102件中 61 - 70件表示
  • 樋口龍美

    樋口龍美から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州国際大学時代は、大学通算20勝を挙げ、1999年、JR九州に入社した。当時のJR九州では田崎昌弘がエースとして活躍していたが、注目の左腕として期待された。しかしなかなか結果を残せず、腰の回転を意識するために一時はアンダースローにも転向した。2003年に再びスリークォーターに戻してからは球速も伸び、日産自動車九州の補強選手として都市対抗初出場を果たすなど実績を残した。樋口龍美 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    優勝:JR九州(初優勝)2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋一雄

    福嶋一雄から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    福岡県小倉市(現・北九州市)出身。到津小学校時代、実家近くの門司鉄道管理局のホームグラウンド小倉到津球場で、九州実業団野球の早慶戦と言われた八幡製鉄(のちの新日鉄八幡)と門司鉄道管理局の定期戦、製門戦に熱中する。福嶋一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高波文一

    高波文一から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    彼も含め3人いる兄弟全てが熊本工業高校で甲子園本大会出場を経験している(高波は長男。二男はマネージャーとしてベンチ入り。三男の大はその後国士舘大学を経てJR九州に所属した)。高波文一 フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    には九州地区予選で当時エースだった坂本保とともに「3番・遊撃手」としてチームを牽引し、第73回都市対抗野球大会に出場して準優勝に輝く。は第74回都市対抗野球大会に出場し、ベスト8に進出した。・と都市対抗野球大会への出場を逃すが、JR九州の補強選手として大会に出場し、三塁手として出場、JR九州ではそれぞれベスト8・ベスト4まで進出した。2003年以降は全日本代表に4度選出され、社会人野球を代表する内野手となる。全日本では二塁手として出場するなどユーティリティプレーヤーとしても活躍した。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 石田政良

    石田政良から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    鹿児島商業では第15回全国中等学校優勝野球大会に出場。この大会では本塁打も記録している。卒業後は門司鉄道局へ進み、1937年(昭和12年)に名古屋軍へ入団。1938年(昭和13年)春季リーグでリーグ3位となる打率.324を記録。1940年(昭和15年)は32盗塁で盗塁王を獲得した。石田政良 フレッシュアイペディアより)

  • 田端謙二郎

    田端謙二郎から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    卒業後は電電九州に入社。1965年に国鉄の大分鉄道管理局(現・JR九州硬式野球部)に補強されて都市対抗野球に出場。1回戦では優勝候補であるサッポロビールの佐藤元彦と投げ合い完封勝利、準々決勝でも同じく優勝候補の全鐘紡を完投で降す。準決勝で住友金属に敗退するが、大分鉄道管理局チームは小野賞を受賞し(田端個人への表彰ではない)、田端も全鐘紡を抑えた本格派投手としてプロから注目される。田端謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市立大谷球場

    北九州市立大谷球場から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    八幡製鐵所は硬式野球部を持っており、昭和初期?中期、八幡製鐵所と門司鉄道局(門鉄、のち門司鉄道管理局、現JR九州硬式野球部)による定期戦「製門戦」は“西の早慶戦”とも謳われ、多くの名試合を残した。これら社会人野球の他、高校野球、大学野球公式戦の一部も開催されるなど、アマチュア野球公式戦で広く使用された。また、北九州を準本拠地にしていた洋松ロビンス(現在の横浜DeNAベイスターズ)の公式戦も開催された。北九州市立大谷球場 フレッシュアイペディアより)

  • クラブチーム (社会人野球)

    クラブチーム (社会人野球)から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    都市対抗野球大会が盛り上がりを増していき、主催の毎日新聞社で大会の模様が大きく伝えられるようになると、企業は社内融和と愛社精神の高揚、そして宣伝媒体の一つとして社内にチームを設けて都市対抗野球大会の予選に参加するようになる。1936年の第10回都市対抗野球大会では門司市・門司鉄道局が企業チームとして初めて黒獅子旗(都市対抗野球大会の優勝旗)を手にする(ちなみに、第10回大会以降、クラブチームの都市対抗野球大会制覇は成し遂げられていない)。クラブチーム (社会人野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校野球選手権大会決勝

    第78回全国高等学校野球選手権大会決勝から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    本多大介は青山学院大学に進み、レギュラーにはなれなかったが、3年の時に全日本大学野球選手権大会で優勝している(この時のエースは石川雅規)。卒業後、JR九州に進んだ。第78回全国高等学校野球選手権大会決勝 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード