43件中 11 - 20件表示
  • ジャスダック

    ジャスダックから見た新株予約権付社債

    1996年1月 - 登録会社の新株引受権付社債(現在の「新株予約権付社債」)発行が解禁される。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たNASDAQ

    日本版NASDAQと位置付けされるが、かつて存在した大証の新興企業向け市場のナスダック・ジャパン(後の「ヘラクレス」)や「NEO」とは別の市場であった。しかし、その後運営が大証に移管された後、2010年10月12日の取引より、同じ大証の「ヘラクレス」・「NEO」を統合し、「新JASDAQ市場」として一本化された(後述)。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た証券取引法

    1998年12月の証券取引法改正に伴い、「店頭売買有価証券市場」として、日本証券業協会の管理監督のもと、取引所有価証券市場と並列する市場として位置付けられてきた。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た転換社債

    1987年10月 - 登録会社の転換社債(現在の「転換社債型新株予約権付社債」)発行が解禁される。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た札幌証券取引所

    2004年12月3日、内閣総理大臣より証券取引所に関する免許の交付を受け、商号を「株式会社ジャスダック」から「株式会社ジャスダック証券取引所」へと変更し、同年12月13日、同法上の「店頭売買有価証券市場」から「取引所有価証券市場」へと業態転換した。証券取引所の新規参入は、1949年の札幌証券取引所以来、実に55年ぶりのことである。これにより、それまで店頭市場では法律上認められていなかった、成行売買、先物取引、オプション取引、立会外分売などが可能となる。一方、それまで証券会社が関与していた上場審査・市場管理などは、ジャスダックが自ら行うこととなる。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たインサイダー取引

    インサイダー取引等、不公正取引に関する監視業務を行う。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た投資信託

    1986年7月 - 登録会社株の投資信託への組み入れが解禁される。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た転換社債型新株予約権付社債

    1987年10月 - 登録会社の転換社債(現在の「転換社債型新株予約権付社債」)発行が解禁される。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た2009年

    2009年9月 - 大阪証券取引所の売買システムの利用開始に伴い、JASDAQシステムを終了。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た東京証券取引所

    また、かつては、ジャスダックの登録(上場)企業は、証券取引所への上場が認められなかったため、東京証券取引所などの取引所への上場と同時に登録廃止を行っていた。業態転換後は、他の証券取引所との重複上場も可能となったが、東証に上場するとその銘柄の売買はほとんど東証で行われるのが実態で、上場維持費用の削減の意味合いもあり、業態転換後も東証上場後しばらくしてJASDAQ上場廃止の処置を取るケースが少なくない。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示