102件中 21 - 30件表示
  • 大橋棣

    大橋棣から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    旧制浪速中学校(現浪速高校)卒業後、関西大学に進学。強肩・好守の遊撃手として有名だった。その後、門司鉄道局に就職。門司鉄道局時代は、玉井栄など九州の選手の大阪タイガース・阪神軍入団に関わり、球団を側面からサポートした。大橋棣 フレッシュアイペディアより)

  • 片山博

    片山博から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    若松中学から住友金属、門司鉄道局を経て、1948年に急映フライヤーズへ入団。片山博 フレッシュアイペディアより)

  • 大戸雄記

    大戸雄記から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    宮崎大淀高校から鹿児島鉄道管理局を経て、1954年に南海ホークスへ入団。大戸雄記 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田卓史

    藤田卓史から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    からは公式戦で起用され始め、同年夏に行なわれた第81回都市対抗野球ではチーム5試合中3試合に先発、うち2試合(1回戦:対東海理化戦・決勝戦:対JR九州戦)では完封勝利を収め、都市対抗野球最優秀選手に贈られる橋戸賞を獲得した。藤田卓史 フレッシュアイペディアより)

  • 角地孫之助

    角地孫之助から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    1937年、第11回都市対抗野球大会で角地は獅子奮迅の活躍をした。九州予選で、前年度の大会覇者だった門司鉄道局を破って本大会に出場すると、初戦で鷹取工機部(神戸市)に11-1で大勝。2回戦の大津晴嵐(大津市)戦では角地の登板機会は無かったものの、チームは4-3で接戦を制し、準決勝のコロムビア(川崎市)戦も6-5の大接戦を勝ち抜いた。そして、8月9日の決勝・東京倶楽部(東京市)戦に3-1で勝利し、チームを初優勝に導いた。この大会での活躍が認められ、橋戸賞(最高殊勲選手)に輝いた。翌1938年の大会でも活躍し、ベスト4の成績を残した(準決勝で、全京城〈この大会で準優勝。京城府〉に4-6で敗れた)。角地孫之助 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会 (福岡県勢)

    都市対抗野球大会 (福岡県勢)から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    県勢は第1回大会に2チーム参加。1936年の第10回大会では、企業チームとして門司市・門司鉄道局が全国初の優勝を遂げるなど、華々しい活躍を見せた。都市対抗野球大会 (福岡県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 模擬ドラフト

    模擬ドラフトから見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    ここでは、ソフトバンクが森福允彦投手(シダックス)を、広島が小松聖投手(JR九州)をそれぞれ1位で入札するなど、既に判明していた現実のドラフトにおける担当球団の方針(ソフトバンクは近大の大隣憲司投手を、広島はホンダ鈴鹿の宮崎充登投手を希望入団枠により獲得)とは違う作戦を採った球団が出た。模擬ドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 井上忠行

    井上忠行から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    八女工業高校卒業後、門司鉄道管理局に進み、1956年の都市対抗に出場。1957年に西鉄ライオンズに内野手として入団。1959年には一軍に定着、主に一塁手として起用される。1962年には、選手兼監督に就任した中西太の故障が悪化したこともあり、一塁手、三塁手として56試合に先発出場を果たす。しかし翌年にはジョージ・ウィルソン、ジム・バーマらが入団して出場機会が減り、1964年限りで現役引退。現役時代の通算記録は、実働8年で584試合に出場し、945打数170安打の.180、18本塁打、71打点、3盗塁。1963年には日本シリーズにも出場している。井上忠行 フレッシュアイペディアより)

  • 松田昌士

    松田昌士から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小さな頃から夏は野球、冬はスキーで遊んでいたころから、野球は大好きな趣味と公言。また、国鉄スワローズが国鉄職員の士気高揚につながると考え、同時に、各地に点在する鉄道管理局の硬式野球部の活動を積極的に支援した。九州赴任時に、門司鉄道管理局硬式野球部(現・JR九州硬式野球部)の部長に就任したこともある。松田昌士 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡新之介

    片岡新之介から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    引退後は広島東洋カープの二軍バッテリーコーチ(1987年 - 1991年, 1994年 - 1998年, 2001年 - 2003年)、一軍バッテリーコーチ(1992年 - 1993年, 1999年 - 2000年)を務め、西山秀二・石原慶幸を育てるなど捕手層を厚くした。2004年から2005年にはJR九州硬式野球部のコーチを務め、2年連続で都市対抗に出場。片岡新之介 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード