2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
102件中 101 - 102件表示
  • 鹿島忠

    鹿島忠から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島実業時代は夏の甲子園にエースとして2年連続出場し、1978年は1回戦で静岡に3-4で惜敗。1979年も1回戦で相可に2-4で敗退。高校の1年上に定岡徹久、同期に栄村忠広がいた。卒業後は鹿児島鉄道管理局に進み、エースとして活躍。この時のチームメートに西村徳文、森田芳彦がいた。1982年のドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団。当初は本格派右腕投手として期待され、1986年には9試合に先発して3勝を記録。1987年は伸び悩み、星野仙一監督に二軍行きを命じられる。1988年からは中継ぎとして起用され、同年のリーグ優勝に貢献。安定した投球を買われ、右の重要な中継ぎ要員として息長く活躍。球団歴代10位となる405試合に登板し、1996年限りで14年間の現役生活を引退。その後はテレビ愛知・東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(1997年 - 2000年)で4年間担当を経て、中日で一軍投手コーチ(2001年 - 2002年)・二軍投手コーチ(2003年)を務めた。中日退団後は2度目の東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(2004年)で1年間担当を経て、楽天で二軍投手コーチ(2005年)・一軍投手コーチ(2006年)を務めた。楽天コーチ時代、ベンチで野村克也監督の近くに座ることが多かったことから、試合中のぼやきを耳にすることが多かった。鹿島忠 フレッシュアイペディアより)

  • 加治屋蓮

    加治屋蓮から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    JR九州3年目の、第38回社会人野球日本選手権大会の2回戦において2番手で5回を投げ、被安打2、自責点0だった。4年目、第84回都市対抗野球大会の1回戦で先発登板し、4回を投げ被安打5、与四死球1、奪三振4、自責点2の成績だった。加治屋蓮 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
102件中 101 - 102件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード