前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • ジャスダック

    ジャスダックから見た大阪証券取引所

    ジャスダック(JASDAQ)とは、株式会社大阪証券取引所が運営する日本の株式市場である。略称は「JQ」。かつては「株式会社ジャスダック証券取引所」が運営法人であったが、同法人は大阪証券取引所との合併により消滅した。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た日本証券業協会

    1963年に、日本証券業協会が創設した店頭登録制度が源流(東京店頭と大阪店頭に分かれていた)。1983年に、成長・ベンチャー企業向けの市場として整備され、店頭売買有価証券市場(店頭登録市場、店頭市場)のジャスダックとなり、証券取引所市場の補完的市場として位置づけられた。当時は証券取引所ではなかったため、店頭登録銘柄とすることを店頭公開と言った。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たフォーバル

    1988年 - フォーバルが設立後日本最短記録で上場。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た日本経済新聞社

    1985年4月1日 - 日本経済新聞社が日経店頭平均株価の公表を開始。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た日本駐車場開発

    逆に、ジャスダックには少数特定株主(大株主)の所有株数について制限がなく(東証は75%)、企業オーナーが安定して支配を続けられるよう、あえてジャスダックに上場している例もある。なお、東証とジャスダックへの重複上場企業としては、2007年2月時点で日本駐車場開発(東証一部)があり、ヤフー(東証一部)が2007年2月28日にジャスダックへの重複上場をしている。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た金融庁

    2006年7月3日に、金融庁の認可を受け、国内の証券取引所としては初めて委員会設置会社に移行。市場運営部門と自主規制部門との業務執行を分けるとともに、自主規制機能の強化および独立性を高めた。市場運営は代表執行役社長(CEO)が指揮を取り、自主規制は代表執行役常務で自主規制責任者(CRO)が業務執行を取りまとめている。組織上、CROの下に自主規制本部があり、当該本部に以下の4部門が自主規制業務に従事している。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た子会社

    2008年12月25日 - TOB成立を受け、株式会社大阪証券取引所が76.1%の株式を取得し、子会社化。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たヘラクレス (有価証券市場)

    日本版NASDAQと位置付けされるが、かつて存在した大証の新興企業向け市場のナスダック・ジャパン(後の「ヘラクレス」)や「NEO」とは別の市場であった。しかし、その後運営が大証に移管された後、2010年10月12日の取引より、同じ大証の「ヘラクレス」・「NEO」を統合し、「新JASDAQ市場」として一本化された(後述)。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た金融商品取引法

    また、会社法に基づく、指名・報酬・監査の法定3委員会の他、金融商品取引法上の「自主規制委員会」を組織しており、自主規制委員会は、ジャスダック証券取引所の自主規制業務に係る事項を決定している。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たナスダック

    2000年以降、大阪証券取引所と米ナスダックとの提携によるナスダックジャパン市場の開設や、東京証券取引所のマザーズ市場の開設など、店頭市場が担ってきた新興企業向け市場の拡充競争が他の証券取引所間でも展開されていく。そのような折、2007年9月、ジャスダック証券取引所の大株主である日本証券業協会は、証券取引所の再編の一環として、経営体力の低下したジャスダック取引所を、売買システムのバックアップ等で提携関係のある大阪証券取引所と経営統合させる検討を開始した。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「JASDAQ」のニューストピックワード