1245件中 21 - 30件表示
  • 熊谷雅彦

    熊谷雅彦から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2000年に当時関東リーグに所属していた佐川急便東京SCに移籍。中心選手として活躍し、チームのJFL昇格に貢献。2001年のJFL開幕戦から試合に出場し続け、2001年と2002年にJFLベストイレブンを2年連続受賞。2004年にはJFLの連続試合出場記録を更新。その後も記録を更新し続けたが、2005年6月に当時九州リーグに所属していたロッソ熊本(現・ロアッソ熊本)へ移籍し、連続試合出場は117試合で途絶えた。(現在の連続試合出場記録保持者は三菱水島FCの山下聡也。)熊谷雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 東京武蔵野シティFC

    東京武蔵野シティFCから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    東京武蔵野シティFC(とうきょうむさしのシティエフシー、)は、東京都武蔵野市を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているサッカークラブ。登録チーム名は東京武蔵野シティフットボールクラブである。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。東京武蔵野シティFC フレッシュアイペディアより)

  • 前田和也 (サッカー選手)

    前田和也 (サッカー選手)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2003年10月、降格危機 にあったJFL・佐川印刷SC(現:SP京都FC)へ期限付き移籍。J1からの「助っ人」として戦う中で精神的にも向上。会社業務も経験した。シーズン終了後復帰。前田和也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 第7回ジャパンフットボールリーグ

    第7回ジャパンフットボールリーグから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    このシーズンは1998 FIFAワールドカップの開催のため、5月の第10節終了後、2か月の中断期間があった。またこの年度を持ってジャパンフットボールリーグは廃止され、翌シーズンからはJリーグ ディビジョン2(J2)と日本フットボールリーグへ再編された。第7回ジャパンフットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 山根伸泉

    山根伸泉から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2003年には活躍の場を求めてJFLの佐川急便東京SCに移籍。当初は攻撃的MFとして、後に守備的な位置に移ってチームの司令塔としてプレー。佐川東京の最終年となった2006年にはキャプテンとしてチームの2位躍進を支え、初のベストイレブンに選出された。山根伸泉 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のJリーグ

    2015年のJリーグから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    この日行われた理事会で、鹿児島ユナイテッドFC(JFL)をJリーグ百年構想クラブとして承認。2015年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 林威宏

    林威宏から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2004年には日本フットボールリーグで最優秀選手に輝く大活躍で、大塚製薬サッカー部(徳島ヴォルティス)のJ2昇格に貢献するも、2005年はケガの影響で1試合出場にとどまる。林威宏 フレッシュアイペディアより)

  • 松永一慶

    松永一慶から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2004年栃木在籍時、第8回国際親善サッカー大会アブドゥラ・アルファイサル・プリンス・カップにてJFL選抜として日本代表に選出されている。松永一慶 フレッシュアイペディアより)

  • 関隆倫

    関隆倫から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    その後、2006年にステップアップのためコンサドーレ札幌へ移籍。札幌では主に左サイドの選手としてレギュラーの座を獲得した。その後、シーズン途中に加入した西谷正也とのポジション争いが起こったため、常時出場というわけにはいかなかったものの、攻撃面に優れるが守備やスタミナに課題のある西谷に対し、守備面と運動量で勝負する関はプレースタイルが違ったということもあり、出場機会を失うことはなく主力の一人としてチームに貢献した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると一転して出場機会を失い、出場は天皇杯1試合に終わり、シーズン終了後に戦力外通告を受け退団。Jリーグ合同トライアウトに参加するなどアピール活動が続いたがプロチームへの移籍は叶わず、2008年は、群馬県社会人リーグのtonan前橋へ入団した。シーズン途中にJFL・ファジアーノ岡山FCへ移籍、J2昇格に大きく貢献し、シーズン終了をもって退団した。2009年に九州サッカーリーグ・沖縄かりゆしFCへ移籍。かりゆしではエースナンバーを背負い、チームの中心選手として活躍。フリーキックのキッカーも務め、優勝のかかる第17週では2位のヴォルカ鹿児島にフリーキックを2本直接決めチームの勝利に貢献した。また、シーズン通算で13アシストを決め、九州リーグアシスト王に輝くなどエースナンバーに恥じない大きな結果を残した。2010年は沖縄かりゆしFCの解散に伴い、同じ沖縄県のJFL・FC琉球に移籍。同年シーズン終了後にFC琉球を退団。関隆倫 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の地域リーグ (サッカー)

    2012年の地域リーグ (サッカー)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    日本フットボールリーグ(JFL)の下部に位置する地域リーグの2012年の参加チームである。2012年の地域リーグ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

1245件中 21 - 30件表示

「JFL」のニューストピックワード