338件中 11 - 20件表示
  • 寒河江善秋

    寒河江善秋から見た国際協力機構国際協力機構

    貧困にあえぐ農村部の開発推進のため農林省および建設省が協力に乗り出し、1953年(昭和28年)に「国土総合開発促進のため産業開発青年隊導入要綱」を作成。その後20数年にわたり、道府県に青年隊(地方隊)が設置され、戦後日本の農村開発に大きな役割を果たすとともに、後の国際協力機構青年海外協力隊の源流ともなった。なお、青年隊は現在も熊本県、宮崎県、沖縄県に存在する。寒河江善秋 フレッシュアイペディアより)

  • 池田光穂

    池田光穂から見た国際協力機構国際協力機構

    1983-87年国際協力事業団(現国際協力機構)(JICA)青年海外協力隊(JOCV)隊員として中央アメリカのホンジュラス共和国保健省に派遣される。池田光穂 フレッシュアイペディアより)

  • 堂道秀明

    堂道秀明から見た国際協力機構国際協力機構

    堂道 秀明(どうみち ひであき、1948年12月14日 - )は日本の外交官。国際協力機構副理事長。外務省中東アフリカ局長や、駐インド特命全権大使を務めた。堂道秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 柏村信雄

    柏村信雄から見た国際協力機構国際協力機構

    この出来事は警察庁長官の中立性を示す話として語り継がれた。柏村はさらに1期長官を務め、狭山事件で引責辞任した。在職4年9月であった。その後は海外移住事業団協会の役員となり、のち理事長に就任。この組織は海外へ渡った日本人を援助する組織で、現在は国際協力機構(JICA)になっている。柏村信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 法眼晋作

    法眼晋作から見た国際協力事業団国際協力機構

    法眼 晋作(ほうげん しんさく、1910年2月11日 - 1999年7月24日)は日本の外交官。インド大使、外務審議官、外務事務次官、国際協力事業団総裁などを歴任した。法眼晋作 フレッシュアイペディアより)

  • 法整備支援

    法整備支援から見たJICA国際協力機構

    法整備支援に限らず、ODA技術協力案件の形成においては、大使館及びJICAを中心とする現地ODAタスクフォースが主導的な役割を果たしている。多くの日本大使館では、外務省以外の省庁から出向した職員(アタッシェ)が在籍しているが、一般にこういったアタッシェが国際協力の案件形成及び実行の面で活躍することもある。この点、リーガルアタッシェ(法律家として在外公館に勤務する者)は、裁判官又は検察官出身の者が、欧米諸国のほか、アジアでは中国や韓国の大使館に配置されているが、アセアンの存在感や重要性の高まりを受け、国際的に活動する弁護士などから、インドネシアに所在するASEAN日本政府代表部にもリーガルアタッシェを置くべきであるという指摘がされている。法整備支援 フレッシュアイペディアより)

  • 身玉山宗三郎

    身玉山宗三郎から見た国際協力機構国際協力機構

    春日井市立坂下中学校卒業時、将来の進路に迷っていた。この時、7歳の頃の記憶を思い出し、国際協力の世界を目指そうとして、愛知県立千種高等学校国際教養科に進学することを決意したという。なお、中学3年の担任は、「必ず合格するとはいえない」と少し心配していた。愛知県立千種高等学校では、陸上部と野外活動部に所属し、走り高跳びの市内県立高校大会で3位入賞を果たした。高校2年から3年にかけてイギリスに約1年間留学した。高校卒業時、特に入りたい学部がなく、家が裕福でないこともあり、大学に進学しないことにした。松下政経塾に資料請求し、入塾の申し込みをしようとしたところ、「22歳以上でないと入塾できない」と断られた。JICA国際協力機構の青年海外協力隊は20歳以上でないと参加できないので、20歳まで英語と野菜栽培の勉強をした。身玉山宗三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大島賢三

    大島賢三から見た国際協力機構国際協力機構

    大島 賢三(おおしま けんぞう、1943年(昭和18年)5月14日 - )は、日本の外交官。原子力規制委員会委員、元国連事務次長。元国際連合日本政府代表部特命全権大使。元独立行政法人国際協力機構(JICA)副理事長。大島賢三 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とインドネシアの関係

    日本とインドネシアの関係から見た国際協力機構国際協力機構

    日本とインドネシアの関係は、第二次世界大戦後、歴史的、経済的、政治的つながりは特に緊密なものに成長した。日本はインドネシアの最大輸出相手国であり、また、国際協力機構(JICA)を通じて、インドネシアへの開発援助の主要な供与国である。日本にとって、インドネシアは液化天然ガスなどの天然資源の死活的に重要な供給国である。両国はともにG20とAPECの加盟国である。今日、インドネシアで働く日本人は11000人にのぼる一方、日本では約24000人のインドネシア人が働いたり訓練を受けたりしている。インドネシアは東京に大使館を、大阪に領事館を設置している。日本はジャカルタに大使館を、メダン、デンパサール、スラバヤ、マカッサルに領事館を設けている。日本とインドネシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学

    東海大学から見た国際協力機構国際協力機構

    国際協力機構の委託事業を行う。ラオス国立大学工学部情報化対応人材育成機能強化プロジェクト事業を受託契約。東海大学 フレッシュアイペディアより)

338件中 11 - 20件表示

「国際協力機構」のニューストピックワード