102件中 51 - 60件表示
  • 第11回都市対抗野球大会

    第11回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    14チーム中初出場が5チームというフレッシュな顔ぶれの大会を制したのは八幡市・八幡製鉄。前回大会でライバルの門司鉄道局が企業チーム初優勝を果たし、九州に黒獅子旗を持ち帰った悔しさをバネに、九州予選で門司鉄道局を下し、本大会でもきわどい試合をものにして、初優勝を遂げた。第11回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第10回都市対抗野球大会

    第10回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    過去最多のチームによるトーナメントを制したのは、常に八幡製鉄との激しい代表争いを演じてきた門司市・門司鉄道局。大会10回目にして企業チームが初めて黒獅子旗を手にした。第10回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 武宮敏明

    武宮敏明から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    熊本工業時代は川上哲治の2学年下にあたり、川上からは後々まで可愛がられることになった。ノンプロの奉天満鉄倶楽部、門司鉄道局熊本、九州産業交通(途中、兵役の時期を挟む)を経て戦後の1947年に巨人に入団。翌年からレギュラーとなる。同年の10月3日対阪神戦でランナーの藤村富美男に体当たりを受け、脳震盪を起こす。ランナーが捕手に体当たりをかけたのは日本のプロ野球ではこれが第一号といわれ、武宮は最初の「被害者」となった。武宮敏明 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎梅田学園硬式野球部

    宮崎梅田学園硬式野球部から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    、同年のドラフト会議では、福岡大学卒業後のに入部した信樂晃史が千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けた。信樂は、野球部で練習と平行して「宮崎梅田学園自動車学校」の日ノ出校で第一種普通自動車運転免許の教習指導員(教官)として勤務していた。2015年の第86回都市対抗野球大会にJR九州の補強選手として出場したことから、チームおよび自動車教習所の教官ではドラフト会議史上初の指名に至った。さらに、その後の交渉でロッテへの入団が決まったことから、当部に所属経験のある選手では初めてのプロ野球選手になった。宮崎梅田学園硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 日野善朗

    日野善朗から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    津久見高校では1979年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが別府商に敗退。卒業後は社会人野球の新日本製鐵大分に進む。1984年の都市対抗に出場。日本通運との1回戦で適時打を放つなど活躍。準々決勝に進出し、この大会に優勝した日産自動車と対戦、2点適時打を放つが惜敗した。チームメートに福良淳一(大分鉄道管理局から補強)、山下和彦がいた。日野善朗 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川孝雄

    宮川孝雄から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    豊国学園高等学校から門司鉄道管理局を経て、1959年オフに広島カープに入団。広島入団に際しては、ノンプロでライバルであった八幡製鐵の加藤喜作監督が、「あいつがいたのでは、うちは都市対抗に出れん(門司鉄道管理局は、宮川を打の中心として1956年から3年連続で都市対抗出場を果たしていた)」と、広島に話を持ちかけた、といういきさつがある。宮川孝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小松聖

    小松聖から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    2016年1月12日、福岡県北九州市にあるJR九州硬式野球部のグラウンドで白仁田寛和、佐野皓大、吉良俊則トレーナーら4人で行っていた合同練習の帰路で、住宅街の路上でうずくまっていた96歳の女性を救助し、白仁田が女性をおんぶして数百メートル離れた女性の自宅まで送り届けた。女性は股関節付近を骨折しており搬送先の病院で治療を受けたが、幸いにも4人の救助が功を奏して命に別状はなかった。小松聖 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルシオ敬三

    田中マルシオ敬三から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    田中マルシオ敬三(たなか マルシオ けいぞう、1980年6月9日 - )は、社会人野球の選手(内野手)。JR九州に所属。田中マルシオ敬三 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回全日本都市対抗野球大会

    第3回全日本都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    門司市・門司鉄道局(2年ぶり2回目)第3回全日本都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉竹春樹

    吉竹春樹から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州産業高校では2年時にエースの梅津茂美(門司鉄道管理局)を擁し、一塁手・六番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出。田中和博、清家政和、野田雲平らのいた優勝候補筆頭の柳川商を降し、甲子園に出場。本大会では2回戦(初戦)で福島商の三浦広之投手に完封を喫する。翌は県予選で敗退し、甲子園には出場できなかった。吉竹春樹 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード