121件中 61 - 70件表示
  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た横浜FC

    横浜FCが加盟。(J1.16チーム、J2.12チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブ・カターレ富山・ファジアーノ岡山が加盟。(J1.18チーム、J2.18チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たナイター

    土曜日と日曜日に開催される試合は基本的にデーゲームであるが、試合の開催時期やテレビ中継に配慮する形でナイトゲームでも行われる事がある。また、祝祭日以外の平日に開催される試合は全てナイトゲームで開催されている(ただし、Jリーグの発足直後と2011年には水曜日の開催でもデーゲームで行う事があった)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たサンフレッチェ広島

    2月、加盟する10クラブ(鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島)が発表される(オリジナル10)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た松本山雅FC

    FC町田ゼルビア、松本山雅FCが加盟。(J1.18チーム、J2.22チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たジュビロ磐田

    ベルマーレ平塚・ジュビロ磐田が加盟。(12チーム)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たアンブロ

    1993年から1996年までは「ミズノ」が全チームのユニフォーム・サプライヤー(供給メーカー)を一括して受け持っていた。ただ、その契約はリーグ戦のみの契約だったので、天皇杯やJリーグカップなどのカップ戦では各チームが個別にユニフォームメーカー等と契約して、カップ戦用のユニフォームを着用していた。しかし、1997年にはこれまでの「ミズノ」に加えて、「アンブロ」・「アディダス」・「プーマ」(ヴェルディ川崎は自主制作という形で「ナイキ」)が新たなユニフォーム・サプライヤーとして加わり、1998年からは事前にJリーグとユニフォーム・サプライヤー契約を結んでいるユニフォームメーカーなどに限って、各チームがユニフォームメーカーなどの各社と個別の契約を締結することができるようになった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た朝日新聞社

    日本スポーツ振興センター(toto 2001年-)、朝日新聞社(2003年-)、スカパーJSAT(2012年-)、東京エレクトロン(2012年-)のトップパートナー以外の形でリーグ戦を協賛する企業の広告横断幕が基本的にバックスタンドの最前列の箇所に設置されている。なお一部のスポンサーはJリーグカップにも広告看板を掲出する場合もある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たスカパーJSAT

    日本スポーツ振興センター(toto 2001年-)、朝日新聞社(2003年-)、スカパーJSAT(2012年-)、東京エレクトロン(2012年-)のトップパートナー以外の形でリーグ戦を協賛する企業の広告横断幕が基本的にバックスタンドの最前列の箇所に設置されている。なお一部のスポンサーはJリーグカップにも広告看板を掲出する場合もある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たJリーグメディアプロモーション

    Jリーグメディアプロモーション(公式映像製作)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「Jリーグ」のニューストピックワード