102件中 11 - 20件表示
  • 高島正義

    高島正義から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    西南学院高校から門司鉄道局を経て、1960年に東映フライヤーズへ入団。高島正義 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木正

    荒木正から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    唐津商業学校から門司鉄道管理局を経て、1941年に南海軍へ入団。1944年に退団。荒木正 フレッシュアイペディアより)

  • 上野重雄

    上野重雄から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州学院中から京城医専、大連満倶、門司鉄道局とアマチュア野球でプレーし、1950年に毎日オリオンズへ入団。1年目に23試合を投げて7勝6敗とまずまずの成績を記録。この年にチームはパリーグ最初の優勝チームとなり日本一も経験した。翌年は6勝し、1952年には初の2桁勝利となる14勝を挙げている。1953年途中に東急フライヤーズへ移籍し、翌年に引退した。上野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾長

    中尾長から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後、神戸市の川崎造船所(現・川崎造船神戸工場)に入社。明治大学野球部の先輩である井野川利春の誘いで、戦前の実業団野球の強豪門鉄(門司鉄道局)に移る。その後、召集されるも1937年に除隊し、東京セネタースに入団する。しかし、登録のみで試合出場は無いまま、同年7月13日再召集される。同年9月19日中国北部山岳地帯で戦死。中尾長 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐辰馬

    五十嵐辰馬から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    唐津中學校から門司鉄道管理局を経て、1949年に読売ジャイアンツへ入団。1950年に8試合一軍試合に出場し、同年退団。五十嵐辰馬 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木政公

    荒木政公から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    海星中学(現・海星中学校・高等学校)、社会人野球の門司鉄道管理局を経て、1939年に阪急軍に入団。海星中学時代は甲子園出場がなく、社会人野球でも九州地区決勝大会で八幡製鉄に敗れ、都市対抗野球には出場できなかったものの「九州の好投手」として知られていた。1938年秋のスカウトでは、逸材として各球団が殺到。巨人も獲得を狙っていた(翌1939年に入団した吉原正喜を抑えて、獲得候補№1選手だったのが荒木だったといわれている)。しかし、阪急の村上実球団代表が荒木家を訪ねた際に壁に貼られた各球団提示の契約金額を目撃し、他球団よりも高額の契約金を提示したため、阪急への入団を決意したと伝わっている。荒木政公 フレッシュアイペディアより)

  • 西門司

    西門司から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    また、JR九州社員研修センターや、JR九州硬式野球部の練習グラウンドおよび寮があるほか、かつてはJR九州の社宅があり、跡地の一部は商業施設になっており、さらには鹿児島本線沿いにJR貨物の門司機関区や北九州貨物ターミナル駅があるなど、「鉄道の街」としての側面も持つ。西門司 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬剛

    岩瀬剛から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    熊本商業学校から門司鉄道管理局を経て、1950年に創設された国鉄スワローズへ参加。同年引退。岩瀬剛 フレッシュアイペディアより)

  • 長富政武

    長富政武から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    下関商業から横浜高等商業学校へ進学し、その後は川崎重工業、門司鉄道管理局、大洋漁業とノンプロに所属した。長富政武 フレッシュアイペディアより)

  • 井野川利春

    井野川利春から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    関西中学校在学時代から捕手。明治大学ではレギュラーをつとめる。1932年に卒業後当時九州の実業団で強豪と謳われた門司鉄道局に入局し中心打者となり1936年には監督兼任捕手としてチームを都市対抗野球大会覇者に導いた。その間の1934年に日米野球の全日本選抜メンバーに選出され、全18試合中11試合に出場し、23打数8安打1本塁打,打率.348とチームトップの成績を残した。これらの功績が阪急軍の球団首脳の目に留まり1940年同じ肩書きのまま入団。召集される前年の1942年までプレー。井野川利春 フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード