102件中 41 - 50件表示
  • 田島克彦

    田島克彦から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    福岡・小倉工高から門司鉄道管理局を経て1981年ドラフト6位で阪急入団。一軍出場は1年目に守備固めで3試合の出場にとどまり、1988年現役引退。田島克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    、都市対抗九州地区2次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞し、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフトで千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    本戦では前回大会優勝の狭山市・Hondaと準優勝の豊田市・トヨタ自動車がともに2回戦で敗れる中、コールドゲームが1試合も起こらない実力伯仲の試合が続いた。活発な打線を擁する川崎市・東芝と豊富な投手力と継投を見せる北九州市・JR九州が決勝で対戦し、東芝が3年ぶり7回目の優勝を果たした。JR九州は前年の日本選手権優勝に続く史上初の秋・夏連覇を目指したが、準優勝に終わった。橋戸賞は3試合に登板して2完封を記録した藤田卓史(東芝)が受賞した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第37回社会人野球日本選手権大会

    第37回社会人野球日本選手権大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大会は2連覇を目指すJR九州と2年ぶりの優勝を目指すトヨタ自動車が決勝で対戦。中盤で逆転に成功したトヨタが4年間で3度目となるダイヤモンド旗を手にした。MVPには3試合に先発して防御率ゼロに抑えたトヨタ・岩崎司が選ばれた。第37回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回都市対抗野球大会

    第62回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    田中勲(三菱重工長崎(JR九州))第62回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 政野岩夫

    政野岩夫から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島実業から門司鉄道管理局を経て、1938年に南海軍に入団。1941年に応召し、1943年に南海へ復帰。1944年シーズン途中に2度目の召集となり、輸送船で硫黄島へ向かう途中に撃沈され戦死した。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。政野岩夫 フレッシュアイペディアより)

  • 河村章

    河村章から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小倉工業から門司鉄道管理局を経て、1940年に名古屋軍へ入団。2年目に14勝を挙げ、1942年も7勝を挙げた。八幡製鐵所を経て、1948年に金星スターズへ移籍し、この年も7勝を挙げる。1950年は西鉄クリッパースへ移籍。1951年は1軍での登板が無く、この年に引退した。サイドハンドから割れるカーブとインシュートが武器。7河村章 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉敬三

    秋葉敬三から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球のリッカーミシンに入団。その後、鹿児島鉄道管理局に移籍し1965年からエースとなる。1967年の全国鉄大会で、高崎鉄道管理局を相手に完全試合を達成し脚光を浴びた。同年の都市対抗には日本鉱業佐賀関の補強選手として出場。1回戦で池田重喜を好リリーフ、電電東北を降すが、2回戦で日本コロムビアに敗退。秋葉敬三 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木貞男

    黒木貞男から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高鍋高校から門司鉄道管理局を経て1955年に南海ホークスへ入団。黒木貞男 フレッシュアイペディアより)

  • 田崎昌弘

    田崎昌弘から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後の1997年春にはJR九州に入社。長身と強靭な上体を活かしたフォームから150km/hに迫る速球を投げこんで、入社早々から速球派エースとして台頭した。ドラフト候補としても注目を集めるようになったが、力んで痛打を浴びる脆さもあり、ドラフト指名を見送られていた。田崎昌弘 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード