102件中 31 - 40件表示
  • 丸尾千年次

    丸尾千年次から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    熊本工業の選手として1936年の春の選抜に参加。熊本鉄道管理局を経て1936年、投手として阪急軍に入団。戦績は通算7勝9敗。戦後、プロ野球が復活した1945年11月の職業野球東西対抗戦第2戦で登板し、西軍の勝利投手になった。丸尾千年次 フレッシュアイペディアより)

  • 岩橋利男

    岩橋利男から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    明善中学校から門司鉄道管理局に入社。門司鉄道管理局時代は三塁手として活躍するも、戦後の国鉄の人員整理に掛かり、退社を余儀なくされた。岩橋利男 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷信夫

    中谷信夫から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    京都市立第一工業学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)、立命館大学から門司鉄道局(現・JR九州硬式野球部)を経て、1947年に南海ホークスへ入団し、1年目に15勝を挙げ、翌年も開幕から12連勝で、前年御園生崇男が記録したプロ野球記録の13連勝に挑んだ6月25日の対金星スターズ戦では6対2で敗戦投手となり連勝を止めるものの、この年は21勝を挙げる。1951年には14勝して最高勝率のタイトルを獲得し、5年連続二桁勝利も記録した。1955年に現役引退後は、1960年までコーチとなる。中谷信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 新富卯三郎

    新富卯三郎から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小倉工業では春夏合わせて5度の甲子園に出場。卒業後は門司鉄道局に進み、小柄ながら4番打者として活躍した。新富卯三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本敏男

    岡本敏男から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    野球の強豪として有名な熊本県立工業学校(現・熊本県立熊本工業高等学校)出身だが、甲子園出場はなし。熊本工業卒業後は、社会人野球の強豪・門司鉄道局(現・JR九州硬式野球部)に進み、1936年の都市対抗野球では優勝投手に輝いた。岡本敏男 フレッシュアイペディアより)

  • 七條祐樹

    七條祐樹から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校在籍時からもプロの複数の球団が調査に動いたが、卒業後は日産自動車九州に入社。着実な成長を見せ、にはJR九州の補強選手として第77回都市対抗野球に出場(登板機会はなし)、アマ日本代表候補にも選出されたが同年にひじを故障して登板機会が激減、さらにに同チームの休部に伴い、同僚の星野雄大・原口翔と共に伯和ビクトリーズへ移籍。七條祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回都市対抗野球大会

    第59回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    その中でドーム大会初代王者となったのは川崎市・東芝。前回(第54回大会)優勝後、準優勝に泣くこと2回、3度目のチャレンジで3度目の黒獅子旗を手にした。橋戸賞は打撃とともに卓越したリードで投手陣を引っ張った高見泰範捕手が獲得。捕手の橋戸賞は第10回大会の井野川利春捕手(北九州市・門司鉄道局)以来52年ぶり。また、堺市・新日鐵堺の野茂英雄投手がその独特なフォームで次々に三振を奪うほか、2回戦では延長17回を投げきる鮮烈なデビューを果たし、若獅子賞を獲得した。第59回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 九州旅客鉄道北部九州地域本社

    九州旅客鉄道北部九州地域本社から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部 - チーム所在地が北部九州地域本社と同一となっており、都市対抗野球大会には「北九州市代表」として出場する。九州旅客鉄道北部九州地域本社 フレッシュアイペディアより)

  • 末永吉幸

    末永吉幸から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小倉工では2年生の時、二塁手として1964年の夏の甲子園に出場。1回戦で広陵高に延長11回裏逆転負けを喫する。卒業後は鹿児島鉄道管理局に入社し、1966年の都市対抗野球大会に出場。末永吉幸 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉到津球場

    小倉到津球場から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    1925年秋から、門司鉄道局野球部と八幡製鐵所野球部との間の試合がこの球場で行われるようになった。両チームの試合は1927年から定期戦となり、「製門戦」として地元の名物となった。小倉到津球場 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード