1245件中 81 - 90件表示
  • 第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会

    第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    基本的な大会のレギュレーションは前年と同じだが、日本フットボールリーグ (JFL) への昇格については、2014年から発足するJ3リーグ (J3) へ参入するJFLチームを補填するために、本大会の上位3チームがJFLへ自動昇格(前年までは2チームが自動昇格・1チームが入れ替え戦出場)することになっている。また、JFL入れ替え戦試合実施要項にて「ただし、J3入会チーム数が決定し、JFLのリーグ編成上必要と認められた場合は入会チーム数が増減する場合もある」と定めており、前述の3チーム以外の自動昇格の可能性についても言及されている。第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木健人

    佐々木健人から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    佐々木 健人(ささき けんと、1993年10月22日 - )は、奈良県出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)。JFL・MIOびわこ滋賀所属。佐々木健人 フレッシュアイペディアより)

  • 高慶汰

    高慶汰から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    高 慶汰(コ キョンテ、。1995年4月6日 - )は、東京都出身のプロサッカー選手。JFL・東京武蔵野シティFC所属。ポジションは、ミッドフィールダー。高慶汰 フレッシュアイペディアより)

  • 田中英雄

    田中英雄から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    田中 英雄(たなか ひでお、1983年3月1日 - )は、熊本県出身のサッカー選手。JFL・テゲバジャーロ宮崎所属。田中英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 青森ダービー

    青森ダービーから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    青森ダービー(あおもり ダービー)は日本フットボールリーグで、青森県を本拠とするヴァンラーレ八戸、ラインメール青森、ブランデュー弘前によるダービーマッチのことである。青森ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 河端和哉

    河端和哉から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2005年より九州リーグ・ロッソ熊本に入団した。その後、チームはJFLおよびJ2へ昇格。ロアッソ熊本とチーム名も改めた2008年および2009年には主将も勤めた。河端和哉 フレッシュアイペディアより)

  • 小針清允

    小針清允から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    その後、2008年に原裕晃のあとがまとして当時JFLの栃木SCに移籍。監督の柱谷幸一から「チームの背骨となる選手」の一人として名をあげられ、正GKとしてJリーグ経験者であった実力を遺憾なく発揮した。全試合に先発フル出場してベストイレブンにも選ばれ、その年のJ2昇格に貢献した。2009年も引き続いて正GKとなるが、チーム自体の守備が安定しない事もあり、なかなか勝利に貢献できなかった。また、若返りを図るチーム方針もあって終盤戦は柴崎邦博がレギュラーに定着。出場機会が激減し、シーズン終了後に戦力外通告を受ける。小針清允 フレッシュアイペディアより)

  • 北信越フットボールリーグ

    北信越フットボールリーグから見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    1975年に北信越サッカーリーグとして開幕。日本全国に9つある地域リーグのひとつであり、日本サッカーのリーグ構成において1部は4部(日本フットボールリーグを4部として扱った場合は実質5部)、2部は5部(同実質6部)に相当する。2004年より現在の北信越フットボールリーグに改称。各県1部リーグの上位チームを加え、2部制となった。北信越フットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 新田純也

    新田純也から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    高校卒業後、プロからのオファーはなく、唯一のオファーだった、当時、将来のJリーグ入りを目指していた、旧JFLに所属する地元・浜松市の本田技研工業サッカー部へ加入した。しかし、運営元である本田技研工業はスタジアム等の問題から、二度目となるサッカー部のプロクラブ化とJリーグ入りの断念を決断した。これに伴いJリーグ入りを目指す有力選手が他クラブへ移籍したが、新田は唯一オファーをくれたクラブであったこと、負傷後もサポートしてくれたことに愛着を感じ、クラブが現在のJFL(以下「JFL」と表記)に所属して以降も残留を決意。エースストライカーとして活躍を続け、特に2006年には23得点を上げ得点ランク2位と大きな結果を残し、チームの優勝に大きく貢献。JFLのMVPとベストイレブンの個人タイトルも獲得した。新田純也 フレッシュアイペディアより)

  • 中村元 (1981年生)

    中村元 (1981年生)から見た日本フットボールリーグ日本フットボールリーグ

    2003年にJFLの佐川急便大阪SCに加入。主にMFとして途中出場を中心に経験を積み、2005年以降は前線で起用されるようになるとツートップの一角として、小柄ながらテクニックを生かしてチームの上位進出に貢献した。中村元 (1981年生) フレッシュアイペディアより)

1245件中 81 - 90件表示

「JFL」のニューストピックワード