前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    7日 - 【社会人】第81回都市対抗野球大会最終日、東京ドームで決勝戦が行われ、川崎市・東芝が2?0で北九州市・JR九州を破り、3年ぶり7回目の優勝を果たした。橋戸賞 (MVP)には3試合に登板し2完封を記録した東芝・藤田卓史投手が選ばれた。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    3月9日 - 【社会人】第62回JABA東京スポニチ大会はこの日最終日を迎え、準決勝2試合と決勝戦が行われた。決勝戦はJR九州がHonda鈴鹿を9?0で降して初優勝。今年から日本選手権改革の一環として設けられた、日本野球連盟の指定する大会で優勝したチームに与えられる社会人野球日本選手権大会の出場権を手にした。11月15日に開幕する第34回大会の出場決定一番乗りとなった。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    第10回 井野川利春(監督兼捕手:門司市・門司鉄道局都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年の野球

    1936年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    門司鉄道局(門司市)5-1 満州倶楽部(大連市)1936年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回社会人野球日本選手権大会

    第36回社会人野球日本選手権大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    春先に行われた3つの日本選手権対象大会で優勝したパナソニックに注目が集まったが、この大会を最後に休部する日産自動車に力負け。日産自動車は準決勝まで進出したが、JR九州に敗れて活動に幕を下ろした。第36回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回社会人野球日本選手権大会

    第34回社会人野球日本選手権大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    前回大会に一部実行に移されていた日本選手権改革が全面実施され、都市対抗・クラブ選手権の優勝チームに加え、9つの地区連盟主催大会優勝チームにも出場権が与えられることとなった。その結果、地区予選からの出場枠が大幅に減らされた。JR九州は2大会を制して九州地区の出場枠が1つ増やされた。第34回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 濱野雅慎

    濱野雅慎から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    濱野 雅慎(はまの まさみつ、1984年12月3日 - )は、JR九州硬式野球部に所属する野球選手(投手)。濱野雅慎 フレッシュアイペディアより)

  • 中野滋樹

    中野滋樹から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    中野 滋樹(なかの しげき、1980年8月1日 - )は、大分県出身の野球選手(捕手)。社会人野球のJR九州に所属している。中野滋樹 フレッシュアイペディアより)

  • 国士舘大学硬式野球部

    国士舘大学硬式野球部から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小松聖 - 福島県立勿来工業高等学校、JR九州硬式野球部(2004-2005)、オリックス・バファローズ(2007-2016)、同コーチ(2018-) 2004年卒国士舘大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    11月22日 - 【社会人】第36回社会人野球日本選手権大会の決勝戦が京セラドーム大阪で行われ、JR九州が延長11回、3対2でHondaに勝利し、初の優勝達成。最優秀選手賞はJR九州の濱野雅慎。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード