102件中 71 - 80件表示
  • 藤岡好明

    藤岡好明から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    宮崎日大高校を経て、JR九州へ入社。樋口龍美や町豪将など、先輩に好投手が多かったため、入社当初は公式戦への登板機会に恵まれなかった。樋口が中日ドラゴンズ、町がオリックス・バファローズへ入団したには、公式戦で主に救援へ起用。2人が成し得なかったチームの都市対抗野球大会準決勝進出に貢献した。藤岡好明 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺旋風

    赤嶺旋風から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    中日ドラゴンズは1936年に名古屋軍(商号・大日本野球連盟名古屋協会)として創立しているが、1937年からは親会社新愛知新聞社のライバルであった名古屋新聞社が興した名古屋金鯱軍の創立に参画していた赤嶺昌志を呼び球団経営にあたらせた。その際赤嶺はチーム編成にもかかわり、ほかの球団が鼻にもかけなかった東都大学野球連盟に着目しそこから新人選手を発掘したり、阪急軍と門司鉄道局の野球部の選手引き抜き合戦をして大量の選手を獲得したりと手腕を発揮した。赤嶺旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 千原雅生

    千原雅生から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大分商業から社会人野球の門司鉄道局大分、植良組を経て、1949年に太陽ロビンスへ入団。1950年途中に戦力的に厳しかった国鉄スワローズへトレードとなり、この年に三塁のレギュラーを獲得した。1954年に引退し、引退後はTDKに入社した。千原雅生 フレッシュアイペディアより)

  • 西川雅人

    西川雅人から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後のには三菱重工神戸に入社。1年目から投手陣の屋台骨を支え、第76回都市対抗野球大会出場に大きく貢献した。しかし、都市対抗野球1回戦の対JR九州戦では4-1とリードした7回裏から登板したものの、ホンダ熊本からの補強選手だった草野大輔に決め球のフォークボールをとらえられて2ランホームランを浴びるなどでリリーフに失敗、逆転サヨナラ負けを喫して敗戦投手となった。これ以降の西川はそれまでとは別人のように精彩を欠いたピッチングを繰り返すようになり、シーズン終了後、在籍わずか3年で三菱重工神戸を退社した。西川雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 古野正人

    古野正人から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学後半での活躍が認められ、卒業後は日産自動車に入社。野球部に入部するも、直後の2月に同年限りでの活動休止が決まってしまう。それでも、石田祐介・秋葉知一らと共にチームの主力投手となり、チーム活動休止前の最後の試合となった第36回社会人野球日本選手権大会準決勝の対JR九州戦では先発投手を務めている。久古健太郎とは、日産自動車の同期入社である。古野正人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原正平

    吉原正平から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校時代にJR九州の練習に参加したことから大学はJR九州とコネクションのある東農大へ進学、さらに就職先もJR九州を希望していたが、最終的には「必要とされているから」と日本生命への入社を決断した。吉原正平 フレッシュアイペディアより)

  • 安仁屋宗八

    安仁屋宗八から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    少年時代は巨人ファンで、藤田元司に憧れを抱いていた。沖縄高校では3年次のに南九州大会で宮崎大淀を降し、沖縄県の高校として初めて実力で夏の甲子園に出場。話題となったが、1回戦で広陵に敗退。卒業後は琉球煙草に進み、の都市対抗に大分鉄道管理局の補強選手として出場。沖縄出身選手として初めて後楽園の土を踏み、2回戦(初戦)の日本生命戦でリリーフ登板するが、0-2で惜敗。安仁屋宗八 フレッシュアイペディアより)

  • 第82回都市対抗野球大会

    第82回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    今大会から、JR各社のうちJR東日本・JR東日本東北の2チーム間を除いて同一企業とはみなさず、1回戦からの対戦が解禁された。さっそく1回戦でJR東海とJR九州が対戦したほか、今大会に出場した4チームすべてが少なくとも1回、他のJRチームと対戦することとなった。第82回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 山下和彦

    山下和彦から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球の新日本製鐵大分に入社。1984年の都市対抗に控え捕手として出場。1回戦の日本通運との対戦では、代打で適時打を放つなど活躍。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した日産自動車に惜敗。チームメートに福良淳一(大分鉄道管理局から補強)がいた。山下和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤喜作

    加藤喜作から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大学卒業後、八幡製鐵所に入社し野球部入部。北九州の実業団早慶戦と呼ばれた門司鉄道局(門鉄)との「製門戦」を戦う。打の大岡虎雄と共に守の中心選手として1934年(昭和9年)、第8回全日本都市対抗野球大会では打率五割と打ちまくり準優勝に貢献、大会最優秀賞(現在の橋戸賞)に選ばれた。戦前の都市対抗野球では最高の遊撃手ともいわれる。1935年(昭和10年)推されて選手兼任監督となる。同年10月6日、まだプロの対戦相手のなかったアメリカ帰りの大日本東京野球倶楽部と対戦し互角の戦いをする。巨人軍は先発・沢村栄治他、田部武雄、水原茂、永沢富士雄らベストオーダーだった。巨人はこの全国巡業で八幡を始め各地の実業団強豪を破ったが、東京鉄道管理局だけに2敗した。このため東京鉄道局の藤本定義監督とエース・前川八郎らをのちに招聘した。1937年(昭和12年)、加藤は第11回都市対抗野球大会で、野武士的な豪快な野球でチーム悲願の初優勝をもたらした。 加藤喜作 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード