1009件中 21 - 30件表示
  • 1998年のJFL

    1998年のJFLから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    またこのシーズンを持ってJFLは7年間の歴史に幕を閉じ、翌シーズンからはJリーグ ディビジョン2(J2)と日本フットボールリーグ(新JFL)へ再編される事になった。1998年のJFL フレッシュアイペディアより)

  • ULTRAS MATSUMOTO

    ULTRAS MATSUMOTOから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    スタジアムでの応援だけでなく、資金力に乏しいクラブのための募金活動やサポーターズソングのCDリリース化への署名活動、クラブの関連、協賛団体と共催したスタジアム清掃など、活動内容は多岐に渡る。2010年に日本フットボールリーグ昇格を記念して信濃毎日新聞社より刊行されたグラフ誌には、「クラブを支え続けたサポータークラブ」として紹介されている。ULTRAS MATSUMOTO フレッシュアイペディアより)

  • 新田純也

    新田純也から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    高校卒業後、プロからのオファーはなく、唯一のオファーだった、当時、将来のJリーグ入りを目指していた本田技研へ加入した。しかし、本田技研はスタジアム等の問題から、Jリーグ入りを断念。これに伴いJ入りを目指す有力選手が他クラブへ移籍したが、新田は唯一オファーをくれたチームであったこと、負傷後もサポートしてくれたことに愛着を感じ、残留を決意。エースストライカーとして活躍を続け、特に2006年には23得点を上げ得点ランク2位と大きな結果を残し、チームの優勝に大きく貢献。日本フットボールリーグのMVPとベストイレブンの個人タイトルも獲得した。新田純也 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の地域リーグ (サッカー)

    2009年の地域リーグ (サッカー)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    日本フットボールリーグ(JFL)の下部に位置する地域リーグの2009年の参加チームである。2009年の地域リーグ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄かりゆしフットボールクラブ

    沖縄かりゆしフットボールクラブから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2002年には九州サッカーリーグで優勝し、JFL昇格がかかった地域リーグ決勝大会に駒を進めるが、惜しくも予選ラウンドで敗退。しかしその際、選手の集団退団騒動が起こり(退団した選手やラモスが中心となって新チームFC琉球を結成)、チームは存続の危機に立たされる。翌2003年は、多数の新規加入選手と加藤久監督の下、悲願のJFL参戦と将来のJリーグ入りを目指してスタートしたが、2004年度限りでかりゆしのスポンサードが打ち切られると共に、同年9月に加藤監督以下当時の所属選手27人全員が退団することを発表した。同年10月に開催された全国社会人サッカー選手権大会ではホンダルミノッソ狭山FC(ホンダの埼玉製作所・狭山工場の実業団チーム)と死闘を展開し、0-0の同点で終了という結果(延長戦が台風のため行われなかったので)だったが優勝を飾った。沖縄かりゆしフットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の地域リーグ (サッカー)

    2011年の地域リーグ (サッカー)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    日本フットボールリーグ(JFL)の下部に位置する地域リーグの2011年の参加チームである。2011年の地域リーグ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷雅彦

    熊谷雅彦から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2000年に当時関東リーグに所属していた佐川急便東京SCに移籍。中心選手として活躍し、チームのJFL昇格に貢献。2001年のJFL開幕戦から試合に出場し続け、2001年と2002年にJFLベストイレブンを2年連続受賞。2004年にはJFLの連続試合出場記録を更新。その後も記録を更新し続けたが、2005年6月に当時九州リーグに所属していたロッソ熊本(現・ロアッソ熊本)へ移籍し、連続試合出場は117試合で途絶えた。(現在の連続試合出場記録保持者は三菱水島FCの山下聡也。)熊谷雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会

    第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    1次ラウンドは12チームが3グループに分かれて4チーム総当たりを戦い、各グループ1位の3チームと、2位3チームのうち最も成績の良い1チームの計4チームが決勝ラウンドに進出する。決勝ラウンドも4チーム総当たりによるリーグ戦を戦い、1位・2位チームが日本フットボールリーグ (JFL) に自動昇格、3位チームはJFLチームとの入れ替え戦に進み、その勝利チームがJFL加盟チームとなり、敗戦チームが地域リーグ加盟となる。第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県サッカー選手権大会

    栃木県サッカー選手権大会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    ※第1種チームのうち、JFL・社会人関東サッカーリーグ・関東大学サッカーリーグ所属チームは、代表決定戦前の各予選を免除され(決勝トーナメントからの出場)、それぞれが相当のシード扱いになる。その年次の社会人・学生の関東リーグへの所属チーム数に応じて決勝トーナメントへの出場チーム数も調整される。したがって、シード対象の該当チームが無い場合はシードチームなし(出場枠なし)か、予選直前の成績上位チームをそれに充てる場合もある(年次の状況により事前に調整)。栃木県サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 只木章広

    只木章広から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    関東サッカーリーグ時代に栃木SCに入団しJFL参入を経験、参入後は全選手プロ化の方針に伴って退団するまでの約8年間の殆どをレギュラーとしてプレーし、「栃木の皇帝」「ミスター栃木SC」と称された。只木章広 フレッシュアイペディアより)

1009件中 21 - 30件表示

「JFL」のニューストピックワード