92件中 71 - 80件表示
  • 一岡竜司

    一岡竜司から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学や社会人から声が掛からず、専修学校コンピュータ教育学院の野球部にセレクションを経て入学。1年時のから公式戦に登板し実績を重ね、体重が20kg増え、球速も15km/hアップした。2年時の、第40回JABA徳山(スポニチ)大会では同チームの優勝に貢献し、自身は最高殊勲選手賞を受賞した。3年時の、第82回都市対抗野球大会の予選では、九州2次予選の初戦の鹿児島ホワイトウェーブ戦で5安打完封勝利を挙げ11奪三振を記録した。2回戦の九州三菱自動車戦では、9回3安打2失点と好投するも1-2で敗戦。大会後、JR九州の補強選手に選出され、1回戦のJR東海戦に先発。3回0/3を4安打2失点と粘りの投球を見せるも敗戦投手となった。一岡竜司 フレッシュアイペディアより)

  • 松田昌士

    松田昌士から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    小さな頃から夏は野球、冬はスキーで遊んでいたころから、野球は大好きな趣味と公言。また、国鉄スワローズが国鉄職員の士気高揚につながると考え、同時に、各地に点在する鉄道管理局の硬式野球部の活動を積極的に支援した。九州赴任時に、門司鉄道管理局硬式野球部(現・JR九州硬式野球部)の部長に就任したこともある。松田昌士 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州第1 北九州市・JR九州(2年ぶり12回目)第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 白石勝巳

    白石勝巳から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    パシフィック在籍時の1946年に31歳となった白石は、戦後の食糧難から生涯出来る仕事への転職を考えていたが、広陵の先輩で、審判をやっていた稲田正次から別府の植良組を紹介された。当時の新聞には、白石は眼が悪く、野球に自信を失ったので辞めた、と書かれた。庶務の仕事を数か月やった所で、植良組の社長と稲田から「野球部ば作りたいけん、監督ばしちゃらんとやろか」と頼まれた。道路を隔てた向かい側のライバル会社・星野組が、のち“火の玉投手”と呼ばれる荒巻淳や西本幸雄を獲得して都市対抗野球出場を目指すという。「負けたらいかんばい。力ば貸してもらえんとやろか」と懇願され、野球からは離れようと遠く別府まで来たのに、と考えていたが、業務命令とも言われ引き受ける事にした。当時の九州は翌の第19回都市対抗野球大会を制す西日本鉄道や大岡虎雄らのいた八幡製鐵所、そのライバル・門司鉄道局など実業団の強豪がひしめいていた。星野組の監督は広陵の先輩・加藤喜作だった。名のある選手の勧誘は義理も面子もあってうまくいかず、無名の高校生を集めチームを強化、また懇意にしていた藤村隆男が、肩を壊して呉に帰っているという話を聞き「別府の温泉に入ってから肩治しんさいよ」と口説き入団させると本当に肩が治り、大きな戦力となった。しかし、の第18回都市対抗野球大会地区予選決勝では星野組に惨敗した。手薄な戦力を率いての監督采配は評価され八幡製鐵所から監督として声が掛かった。しかし翌、巨人が別府でキャンプを張った。すると、監督の三原脩や中島治康、千葉茂らが「帰って来いよ、また一緒にやろうよ」と声をかけてくれ、白石は再び巨人に復帰した。この時の巨人の宿舎・日名子旅館は荒巻淳の養家で植良組から徒歩1分の所にあり、さらに旅館から坂を上がった所に稲尾和久の生家があったという。植良組監督の後任には、広陵の先輩・岩本義行が引き受けた。白石勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車九州硬式野球部

    日産自動車九州硬式野球部から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    九州の企業チームとしてはJR九州、ホンダ熊本、三菱重工長崎などと共に強豪の1つとして位置づけられていた。日産自動車九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JABA静岡大会

    JABA静岡大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    第46回(1998年) JR九州JABA静岡大会 フレッシュアイペディアより)

  • JABA九州大会

    JABA九州大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    第62回(2008年) JR九州JABA九州大会 フレッシュアイペディアより)

  • JABA広島大会

    JABA広島大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    第30回(1991年) JR九州JABA広島大会 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工長崎硬式野球部

    三菱重工長崎硬式野球部から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    1917年創部の歴史を誇るが、九州社会人野球界は新日鐵八幡と門司鉄道局(現・JR九州)が長年強豪チームとして君臨しており、さらにNTT九州などの台頭もあった。本格的なチーム補強が実り、念願の都市対抗野球初出場を果たすのは1975年である。三菱重工長崎硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島ドリームウェーブ

    鹿児島ドリームウェーブから見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    1987年鹿鉄(国鉄鹿児島鉄道管理局野球部)廃部以来、鹿児島県には社会人の硬式野球チームがないこともあり、チーム内外から存続を求める声があり、2005年12月に再結成された。代表は欽ちゃん球団との対戦に企画から携わり、地元で広告代理店を経営する國本正樹。監督は旧国鉄鹿児島鉄道管理局野球部の選手だった末廣昭博が就任した。鹿児島ドリームウェーブ フレッシュアイペディアより)

92件中 71 - 80件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード