43件中 31 - 40件表示
  • ジャスダック

    ジャスダックから見たジャスダックインデックス

    1991年10月28日 - 日本証券業協会がジャスダックインデックスの算出・公表を開始。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たシミュレーションゲーム

    2002年1月 - 株式投資教育を目的として株式売買シミュレーションゲーム「JQ the Market」を開設。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た信用取引

    1997年10月 - 信用取引が導入される。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た委員会設置会社

    2006年7月3日に、金融庁の認可を受け、国内の証券取引所としては初めて委員会設置会社に移行。市場運営部門と自主規制部門との業務執行を分けるとともに、自主規制機能の強化および独立性を高めた。市場運営は代表執行役社長(CEO)が指揮を取り、自主規制は代表執行役常務で自主規制責任者(CRO)が業務執行を取りまとめている。組織上、CROの下に自主規制本部があり、当該本部に以下の4部門が自主規制業務に従事している。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た日経ジャスダック平均株価

    1985年4月1日 - 日本経済新聞社が日経店頭平均株価の公表を開始。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たベンチャー

    日本初の成長・ベンチャー企業(新興企業)向けの市場である。また、他の取引所に開設されている新興市場とは異なり、店頭登録制度から数えると40年以上の歴史があるため、現在では創業30年以上の老舗企業も上場している。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たオークション

    他の証券市場と同様、オークション方式を採用している。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見たマーケットメイク

    かつては、オークション方式とマーケットメイク(MM)方式、2つの売買方式を採用する市場であった。日本の証券市場では、マーケットメイク方式を唯一ジャスダックが採用しているため、これがジャスダックを特徴付けている売買方式であった。しかしながら、日本ではマーケットメイク方式はなじみが少なく、導入企業数は上場企業総数978銘柄のうち、199銘柄にとどまったため、2008年3月21日をもって、マーケットメイク方式は廃止となり、2008年3月24日からの取引はすべてオークション方式にて行われることとなった。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た証券会社

    2004年12月3日、内閣総理大臣より証券取引所に関する免許の交付を受け、商号を「株式会社ジャスダック」から「株式会社ジャスダック証券取引所」へと変更し、同年12月13日、同法上の「店頭売買有価証券市場」から「取引所有価証券市場」へと業態転換した。証券取引所の新規参入は、1949年の札幌証券取引所以来、実に55年ぶりのことである。これにより、それまで店頭市場では法律上認められていなかった、成行売買、先物取引、オプション取引、立会外分売などが可能となる。一方、それまで証券会社が関与していた上場審査・市場管理などは、ジャスダックが自ら行うこととなる。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • ジャスダック

    ジャスダックから見た内閣総理大臣

    2004年12月3日、内閣総理大臣より証券取引所に関する免許の交付を受け、商号を「株式会社ジャスダック」から「株式会社ジャスダック証券取引所」へと変更し、同年12月13日、同法上の「店頭売買有価証券市場」から「取引所有価証券市場」へと業態転換した。証券取引所の新規参入は、1949年の札幌証券取引所以来、実に55年ぶりのことである。これにより、それまで店頭市場では法律上認められていなかった、成行売買、先物取引、オプション取引、立会外分売などが可能となる。一方、それまで証券会社が関与していた上場審査・市場管理などは、ジャスダックが自ら行うこととなる。ジャスダック フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「JASDAQ」のニューストピックワード