1245件中 101 - 110件表示
  • 清水大輔 (サッカー選手)

    清水大輔 (サッカー選手)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    清水 大輔(しみず だいすけ、1992年5月26日 - )は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手。JFL・ヴェルスパ大分所属。登録ポジションはディフェンダー。清水大輔 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会

    天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    日本フットボールリーグ(JFL)上位チーム(第94回・第96回大会以外。第91回までは2回戦から、第92回以降は1回戦から出場)天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    東京武蔵野シティFC(とうきょうむさしのシティエフシー、)は、東京都武蔵野市をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。登録チーム名は東京武蔵野シティフットボールクラブ(とうきょうむさしのシティフットボールクラブ)。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 九州ダービー

    九州ダービーから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    この項ではJ1・J2・J3の以上Jリーグ主催大会に加え、JFL(日本フットボールリーグ)についても網羅する。FC琉球は沖縄県であるが、九州・沖縄広域圏として扱うと含まれる(沖縄県は九州サッカー協会エリア)。九州ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県

    宮崎県から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    ホンダロックサッカー部 - 日本フットボールリーグ所属(宮崎市)宮崎県 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県美作ラグビー・サッカー場

    岡山県美作ラグビー・サッカー場から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    県内で行われる高校から社会人までのラグビーフットボール大会の主会場として使用され、近くには湯郷温泉を中心とした宿泊施設が多数あることで合宿にも利用される。また、主競技場はなでしこリーグに所属する岡山湯郷Belleのホームスタジアムである。ファジアーノ岡山や、三菱水島FCも、JFL時代にホームゲームの一部を開催していた。岡山県美作ラグビー・サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜スポーツ&カルチャークラブ

    横浜スポーツ&カルチャークラブから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2011年、関東リーグ1部で4度目の優勝を果たすと共に、4回目の出場となった第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会で優勝、日本フットボールリーグ(JFL)への昇格を果たす。横浜スポーツ&カルチャークラブ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィアティン三重

    ヴィアティン三重から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    ヴィアティン三重(ヴィアティンみえ、)は、桑名市・四日市市を中心とする三重県全域を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。ヴィアティン三重 フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業フットボールクラブ

    本田技研工業フットボールクラブから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    本田技研工業フットボールクラブ(ほんだぎけんこうぎょうフットボールクラブ)は、日本の静岡県浜松市を本拠地とする日本フットボールリーグ(JFL)に所属する社会人サッカークラブ(実業団)。呼称は「Honda FC」(ホンダ エフシー)であり、以下の文章からは基本的に呼称で表記していく。本田技研工業フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • アマラオ

    アマラオから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2005年、日本フットボールリーグ(JFL)・FCホリコシ(翌年アルテ高崎に改称)に完全移籍。同年のJFL後期第9節三菱水島戦でJFL史上初の1試合5得点を記録した。2006年は4月のJFL前期第7節ソニー仙台戦で得点を挙げたものの、開幕前に負傷した膝の具合が思わしくなく、ブラジルへ帰国してリハビリに取り組んでいた。アマラオ不在の高崎は成績不振による監督交代に見舞われ、同年8月には帰国中のアマラオに選手兼任監督としての現場復帰が打診された。リハビリを途中で切り上げ、10月のJFL後期第10節ジェフ・クラブ戦よりチームを指揮。同第14節から最終節までの4戦は2勝2分で成績を上向かせた。2007年は新監督を迎えたため、選手として契約を更新していたが、やはり膝の状態が回復せず、同年4月に現役引退を表明。この際、今後は日本で指導者ライセンスの獲得を目指し、将来はJリーグのクラブで監督を務めたいとコメントしている。同年末、Jリーグ功労選手賞を受賞。アマラオ フレッシュアイペディアより)

1245件中 101 - 110件表示

「JFL」のニューストピックワード