかし、1997年にはこれまでの「ミズノ」に加えて、「アンブロ」・「アディダス」・「プーマ」(ヴェルディ川崎は自主制作という形で「ナイキ」)が新たなユニフォーム・サプライヤーとして加わり、1998年からは事前にJリーグとユニフォーム・サプライヤー契約を結んでいるユニフォームメーカーなどに限って、各チームがユニフォームメーカーなどの各社と個別の契約を締結することができるようになった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「Jリーグ」のニューストピックワード