75件中 41 - 50件表示
  • イオングループ

    イオングループから見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    イオンマーケット - 首都圏(東京都・神奈川県・千葉県)に「ピーコックストア」の屋号でスーパーマーケットを展開。2013年4月に大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ\.フロント リテイリングから全株式を譲り受け、完全子会社化。同時に株式会社ピーコックストアから商号変更された。なお、中部地方は一部の店舗をマックスバリュ中部に譲渡、近畿地方も前述のとおり光洋に継承して順次撤退している。イオングループ フレッシュアイペディアより)

  • カトレヤプラザ伊勢佐木

    カトレヤプラザ伊勢佐木から見たJ.フロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    カトレヤプラザ伊勢佐木(カトレヤプラザいせざき、英文:Cattleya plaza ISEZAKI)は、神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目の横浜松坂屋跡地に開業したショッピングセンター。J\.フロントリテイリンググループの大丸コム開発が運営している。カトレヤプラザ伊勢佐木 フレッシュアイペディアより)

  • 大和 (百貨店)

    大和 (百貨店)から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    J\.フロント リテイリング:大丸の旧法人時代から提携。大和 (百貨店) フレッシュアイペディアより)

  • そごう

    そごうから見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    8月31日 - 心斎橋本店が閉店。土地・建物は、隣接する大丸(Jフロントリテイリング)へ売却。その後改装し、2009年(平成21年)11月14日に同社心斎橋店の北館として開店した。そごう フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    ディベロッパー業。全国に商業テナントビル「PARCO」を展開。また、パルコ劇場、CLUB QUATTRO、Studio PARCO、渋谷スペイン坂スタジオ(TOKYO FM)など文化事業も幅広く手掛けた。 ダイハツ工業とも提携し、1988年にミラに特別仕様車で発売され、1995年にはオプティ、2001年にはムーヴ、YRVにパルコ仕様グレードが設定された。しかし、2002年にはセゾングループの経営再建とムーヴのフルモデルチェンジに伴い提携を解消した。現在、Jフロントリテイリングが約1/3保有の筆頭株主。旧セゾングループではクレディセゾンが大株主。丸井と並びファッションビルの一角を担う。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • 白洋舎

    白洋舎から見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    五十嵐が白洋舍を創業する前は職を転々とし、その中で洗濯屋とも出会う。のちに廣瀬商会を設立する廣瀬太次郎の紹介で百貨店の三越(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下)に在籍。10年間働き29歳の誕生日に独立。当時の三越の専務、日比翁助の許可をもらう。役員や三井グループなどの取引先を紹介してもらう。また三越から松坂屋(現:大丸松坂屋百貨店(Jフロントリテイリング傘下))に役員が移った関係で最初の支店を名古屋に出すことになる。そのため松坂屋の本店に白洋舍の取次店が今でも存在する。また松坂屋と白洋舍はユニフォームレンタルの企業である栄リネンサプライに出資している。また白洋舍の社外取締役に松坂屋の社長、株式会社廣瀬商会の社長が名を連ねている。白洋舎 フレッシュアイペディアより)

  • イオンディライト

    イオンディライトから見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    12月17日 - J\.フロント リテイリング株式会社のグループ会社で、百貨店を主としたビルメンテナンスや警備などを行う株式会社白青舎に対する株式公開買付けを行い、約90%の株式を取得し子会社化。イオンディライト フレッシュアイペディアより)

  • 東京駅の歴史

    東京駅の歴史から見たJフロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    一方八重洲口は1949年(昭和24年)の焼失以降、仮駅舎を設置して営業してきたが、第6・7プラットホームの整備や手小荷物扱所の建設などで駅の整備が進んできたこともあり、本格的な駅舎建設に乗り出すことになった。当初は外堀通りに面するところまで駅舎を前に出し、さらにその東側の土地を買収して広大な駅前広場を建設する構想もあったが、地元の反対運動により頓挫し、約38.0 m後退させて駅舎を建設することになった。国鉄だけの資本では実現困難であったことからいわゆる民衆駅として民間資本を導入する目的で鉄道会館が設立された。1952年(昭和27年)10月14日の鉄道開通80周年記念の日に鍬入れ式が挙行された。建設に当たっては第7プラットホームとの間にさらに2面のプラットホームを増設可能なように配慮して位置が決定された結果、駅舎の前面の線がかつての外堀の線に一致することになった。正面幅132.0 m、奥行きは南側で25.0 m、北側で45.0 mとされ、本来は地下2階、地上12階として計画されたが、建築基準法改正前であったためとりあえず第一期工事は6階までとなり、1954年(昭和29年)10月14日に竣工した。東京の百貨店各社は、あまり駅ビルに興味を示さなかったことから、東京進出に熱心であった、関西を地盤とする大丸(現:大丸松坂屋百貨店(Jフロントリテイリング傘下))が進出することになり、同年10月21日営業を開始した。またこれに先立ち、第6・7プラットホームの高架下を利用して1953年(昭和28年)7月1日に東京駅名店街が開設され、1955年(昭和30年)7月20日には八重洲駅舎と第7プラットホームの間を結ぶ連絡上屋が完成してここに待合室なども設置された。この間、1953年(昭和28年)7月1日に八重洲乗車口と八重洲北口、9月1日に八重洲中央口と八重洲南口が開設されている。東京駅の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田務

    奥田務から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    J\.フロント リテイリング相談役。株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ社外取締役奥田務 フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤ球場

    ナゴヤ球場から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    1973年5月、運営会社である株式会社中日スタヂアムが中日スタヂアム事件により倒産。球場閉鎖も取りざたされたが、以後の試合開催は中日ドラゴンズが肩替わりすることでこの危機を乗り切る。しかし中日ドラゴンズだけでは球場設備の管理が行き届かなくなった為1975年10月1日、ドラゴンズの親会社である中日新聞社をはじめ、中部日本放送、東海銀行(現・三菱UFJ銀行)、中部電力、東邦瓦斯、名古屋鉄道、松坂屋(現・大丸松坂屋百貨店(J\.フロント リテイリング傘下))、トヨタ自動車など地元大手企業の出資によって、同球場の新しい受け皿会社として「株式会社ナゴヤ球場」が設立され、同時に球場名も現名称に改称された。ナゴヤ球場 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「J.フロント リテイリング」のニューストピックワード