53件中 41 - 50件表示
  • 高島屋

    高島屋から見たJ.フロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    百貨店業界において、J\.フロントリテイリングや三越伊勢丹ホールディングスの発足といった再編が進む中、同社は、大手老舗百貨店では数少ない独立系百貨店である。2008年(平成20年)10月に、電鉄系百貨店の阪急百貨店・阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリングとの間で資本・業務提携をした。その際、2011年(平成23年)4月を目処に経営統合まで行う予定であったが、2010年(平成22年)3月25日に、経営統合を撤回して業務提携にとどめることを正式発表した。高島屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大丸

    大丸から見たJ.フロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    大丸(だいまる、英称:DAIMARU)は、J\.フロントリテイリンググループの百貨店の屋号である。大丸 フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    3月4日 J\.フロント リテイリング傘下のスーパーマーケットであるピーコックストアを買収することを発表。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    百貨店は高度経済成長期やバブル景気などに全国に進出した。しかし、バブル崩壊による消費の低迷や郊外への大型SC進出で全国各地で次々と閉店した。しかし最近では、大都市での進出・増床等も相次いでいる。また郊外の大型SCに出店したりして売上を伸ばしている百貨店もある。ただ少子高齢化で市場規模が縮小していると予測されているため、大手百貨店の統合が進んでいる。阪神百貨店は村上ファンドのTOB提案があったため、阪急百貨店と統合し阪急阪神ホールディングス傘下のエイチ・ツー・オー リテイリングとなった。松坂屋と大丸はJ\.フロント リテイリングを設立しその傘下に入り、社長の乱脈経営から経営不振が続いた三越と伊勢丹は三越伊勢丹ホールディングスを設立、経営統合を進めている。ただ世界金融危機以降は高級品路線を進めてきた百貨店はアウトレットモールやユニクロなどの格安ファッション店などに苦戦を強いられており、リストラや不採算店舗閉店に加え価格安価な商品の開発・販売や百貨店への格安ファッション店の誘致など新たな客層の開拓などが行われている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 八重洲地下街

    八重洲地下街から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    元々、東京駅八重洲口における公共駐車場整備にあわせて建設された地下街であり、このような経緯から運営会社である八重洲地下街株式会社は永らく「八重洲駐車場株式会社」と名乗っており、運営会社には八重洲口に拠点を構える大丸やヤンマー(及びヤンマー創業者一族である山岡家)が大株主として名を連ねており、現在はJ\.フロント リテイリング(大丸の持株会社)の持分法適用会社・ヤンマーの関係会社となっている。八重洲地下街 フレッシュアイペディアより)

  • ピーコックストア

    ピーコックストアから見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    株式会社ピーコックストア(英称:Peacock Store Ltd.)は、J\.フロント リテイリンググループの企業で、関東地方、中部地方、近畿地方にてスーパーマーケットチェーンを展開している。ピーコックストア フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の経済

    2013年の経済から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    J\.フロント リテイリングの傘下企業大丸松坂屋百貨店直営の百貨店、大丸新長田店(兵庫県神戸市長田区)がこの日を以て閉店。2013年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の経済

    2013年の経済から見たJ・フロントリテイリングJ.フロント リテイリング

    4日 - J・フロントリテイリングはこの日、系列子会社のピーコックストアをイオングループに4月1日付で売却する事を発表。2013年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田碩

    奥田碩から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    実弟の奥田務は、J\.フロント リテイリング会長兼CEO。外見が瓜二つだといわれている。従姉に童話作家の米川みちこがいる。奥田碩 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の百貨店

    日本の百貨店から見たJ.フロント リテイリングJ.フロント リテイリング

    2000年代に入っても、経営面では依然厳しい状況にあり、郊外のショッピングモールへの出店に活路を求めたり、一部大衆デパート(スーパーマーケット)化して凌ぐ所まで見られるが、他方では、1990年代後半より開始された国外高級ブランド(ルイ・ヴィトン、ティファニー、カルティエなど)が銀座など都心部に開店した直営店や、地方都市に進出した日本国外資本の郊外型量販店・専門店(コストコ、トイザらスなど)に客を奪われる傾向も見られる。このため、地方の百貨店でも再建に向けてリストラや閉店による体制再構築が見られる。更に少子高齢化が見込まれる中、売り上げの鈍化に伴い、合併、業務提携が進んでいる。業務提携の中心は当初は電鉄系と非電鉄系の提携が有力であった。駅前の優良資産を生かしきれていない電鉄系と、駅前に注目する非電鉄系の思惑により進められてきた。しかし、近年では大丸と松坂屋、伊勢丹と三越のように非電鉄系で戦前からの「老舗」「名門」と呼ばれてきた百貨店同士の合併(それぞれJ\.フロント リテイリング、三越伊勢丹ホールディングス)も行われるようになっている。さらに地方都市を中心に店舗を閉店、中小規模の百貨店や郊外型百貨店を関連会社の専門店ビル化させる動きも見せ、東京や大阪・京都などの大都市中枢でも小規模な不採算店舗は閉店の動きが進んでいる。さらに百貨店の激戦区にユニクロやH&MやFOREVER21等のファストファッション専門店が進出し、百貨店に行かなくてもその店で安く買えたり、インターネットショッピングでわざわざ店に行かなくても買えるため百貨店離れが加速した。その一方で、集客力の高い主力店舗は増築を行い、ランドマークとして際立たせる「巨艦」化が行われており、構造の二極化が進んでいる。日本の百貨店 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示