53件中 31 - 40件表示
  • 9月3日

    9月3日から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    2007年 - 大丸と松坂屋ホールディングスが経営統合し、J\.フロント リテイリングが発足。9月3日 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見たJ・フロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    31日 - J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店直営の店舗「博多大丸長崎店」(長崎市)が閉店。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 東京駅の歴史

    東京駅の歴史から見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    一方八重洲口は1949年(昭和24年)の焼失以降、仮駅舎を設置して営業してきたが、第6・7プラットホームの整備や手小荷物扱所の建設などで駅の整備が進んできたこともあり、本格的な駅舎建設に乗り出すことになった。当初は外堀通りに面するところまで駅舎を前に出し、さらにその東側の土地を買収して広大な駅前広場を建設する構想もあったが、地元の反対運動により頓挫し、約38.0 m後退させて駅舎を建設することになった。国鉄だけの資本では実現困難であったことからいわゆる民衆駅として民間資本を導入する目的で鉄道会館が設立された。1952年(昭和27年)10月14日の鉄道開通80周年記念の日に鍬入れ式が挙行された。建設に当たっては第7プラットホームとの間にさらに2面のプラットホームを増設可能なように配慮して位置が決定された結果、駅舎の前面の線がかつての外堀の線に一致することになった。正面幅132.0 m、奥行きは南側で25.0 m、北側で45.0 mとされ、本来は地下2階、地上12階として計画されたが、建築基準法改正前であったためとりあえず第一期工事は6階までとなり、1954年(昭和29年)10月14日に竣工した。東京の百貨店各社は、あまり駅ビルに興味を示さなかったことから、東京進出に熱心であった、関西を地盤とする大丸(現:大丸松坂屋百貨店(Jフロントリテイリング傘下))が進出することになり、同年10月21日営業を開始した。またこれに先立ち、第6・7プラットホームの高架下を利用して1953年(昭和28年)7月1日に東京駅名店街が開設され、1955年(昭和30年)7月20日には八重洲駅舎と第7プラットホームの間を結ぶ連絡上屋が完成してここに待合室なども設置された。この間、1953年(昭和28年)7月1日に八重洲乗車口と八重洲北口、9月1日に八重洲中央口と八重洲南口が開設されている。東京駅の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • はるやま商事

    はるやま商事から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    Perfect Suit FActory(略称:P.S.FA)は、2000年11月より店舗展開を開始した20代から30歳代前半向けビジネススーツを中心とした都市型店舗である。2009年3月14日には、20代後半から40代前後向け上級ラインのP.S.FA Platinumを大丸梅田店(10階フロア)に開店し、同店舗の全国展開も開始した。P.S.FA Platinumの大丸への出店は、業界で「(大丸の持株会社)J\.フロント リテイリングは、百貨店として越えてはいけない一線を越えた」と話題を呼び、開店初日には約200人の行列ができ、2日間で約1,000万円という予想以上の売上とその後も売上は堅調に維持し、当初計画の3.3倍に達したことが更に話題となった。会員特典ポイントカードのシステムを導入しており、年会費無料、商品を購入すると210円につき1ポイントが加算される。100ポイントで1,050円(税込)の買物券として利用できる。ポイントの有効期限は、最終ポイント獲得日から2年間と定められている。店舗開発及び運営は、P.S.FA事業部東京支社が統括を行っている。はるやま商事 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦ガス

    東邦ガスから見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    名古屋の有力企業五摂家の1社。(他の4社は中部電力・旧東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)・名古屋鉄道・松坂屋(現大丸松坂屋百貨店(J\.フロント リテイリング傘下))東邦ガス フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    しかし、2002年にはセゾングループの経営再建とムーヴのフルモデルチェンジに伴い提携解消。現在、Jフロントリテイリングが約1/3保有の筆頭株主。旧セゾングループではクレディセゾンが大株主。丸井と並びファッションビルの一角を担う。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • パルコ

    パルコから見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    株式会社パルコ () は、ファッションビル「PARCO (パルコ)」 を展開している日本の企業。PARCO以外の商業施設も展開している。Jフロントリテイリングの連結子会社である。パルコ フレッシュアイペディアより)

  • パルコ

    パルコから見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    2012年2月24日、森トラストが保有するパルコ株全てをJ\.フロント リテイリングが取得する方針が発表され、3月23日に取得し、筆頭株主となった。さらに7月5日にJ.フロント リテイリングによる株式公開買い付け(TOB)と資本業務提携を発表、8月21日にはTOBが成立しJ.フロントが株式の65%を保有する親会社となった。なお既存の大株主については、日本政策投資銀行がTOBに応じ株式の大半を売却したのに対し、イオンはTOBに応じず今後も株式を保有する。パルコ フレッシュアイペディアより)

  • 百貨店

    百貨店から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    2013年(平成25年)現在、日本の大手百貨店を運営する小売企業はJ\.フロント リテイリング(大丸、松坂屋)、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急百貨店、阪神百貨店)、セブン&アイ・ホールディングス(そごう、西武百貨店)、高島屋、三越伊勢丹ホールディングス(伊勢丹、三越)の5つであり、いずれも全国規模で百貨店を運営しているほか、海外に支店を持つグループもある。このほか、地方を拠点として店舗を展開する百貨店が各地に数多く存在しており、日本百貨店協会に加盟している百貨店は2012年4月現在で243店舗を数える。2000年代後半には大手百貨店を巻き込んだ経営統合により、日本の百貨店業界は大きく再編された。百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • そごう

    そごうから見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    2009年8月31日 - 心斎橋本店が閉店。土地・建物は、隣接する大丸(Jフロントリテイリング)へ売却。その後改装し、2009年11月14日に同社心斎橋店の北館として開店した。そごう フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「J.フロント リテイリング」のニューストピックワード