1245件中 121 - 130件表示
  • ヴァンラーレ八戸

    ヴァンラーレ八戸から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    ヴァンラーレ八戸(ヴァンラーレはちのへ、Vanraure Hachinohe)は、青森県八戸市、十和田市、三沢市、五戸町、三戸町、田子町、階上町、南部町、おいらせ町、七戸町、六戸町、東北町、野辺地町、横浜町、新郷村、六ヶ所村をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。ヴァンラーレ八戸 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昂洋

    佐藤昂洋から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2015年より坂井大将、姫野宥弥とともにトップチームへ昇格。大分の各年代のアカデミーに所属した選手として初のトップ昇格選手となった。同年3月には同期の姫野とともにJFL・ヴェルスパ大分へ期限付き移籍し、リーグ戦1試合に出場。6月に移籍期間満了により大分に復帰。プロ2年目の2016年、同年の天皇杯3回戦・清水エスパルス戦にて後半33分に吉平翼との交代出場によりJリーグ所属クラブでの公式戦デビューを果たした。佐藤昂洋 フレッシュアイペディアより)

  • FC琉球

    FC琉球から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2005年、九州サッカーリーグは2位。全国社会人サッカー選手権大会は2回戦で敗れたが、全国地域サッカーリーグ決勝大会で優勝。その後、日本フットボールリーグ(JFL)入会が承認され、沖縄県のサッカークラブとして初の全国リーグ参戦となった。FC琉球 フレッシュアイペディアより)

  • 有間潤

    有間潤から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    有間 潤(ありま じゅん、1992年8月6日 - )は、愛媛県出身のサッカー選手。ポジションはFW。JFL・FC今治所属。有間潤 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木SC

    栃木SCから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2000年:日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格。栃木SC フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカーリーグ

    日本プロサッカーリーグから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    1993年に10クラブで開始し、1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大で18クラブによって開催された。1999年からJリーグ ディビジョン1(現J1リーグ)とJリーグ ディビジョン2(現J2リーグ)の2部制に移行、2014年にJ3リーグ(J3)が創設された。但し制度上J3リーグは日本フットボールリーグ(JFL)と同格とされた独立したリーグとして位置付けられ、「プロ・アマ分離」の観点から一体的に運用しているだけである。このためJ1・J2とJ3とでは様々な点で大きな違いがあり、スポーツメディアでの扱いなどでの露出面でJ3は不利な立場にある。日本プロサッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    3月 - JFL・横浜FCのホームゲーム全試合を中継(?2000年)。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    吉澤英生が監督に就任。湘南から柿本倫明、山形から鈴木亮平らを完全移籍で、大分から川田和宏をクラブ初となる期限付き移籍で獲得するなど、JリーグやJFLの経験のある選手を多く獲得した。また完全プロ化を視野に入れ、高校生以上についてホームゲームの入場料を有料化した。リーグ戦は4位、全国社会人サッカー選手権大会(以下、全社)も4位に終わった。ただし、出場辞退チームがあり、繰上がりで第32回全国地域サッカーリーグ決勝大会へ出場したが、2勝1PK敗の2位で2年連続のグループリーグ敗退。天皇杯は、3回戦でJ2の湘南相手にPK戦を制して4回戦に進出した。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • Cobaltore女川

    Cobaltore女川から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2012年東北社会人サッカーリーグ2部南に復帰して2位の成績。東北2部北2位のヴァンラーレ八戸との昇格戦に敗れたが、東北1部1位の福島ユナイテッドFCが日本フットボールリーグ(JFL)に昇格した為、東北1部に昇格した。Cobaltore女川 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    退団発表後、ロアッソ熊本、横浜FC、コンサドーレ札幌(以上J2)、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎(以上JFL)、藤枝MYFC(東海リーグ)の6クラブが興味を示し、獲得の意思を表明。年俸提示は最も低かったが、「グラウンドに立つための体のケアを一番に考え」、施設や医療体制が充実している札幌への移籍を決断した。12月24日に開かれた移籍会見では、「現役生活が一番幸せ。辞めたり、諦めたりするのはいつでも出来る。無様な姿を晒すかもしれないが、それが僕のサッカー人生」と、あくまでも現役にこだわり続ける姿勢を表明した。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

1245件中 121 - 130件表示

「JFL」のニューストピックワード