1245件中 11 - 20件表示
  • 小谷野徹

    小谷野徹から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    1993年に教育研究社FC京都パープルサンガに入団しサテライトチームに所属。このサテライトチームが若手選手の公式戦の場として京都府リーグ4部に登録。1994年に京都パープルサンガが教育研究社からメインスポンサーを離れたのをきっかけにサテライトチームが分離独立して「教育研究社FC」としてJFL昇格を目指すことになり、毎年昇格し2度目の出場となった1999年全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンドで敗退したが、全国社会人サッカー連盟の推薦を受けて2000年に日本フットボールリーグ(JFL)昇格が決定。チーム内で京都市社会人サッカーリーグ4部からJFL昇格まで唯一経験した選手となる。小谷野徹 フレッシュアイペディアより)

  • tonan前橋

    tonan前橋から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2007年も圧倒的な強さで群馬県リーグ1部を制覇し、第41回関東社会人サッカー大会に臨んだが、準々決勝で敗退し、またしても関東リーグ2部昇格を逃した。一方、群馬県サッカー協会長杯では決勝戦でJFLのアルテ高崎を破り優勝し天皇杯全日本サッカー選手権大会への初出場を果たした。そして前年に続き出場を決めた全国社会人サッカー選手権大会には大会初勝利と関東リーグを飛び越えてのJFL昇格のチャンスを掴むべく大会に臨んだが、東北リーグ1部2位ですでに全国地域リーグ決勝大会への出場権を獲得していたNECトーキンと1回戦で対戦するも惨敗。tonan前橋 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良クラブ

    奈良クラブから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    奈良クラブ(ならクラブ、)は、日本の奈良市を中心とする奈良県全県をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。奈良クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 東京23フットボールクラブ

    東京23フットボールクラブから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2011年、原野大輝が監督を退任し、後任としてFC刈谷元監督のアマラオが就任した。JFL在籍経験のある選手を複数名補強すると、アマラオの指揮の下、無敗での東京都1部リーグ優勝を達成。また、関東地区代表として第47回全国社会人サッカー選手権大会に参加。全5試合を無失点という堅守で優勝し、第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得したが、地域リーグ決勝大会では1次ラウンドで敗退。関東社会人大会では準々決勝で浦安JSC(現・ブリオベッカ浦安)に敗れ、関東2部への昇格を逃した が、Y.S.C.C.(関東1部)のJFL昇格に伴い、関東リーグへの昇格枠が1つ追加され、この枠を懸けて同大会準々決勝敗退の4クラブにより5位決定戦を開催。ホンダルミノッソ狭山FCとtonan前橋サテライトに勝利し、関東2部リーグへの昇格 を決めた。東京23フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグクラブライセンス制度

    Jリーグクラブライセンス制度から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    Jリーグでは2011年2月25日のキックオフカンファレンスの中で大東和美Jリーグチェアマン(当時)が「Jクラブのクオリティーを高めるためには絶好の機会だと考えて、この制度を確実に実行していきます」と明言しており、Jリーグ参入条件としてクラブライセンス制度を活用する意向を表明している。また、2011年12月19日のJリーグ理事会で試合方式が正式に決定したJ1昇格プレーオフ(2012年のポストシーズンから導入)では、参加条件として「J1ライセンスが付与されていること」が明記されている ほか、同年からスタートするJ2と日本フットボールリーグ (JFL) との入れ替えに際しても、Jリーグ準会員のJ2昇格(自動昇格またはJ2・JFL入れ替え戦参加)の条件として「クラブライセンス審査を受け、J2ライセンスが付与されていること」が明記されている。Jリーグクラブライセンス制度 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2001年4月、北九州市と地元企業などが共同でJリーグ入りを目指す任意団体「北九州フットボールクラブ」を設立(2004年にNPO法人に移行)。2001年から三菱化学黒崎サッカー部の運営を引き受け、市民主導のクラブチーム「ニューウェーブ北九州」として再出発する。2007年に九州リーグで優勝、全国地域サッカーリーグ決勝大会で準優勝し、翌年日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格。同年にはJリーグへの準加盟承認を受け、同年に運営法人を株式会社化。2009年、JFLで4位の成績を収め、2010年からのJリーグ加盟が承認された。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    ネルシーニョ4年目。藏川洋平が熊本に、パク・ドンヒョクが大連実徳に、仙石廉(岡山)、池元友樹(北九州)がそれぞれレンタル移籍していたにチームに完全移籍、兵働昭弘が千葉に、相馬大士がJFL・FC琉球に、岡山にレンタル移籍していた山崎正登がFC岐阜に、JFL・ブラウブリッツ秋田にレンタル移籍していた比嘉厚平が山形に、岐阜にレンタル移籍していたエフライン・リンタロウが秋田にレンタル移籍、武富孝介の熊本への期限付き移籍期間も延長した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー協会

    日本サッカー協会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や日本フットボールリーグ(JFL)、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の試合や天皇杯全日本サッカー選手権大会、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会などの公式サッカー大会を主催する。プロ・アマの活動を一本化して管理している。なお、現在のJFAは独立採算制であり、国の税金は一切入っていない。現在、サッカーくじtotoから3億円以下程度の助成金が入るようになったが、これはJFA全収入の3%以下でしかない(2010年度)(サッカーくじtotoの売上金は、全て運営元の独立行政法人日本スポーツ振興センターに入り、売上金から当選払戻と経費等を除いた収益の4分の1が国庫納付金になり、4分の3がスポーツ振興費として各スポーツ団体等や地方公共団体に助成金として更に分配される)。JFAの予算および決算、その活動についてはJFA公式ウェブサイトや機関誌で公開されている。詳しくはJFA財務内容の項で後述する。2012年4月1日より財団法人から公益財団法人へ移行し、文部科学省から完全に独立した。公益財団法人化のメリットなどの詳細も、同じくJFA財務内容の項で後述する。日本サッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • 高正大

    高正大から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    高 正大(コ・ジョンデ、朝: ???、1994年6月23日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手。JFL・MIOびわこ滋賀所属。ポジションは、ディフェンダー。高正大 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台ダービー

    仙台ダービーから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    1999年(平成11年)からブランメル仙台がJ2に昇格してベガルタ仙台に改称し、ソニー仙台は新JFLに所属することになったため、両者のリーグ戦での対戦はなくなった。現状では天皇杯でしか公式戦で対戦する可能性はない。仙台ダービー フレッシュアイペディアより)

1245件中 11 - 20件表示

「JFL」のニューストピックワード