1009件中 51 - 60件表示
  • 朝日大輔

    朝日大輔から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    国士舘大学卒業後、JFLのYKKに入団。朝日大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のサッカー

    2010年のサッカーから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    JFL後期10節Jリーグ準加盟のガイナーレ鳥取がアルテ高崎を1-0で下しJ2昇格条件の4位以内が確定。2010年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • SC鳥取

    SC鳥取から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2000年、中国リーグ初優勝、同年全国地域サッカーリーグ決勝大会へ初出場し決勝ラウンドに進出、最終順位は4位で日本フットボールリーグ(JFL)自動昇格の2位以内は逃したが、全国社会人サッカー連盟推薦でJFL昇格を果たした。SC鳥取 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷圭志

    大谷圭志から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    高校卒業後、2002年にFC東京に入団。しかし、左膝前十字靭帯断裂のために出遅れ、公式試合での出場機会を得ることなく2004年に当時JFLのザスパ草津に移籍した。この移籍が転機となり、JFLで13試合に出場して1得点を挙げるなどの活躍でチームのJ2昇格に大きく貢献した。しかし、シーズン終盤に全治8ヶ月という重傷を負って戦線離脱を余儀なくされ、翌2005年のシーズンを棒にふった。2006年に復帰するもチーム内で定位置を確保できず、同年オフに草津から戦力外通告を受け、選手生活を退いた。大谷圭志 フレッシュアイペディアより)

  • 小田島隆幸

    小田島隆幸から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2002年ザスパ草津に移籍。創設時(初代キャプテン)より活躍し、JFL時代にはセンターバックながら開幕3試合連続ゴールを記録。群馬県リーグ時代からディフェンスリーダーとしてJリーグ昇格に貢献。2005年シーズンをもって引退。小田島隆幸 フレッシュアイペディアより)

  • 前田和也 (サッカー選手)

    前田和也 (サッカー選手)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    佐野日大高校卒業後の2002年にFC東京に入団。2002年12月から3か月のあいだポルトガルの強豪FCポルトにサッカー留学した。2003年10月からは3か月は試合経験を積むためにJFLの佐川印刷SCへ期限付き移籍、会社業務も経験した。ボランチを本職とするが、センターバックやサイドバックもこなすユーティリティ性をもつ。前田和也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 堀健人

    堀健人から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    堀 健人(ほり けんと、1982年6月13日 - )は、山口県出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。日本フットボールリーグ・HOYO大分所属。堀健人 フレッシュアイペディアより)

  • 石川貢 (サッカー選手)

    石川貢 (サッカー選手)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2005年に桐蔭横浜大学を卒業し、セレクションを受け静岡FCに加入。新人ながら松原良香監督からの評価は高く、シーズン後には最も成長した選手として名前を挙げられた。2007年には上位カテゴリーのJFL・アルテ高崎に移籍し、26試合に出場。石川貢 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会

    第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    なお、本年度の地域リーグと日本フットボールリーグ(JFL)との入れ替えは、最初は通常と同じく「JFLの17・18位クラブと本大会1・2位クラブが自動入れ替え、JFL16位と本大会3位のクラブが入れ替え戦」とする予定だった。しかしシーズン開始前のアルテ高崎の撤退により、JFLの17位(最下位)のみ自動降格、JFLの16位が入れ替え戦と変更された。さらにSAGAWA SHIGA FCが2012年をもってJFLから撤退することが決まったため、JFLからの自動降格がなくなり、JFLの17位が入れ替え戦に回ることになった。なお本大会の上位2クラブが自動昇格・3位クラブが入れ替え戦に回るのは例年通りとなっている。第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルカ鹿児島

    ヴォルカ鹿児島から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    クラブの創設は1959年、鹿児島県立鴨池運動公園陸上競技場をホームスタジアムとして使用する。クラブ名のヴォルカ(Volca)はフランス語で火山を意味する「ヴォルカン」(volcan)を由来にしており、鹿児島のシンボルの一つである桜島をイメージしている。九州サッカーリーグでは1973年のリーグ発足以来、一度も都道府県リーグに降格することなく、現在まで在籍し続けている唯一のクラブである。早くから日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指すことを表明しているが、未だ日本フットボールリーグ(JFL)への昇格が果たせていないことから、Jリーグ入りを目指しながらも九州リーグへの在籍が続いている。ヴォルカ鹿児島 フレッシュアイペディアより)

1009件中 51 - 60件表示

「JFL」のニューストピックワード