92件中 31 - 40件表示
  • 大橋棣

    大橋棣から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    旧制浪速中学校(現浪速高校)卒業後、関西大学に進学。強肩・好守の遊撃手として有名だった。その後、門司鉄道局に就職。門司鉄道局時代は、玉井栄など九州の選手の大阪タイガース・阪神軍入団に関わり、球団を側面からサポートした。大橋棣 フレッシュアイペディアより)

  • 田崎昌弘

    田崎昌弘から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後の1997年春にはJR九州に入社した。長身と強靭な上体を活かしたフォームから150km/hに迫る速球を投げこんで、入社早々から速球派エースとして台頭した。ドラフト候補としても注目を集めるようになったが、力んで痛打を浴びる脆さもあり、ドラフト指名を見送られていた。田崎昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 模擬ドラフト

    模擬ドラフトから見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    ここでは、ソフトバンクが森福允彦投手(シダックス)を、広島が小松聖投手(JR九州)をそれぞれ1位で入札するなど、既に判明していた現実のドラフトにおける担当球団の方針(ソフトバンクは近大の大隣憲司投手を、広島はホンダ鈴鹿の宮崎充登投手を希望入団枠により獲得)とは違う作戦を採った球団が出た。模擬ドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 加藤喜作

    加藤喜作から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後、八幡製鐵所に入社し野球部入部。北九州の実業団早慶戦と呼ばれた門司鉄道局(門鉄)との「製門戦」を戦う。打の大岡虎雄と共に守の中心選手として1934年(昭和9年)、第8回全日本都市対抗野球大会では打率五割と打ちまくり準優勝に貢献、大会最優秀賞(現在の橋戸賞)に選ばれた。戦前の都市対抗野球では最高の遊撃手ともいわれる。1935年(昭和10年)推されて選手兼任監督となる。同年10月6日、まだプロの対戦相手のなかったアメリカ帰りの巨人軍(大日本東京野球倶楽部)と対戦し互角の戦いをする。巨人軍は先発・沢村栄治他、田部武雄、水原茂、永沢富士雄らベストオーダーだった。巨人はこの全国巡業で八幡を始め各地の実業団強豪を破ったが、東京鉄道管理局だけに2敗した。このため東京鉄道局の藤本定義監督とエース・前川八郎らをのちに招聘した。1937年(昭和12年)、加藤は第11回都市対抗で、野武士的な豪快な野球でチーム悲願の初優勝をもたらした。 加藤喜作 フレッシュアイペディアより)

  • 第10回都市対抗野球大会

    第10回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    過去最多のチームによるトーナメントを制したのは、常に八幡製鉄との激しい代表争いを演じてきた門司市・門司鉄道局。大会10回目にして企業チームが初めて黒獅子旗を手にした。第10回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺旋風

    赤嶺旋風から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    中日ドラゴンズは1936年に名古屋軍(商号・大日本野球連盟名古屋協会)として創立しているが、1937年からは親会社新愛知新聞社のライバルであった名古屋新聞社が興した名古屋金鯱軍の創立に参画していた赤嶺昌志を呼び球団経営にあたらせた。その際赤嶺はチーム編成にもかかわり、ほかの球団が鼻にもかけなかった東都大学野球連盟に着目しそこから新人選手を発掘したり、阪急軍と門司鉄道局の野球部の選手引き抜き合戦をして大量の選手を獲得したりと手腕を発揮した。赤嶺旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 石田政良

    石田政良から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島商業では第15回全国中等学校優勝野球大会に出場。この大会では本塁打も記録している。卒業後は門司鉄道局へ進み、1937年(昭和12年)に名古屋軍へ入団。1938年(昭和13年)春季リーグでリーグ3位となる打率.324を記録。1940年(昭和15年)は32盗塁で盗塁王を獲得した。1941年(昭和16年)から第二次世界大戦に応召されるが、1946年(昭和21年)に復帰。この年に引退した。石田政良 フレッシュアイペディアより)

  • 山口喜司

    山口喜司から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大分県立中津東高等学校から大分鉄道管理局と陸上自衛隊西部方面隊を経て、1968年、ドラフト3位で広島東洋カープに入団。しかし一軍戦には1試合に代打で出場、1打席凡退の成績しか残せず、3年で引退した。山口喜司 フレッシュアイペディアより)

  • 町豪将

    町豪将から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校卒業後の2001年春に、JR九州に入社。当時は田崎昌弘がエースとして活躍していたが、田崎のプロ入り以降は投手・野手ともチームの新陳代謝が進むこととなる。その中で町も期待の若手としてオープン戦での登板機会を与えられ、剛速球主体のピッチングで頭角を現した。ただし変化球や打者との駆け引きは成長途上で、都市対抗野球大会や社会人野球日本選手権大会では目立った戦績を残せなかった。町豪将 フレッシュアイペディアより)

  • 七條祐樹

    七條祐樹から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校在籍時からもプロの複数の球団が調査に動いたが、卒業後は日産自動車九州に入社。着実な成長を見せ、にはJR九州の補強選手として第77回都市対抗野球に出場(登板機会はなし)、アマ日本代表候補にも選出されたが同年にひじを故障して登板機会が激減、さらにに同チームの休部に伴い、同僚の星野雄大・原口翔と共に伯和ビクトリーズに移籍。七條祐樹 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード