202件中 71 - 80件表示
  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たサッカー大韓民国代表

    日本サッカーのプロ化としては、1968年に日本代表がメキシコ五輪で銅メダルを獲得した後、当時の日本蹴球協会(日本サッカー協会)会長・野津謙が将来の"プロ化導入"を目指して読売新聞社社主の正力松太郎にプロサッカーチームの創設を依頼したり、1977年にドイツブンデスリーガで、日本人初のプロサッカー選手となった奥寺康彦が、1986年に帰国し古河電工に復帰する際、森健兒が導入したスペシャル・ライセンス・プレーヤー制度により奥寺、木村和司を始め、翌年からはJSLの多くの選手がプロになっていた。また1986 FIFAワールドカップ・アジア予選で、ワールドカップ出場まであと一歩まで迫りながら、韓国代表に敗れ出場を逃した日本代表の森孝慈日本代表監督が、「(プロ化を先んじていた)韓国に追いつくには日本にもプロを作るしかない」と訴え、長沼健サッカー協会専務理事に自身のプロコーチとしての契約を要求したが拒否され辞任したことがあった。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たFC琉球

    AC長野パルセイロ、SC相模原、町田、ツエーゲン金沢、ブラウブリッツ秋田、FC琉球、横浜スポーツ&カルチャークラブ、藤枝MYFC、福島ユナイテッドFC、グルージャ盛岡が加盟(J1.18クラブ、J2.22クラブ、J3.11クラブ+Jリーグ・アンダー22選抜の計12クラブ/チーム)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た柏レイソル

    セレッソ大阪・柏レイソルが加盟。(14クラブ)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た湘南ベルマーレ

    ベルマーレ平塚・ジュビロ磐田が加盟。(12クラブ)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見たコンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌が加盟。(18クラブ)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た愛媛FC

    愛媛FCが加盟。(J1.18クラブ、J2.13クラブ)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た福島ユナイテッドFC

    AC長野パルセイロ、SC相模原、町田、ツエーゲン金沢、ブラウブリッツ秋田、FC琉球、横浜スポーツ&カルチャークラブ、藤枝MYFC、福島ユナイテッドFC、グルージャ盛岡が加盟(J1.18クラブ、J2.22クラブ、J3.11クラブ+Jリーグ・アンダー22選抜の計12クラブ/チーム)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た藤枝MYFC

    AC長野パルセイロ、SC相模原、町田、ツエーゲン金沢、ブラウブリッツ秋田、FC琉球、横浜スポーツ&カルチャークラブ、藤枝MYFC、福島ユナイテッドFC、グルージャ盛岡が加盟(J1.18クラブ、J2.22クラブ、J3.11クラブ+Jリーグ・アンダー22選抜の計12クラブ/チーム)。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た栃木SC

    栃木SC・カターレ富山・ファジアーノ岡山FCが加盟。(J1.18クラブ、J2.18クラブ)日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た大宮アルディージャ

    ベガルタ仙台、モンテディオ山形、大宮アルディージャ、FC東京、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、サガン鳥栖、大分トリニータが加盟。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

202件中 71 - 80件表示

「Jリーグ」のニューストピックワード