53件中 41 - 50件表示
  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見たプロリーグ構想 (バスケットボール)

    2007年、バスケットボール日本リーグ機構(旧JBL)のスーパーリーグはプロリーグ化を前提に新リーグ日本バスケットボールリーグへ移行した。略称は引き続きJBLを使用するが、ロゴは一新された。本項では旧JBLと便宜上分ける必要がある場合「新JBL」と表現する。発足までの経緯については「プロリーグ構想 \(バスケットボール\)」を参照。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た日本バスケットボールリーグ2部機構

    旧JBLの2部リーグであるバスケットボール日本リーグはJBL2に移行したが、入れ替えは行わず、JBLへの昇格も1チームのみにとどまった。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た2006年バスケットボール世界選手権

    JBLでは通常のタイムアウト(レギュラータイムアウト)の他に「TVタイムアウト」と呼ばれる独自のタイムアウトを実施する。第1・3ピリオドはそれぞれ最初の2回、第2・4ピリオドはそれぞれ最初の1回のタイムアウトをTVタイムアウトとして90秒間となる。TVタイムアウトを使った後は60秒のタイムアウトとなる。タイムアウトは1チームにつき前半2回、後半3回与えられる。このTVタイムアウトは日本で開催された2006年バスケットボール世界選手権でも採用された。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見たACTION

    2007-2008年度 B'z「純情ACTION日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た審判 (バスケットボール)

    審判員はレギュラーシーズン・プレーオフいずれも3人制とする。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た社員選手

    II種は社員選手(純アマチュア)を意味する。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見たタイムアウト

    JBLでは通常のタイムアウト(レギュラータイムアウト)の他に「TVタイムアウト」と呼ばれる独自のタイムアウトを実施する。第1・3ピリオドはそれぞれ最初の2回、第2・4ピリオドはそれぞれ最初の1回のタイムアウトをTVタイムアウトとして90秒間となる。TVタイムアウトを使った後は60秒のタイムアウトとなる。タイムアウトは1チームにつき前半2回、後半3回与えられる。このTVタイムアウトは日本で開催された2006年バスケットボール世界選手権でも採用された。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た豊橋市

    オーエスジーフェニックス東三河 (愛知県東三河、豊橋市) - 2007-08日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見た社団法人

    新JBLは協会から興行権を始めとする様々な権利の譲渡を受け、日本協会から独立した運営となる。また、トライアウトを行い段階的にプロリーグ化を進め、将来の社団法人化を目指していた。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見たTBSチャンネル

    なお、2007-08シーズンには、BS-i及びTBSチャンネルでも中継していた。こちらは、主に関東地区で開催された試合を中心にレギュラーシーズンを基本的に毎週1試合、プレーオフを放送していた。番組名は「DUNK J JAPAN BASKETBALL LEAGUE」。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「ナショナル・バスケットボール・リーグ」のニューストピックワード