92件中 41 - 50件表示
  • 都市対抗野球大会 (福岡県勢)

    都市対抗野球大会 (福岡県勢)から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    県勢は第1回大会に2チーム参加。1936年の第10回大会では、企業チームとして門司市・門司鉄道局が全国初の優勝を遂げるなど、華々しい活躍を見せた。都市対抗野球大会 (福岡県勢) フレッシュアイペディアより)

  • 高波文一

    高波文一から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    彼も含め3人いる兄弟全てが熊本工業高校で甲子園本大会出場を経験している(高波は長男。二男はマネージャーとしてベンチ入り。三男の大はその後国士舘大学を経て現在JR九州所属)。高波文一 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤晴康

    江藤晴康から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    八幡中(現:八幡高)・法政大学でエース投手として活躍。在学中に学徒出陣で召集され、台湾で終戦を迎える。大学卒業後は社会人野球の門司鉄道局・大洋漁業でプレー。に南海ホークスに入団した。江藤晴康 フレッシュアイペディアより)

  • 武宮敏明

    武宮敏明から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    熊本工業時代は川上哲治の2学年下にあたり、川上からは後々まで可愛がられることになった。ノンプロの奉天満鉄倶楽部、門司鉄道局熊本、九州産業交通(途中、兵役の時期を挟む)を経て戦後の1947年に巨人に入団。翌年からレギュラーとなる。同年の10月3日対阪神戦でランナーの藤村富美男に体当たりを受け、脳震盪を起こす。ランナーが捕手に体当たりをかけたのは日本のプロ野球ではこれが第一号といわれ、武宮は最初の「被害者」となった。武宮敏明 フレッシュアイペディアより)

  • 第60回全国高等学校野球選手権大会

    第60回全国高等学校野球選手権大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿島忠 (鹿児島実 - 鹿児島鉄道管理局 - 中日)第60回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 森田芳彦

    森田芳彦から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    宮崎県立福島高等学校から鹿児島鉄道管理局(現JR九州硬式野球部)を経てドラフト6位で南海より指名もこれを拒否、1985年ロッテより3位指名を受け入団。1995年現役引退。現在は鹿児島県在住の会社員。森田芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回都市対抗野球大会

    第83回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州第1 北九州市・JR九州(3年連続15回目)第83回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回都市対抗野球大会

    第58回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    国鉄の民営化で各地に点在していた国鉄(鉄道管理局)チームは、本社支援を受けられる7チーム(北海道、東日本東北、東日本、東海、西日本、四国、九州)に整理された。残されたチームは解散するかクラブチームに衣替えすることとなった。しかし、今大会にはJRチームは出場することができなかった。第58回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回都市対抗野球大会

    第59回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    その中でドーム大会初代王者となったのは川崎市・東芝。前回(第54回大会)優勝後、準優勝に泣くこと2回、3度目のチャレンジで3度目の黒獅子旗を手にした。橋戸賞は打撃とともに卓越したリードで投手陣を引っ張った高見泰範捕手が獲得。捕手の橋戸賞は第10回大会の井野川利春捕手(北九州市・門司鉄道局)以来52年ぶり。また、堺市・新日鐵堺の野茂英雄投手がその独特なフォームで次々に三振を奪うほか、2回戦では延長17回を投げきる鮮烈なデビューを果たし、若獅子賞を獲得した。第59回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回都市対抗野球大会

    第62回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    田中勲(三菱重工長崎(JR九州))第62回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード