92件中 11 - 20件表示
  • 1936年の野球

    1936年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    門司鉄道局(門司市)5-1 満州倶楽部(大連市)1936年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第18回全国中等学校優勝野球大会

    第18回全国中等学校優勝野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    新富卯三郎(小倉工-門司鉄道局-阪急)第18回全国中等学校優勝野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回社会人野球日本選手権大会

    第34回社会人野球日本選手権大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    前回大会に一部実行に移されていた日本選手権改革が全面実施され、都市対抗・クラブ選手権の優勝チームに加え、9つの地区連盟主催大会優勝チームにも出場権が与えられることとなった。その結果、地区予選からの出場枠が大幅に減らされた。JR九州は2大会を制して九州地区の出場枠が1つ増やされた。第34回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 田島克彦

    田島克彦から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    福岡・小倉工高から門司鉄道管理局を経て1981年ドラフト6位で阪急入団。1988年現役引退。田島克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 上野重雄

    上野重雄から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州学院中から京城医専、大連満倶、門司鉄道局とアマチュア野球でプレーし、1950年に毎日オリオンズへ入団。1年目に23試合を投げて7勝6敗とまずまずの成績を記録。この年にチームはパリーグ最初の優勝チームとなり日本一も経験した。翌年は6勝し、1952年には初の2桁勝利となる14勝を挙げている。1953年途中に東急フライヤーズへ移籍し、翌年に引退した。上野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 石丸藤吉

    石丸藤吉から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    佐賀商業、門司鉄道局を経て1937年(昭和12年)、名古屋軍に入団。その年の春のシーズンで、打率.276を記録して打撃十傑の9位に入り、主に二塁手として活躍した。だが、1938年(昭和13年)の春のシーズンが終わると同時に召集されて中国戦線に向かい、一旦は退団する事となった。しかし、1941年(昭和16年)に再び名古屋軍に復帰。この年、名古屋軍に入団した弟の進一と共に3年間プレーする事になる。石丸藤吉 フレッシュアイペディアより)

  • 政野岩夫

    政野岩夫から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島実業から門司鉄道管理局を経て、1938年に南海軍に入団。1941年に応召し、1943年に南海へ復帰。1944年シーズン途中に2度目の召集となり、輸送船で硫黄島へ向かう途中に撃沈され戦死した。政野岩夫 フレッシュアイペディアより)

  • 高島正義

    高島正義から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    西南学院高校から門司鉄道局を経て、1960年に東映フライヤーズへ入団。高島正義 フレッシュアイペディアより)

  • 新富卯三郎

    新富卯三郎から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小倉工業では春夏合わせて5度の甲子園に出場。卒業後は門司鉄道局に進み、小柄ながら4番打者として活躍した。新富卯三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千原雅生

    千原雅生から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大分商業から社会人野球の門司鉄道局大分、植良組を経て、1949年に太陽ロビンスへ入団。1950年途中に戦力的に厳しかった国鉄スワローズへトレードとなり、この年に三塁のレギュラーを獲得した。1954年に引退し、引退後はTDKに入社した。千原雅生 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード