121件中 21 - 30件表示
  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たアビスパ福岡

    アビスパ福岡・京都パープルサンガが加盟。(16チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たジェフユナイテッド市原・千葉

    2月、加盟する10クラブ(鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島)が発表される(オリジナル10)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たFC岐阜

    ロアッソ熊本・FC岐阜が加盟。(J1.18チーム、J2.15チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たジョアン・アヴェランジェ

    ところが、1980年代後半にFIFAの第7代会長であったジョアン・アヴェランジェから当時のアジアとしても初開催となる「FIFAワールドカップ」の日本開催を日本サッカー協会へ打診されると、当時の第2次JSL活性化委員会が中心にプロリーグ構想が推進され、日本初のプロサッカーリーグの「日本プロサッカーリーグ」(Jリーグ)が発足し、1992年には前哨戦としてJリーグヤマザキナビスコカップが開催された。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た森健兒

    また、水面下では森健兒らを中心とした第1次JSL活性化委員会が極秘裏に「スペシャルリーグ(サッカーのプロ化)構想」を進めていたが、協会内部では“JSLの活性化”では意見が一致していたものの、まだまだ“リーグのプロ化”に対しては親会社から出向してきた当時の1部リーグに所属する実業団チーム出身の役員達を中心に「プロ化は時期尚早」や「プロ野球の球団ですら赤字経営なのに、サッカーではまともに採算が取れる訳がない」などの意見がJSLの評議委員会で大勢を占めていた事から森らの計画はほとんど進展しなかった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たヘニー・マイヤー

    Jリーグの試合では、Jリーグの公式ロゴマークが入っているJリーグ公認の試合球(公式試合球)が使用されている。なお、1993年の開幕戦でヘニー・マイヤー(V川崎)が決めたJリーグ第1号ゴールの試合球はJリーグ事務局のチェアマン室に、ガラスケースに入れて保存されている。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た今藤幸治

    なお、変動背番号制であった1993年には鹿島の石井正忠が出場停止やケガなどによる欠場選手の代役として6-11番までの6つの背番号を付けた事がある。また、1996年にはG大阪の今藤幸治がGKの番号である1以外の2-11までの背番号を付けた事もある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た鈴木昌 (経営者)

    7月、鈴木昌が2代目チェアマンに就任。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た石井正忠

    なお、変動背番号制であった1993年には鹿島の石井正忠が出場停止やケガなどによる欠場選手の代役として6-11番までの6つの背番号を付けた事がある。また、1996年にはG大阪の今藤幸治がGKの番号である1以外の2-11までの背番号を付けた事もある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たザスパクサツ群馬

    徳島ヴォルティス・ザスパ草津が加盟。(J1.18チーム、J2.12チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

121件中 21 - 30件表示

「Jリーグ」のニューストピックワード