92件中 51 - 60件表示
  • 川崎雄介

    川崎雄介から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    、都市対抗九州地区二次予選で他の投手の調子が悪かったこともあって敗者復活戦に登板し好投。チームは本大会出場を逃したが、JR九州の補強選手に選ばれて出場した。準々決勝では強打のホンダ相手に好投するなど3試合に登板して優秀選手賞を受賞するなど、スカウトの評価を高めた。同年オフの大学・社会人ドラフトで千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され入団。川崎雄介 フレッシュアイペディアより)

  • 末永吉幸

    末永吉幸から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島鉄道管理局より、1967年ドラフト6位で、東映フライヤーズに入団。1975年オフに、渋谷幸春との交換トレードで、中日ドラゴンズに移籍。1976年限りで、中日ドラゴンズを自由契約となり、ロッテオリオンズに移籍。1979年引退。末永吉幸 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾長

    中尾長から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後、神戸市の川崎造船所(現・川崎造船神戸工場)に入社。明治大学野球部の先輩である伊野川利春の誘いで、戦前の実業団野球の強豪門鉄(門司鉄道局)に移る。その後、召集されるも1937年に除隊し、東京セネタースに入団する。しかし、登録のみで試合出場は無いまま、同年7月13日再召集される。同年9月19日中国北部山岳地帯で戦死。中尾長 フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    の第37回社会人野球日本選手権では決勝でJR九州を降し、優勝。4番として2試合で本塁打を放つなど打率3割5分3厘の活躍で打撃賞を受賞、大会優秀選手にも選ばれた。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷信夫

    中谷信夫から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    京都市立第一工業学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)、立命館大学から門司鉄道局(現・JR九州硬式野球部)を経て、1947年に南海ホークスへ入団し、1年目に15勝を挙げ、翌年も開幕から12連勝で、前年御園生崇男が記録したプロ野球記録の13連勝に挑んだ6月25日の対金星スターズ戦では6対2で敗戦投手となり連勝を止めるものの、この年は21勝を挙げる。1951年には14勝して最高勝率のタイトルを獲得し、5年連続二桁勝利も記録した。1955年に現役引退後は、1960年までコーチとなる。中谷信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉到津球場

    小倉到津球場から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    1925年秋から、門司鉄道局野球部と八幡製鐵所野球部との間の試合がこの球場で行われるようになった。両チームの試合は1927年から定期戦となり、「製門戦」として地元の名物となった。小倉到津球場 フレッシュアイペディアより)

  • 第16回全国中等学校優勝野球大会

    第16回全国中等学校優勝野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    新富卯三郎(小倉工-門司鉄道局-阪急)第16回全国中等学校優勝野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回全国中等学校優勝野球大会

    第20回全国中等学校優勝野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高木茂(熊本工-門司鉄道局-名古屋軍-広島)第20回全国中等学校優勝野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第8回選抜中等学校野球大会

    第8回選抜中等学校野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    新富卯三郎(小倉工-門司鉄道局-阪急)第8回選抜中等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第9回選抜中等学校野球大会

    第9回選抜中等学校野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    新富卯三郎(小倉工-門司鉄道局-阪急)第9回選抜中等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード