102件中 81 - 90件表示
  • 的場寛一

    的場寛一から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    の第37回社会人野球日本選手権大会では決勝でJR九州を降し、優勝。4番として2試合で本塁打を放つなど打率3割5分3厘の活躍で打撃賞を受賞、大会優秀選手にも選ばれた。2010年シーズンは都市対抗等の主要大会で社会人最多となる5本塁打を放ち、年間通しての活躍が評価され、NPB経験者としては丸尾英司・梶原康司に続いて3人目となる社会人ベストナインを受賞した的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 石丸藤吉

    石丸藤吉から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    佐賀商業、門司鉄道局を経て1937年(昭和12年)、名古屋軍に入団。プロ野球に入った理由は、父親が子供の教育資金の調達や株の失敗で膨らんだ借金を返済するためであったという。(後に、弟の進一も同じ理由で名古屋軍に入団し、兄弟二人で借金を完済している。石丸進一の項を参照。)その年の春のシーズンで、打率.276を記録して打撃十傑の9位に入り、主に二塁手として活躍した。だが、1938年(昭和13年)の春のシーズンが終わると同時に召集されて中国戦線に向かい、一旦は退団することとなった。しかし、1941年(昭和16年)に再び名古屋軍に復帰。この年、名古屋軍に入団した弟の進一と共に3年間プレーすることになる。石丸藤吉 フレッシュアイペディアより)

  • 森田芳彦

    森田芳彦から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    宮崎県立福島高等学校では1979年の夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、優勝した都城に敗退。卒業後は日本国有鉄道鹿児島鉄道管理局(現・JR九州鹿児島支社)に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部に入部。1982年のドラフト6位で南海より指名されるがこれを拒否。鹿児島鉄道管理局が17年ぶりに出場した1983年の都市対抗では一番打者として活躍、1984年のロサンゼルスオリンピック日本代表に選出される。ロス五輪では全試合に遊撃手として先発出場、金メダル獲得に貢献する。1985年の都市対抗には九州産交の補強選手として出場している。森田芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山口喜司

    山口喜司から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    大分県立中津東高等学校から大分鉄道管理局と陸上自衛隊西部方面隊を経て、1968年のドラフト3位で広島東洋カープに入団。投手経験は自衛隊入隊ごろからで、一年と浅かったが、柔かい手首を利してのスピードボールはすでにスカウト間で高い評価をしていた。自衛隊からのプロ入りは小平誠司につぎ二人目で、山口はその小平と短期間ではあるがバッテリーを組んだこともある。武器はストレートとシュート。プロ入り後、野手に転向した。山口喜司 フレッシュアイペディアより)

  • 池田駿

    池田駿から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    ヤマハに入社後、1年目からリリーフとして活躍。第86回都市対抗野球大会東海2次予選ではストッパーとして起用されたが、救援失敗が多く、第86回都市対抗野球大会では、出番はなかった。秋から先発となると、2年目の第87回都市対抗野球大会では初戦のJFE東日本戦では5回1/3を7安打6四死球4失点、続くJR九州戦は3回まで抑えるも、4回に突如崩れ、結果が残せなかった。第42回社会人野球日本選手権大会では初戦の東京ガス戦は山岡泰輔との投げ合いになり、山岡は2回途中で降板、池田も4回で降板となった。準々決勝のJR西日本戦は9回途中2失点の好投で勝利し、決勝の日本通運戦は8回途中10奪三振1失点の好投で勝利し、初優勝に大きく貢献した。池田は大会MVPと優秀選手に選ばれた。池田駿 フレッシュアイペディアより)

  • 関谷亮太

    関谷亮太から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    JR東日本入社後、1年目から主力で活躍する。都市対抗2次予選では4試合に先発し、本選出場に貢献、第85回都市対抗野球大会では初戦の室蘭シャークス戦で瀬川隼郎と投げ合い、関谷も5回1/3を6奪三振無失点に抑え勝利に貢献した。第40回社会人野球日本選手権大会では初戦のJR九州戦2回途中4失点でマウンドを降りたが、ヤマハ戦は5回無失点に抑えた。2年目の第86回都市対抗野球大会では初戦の三菱重工神戸・高砂戦で4回無失点に抑えるが、後続が打たれて敗戦となった。第41回社会人野球日本選手権大会ではリリーフに回った。関谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤晴康

    江藤晴康から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    八幡中(現:八幡高)・法政大学でエース投手として活躍。在学中に学徒出陣で召集され、台湾で終戦を迎える。大学卒業後は社会人野球の門司鉄道局・大洋漁業でプレー。に南海ホークスに入団した。江藤晴康 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回都市対抗野球大会

    第58回都市対抗野球大会から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    国鉄の民営化で各地に点在していた国鉄(鉄道管理局)チームは、本社支援を受けられる7チーム(北海道、東日本東北、東日本、東海、西日本、四国、九州)に整理された。残されたチームは解散するかクラブチームに衣替えすることとなった。しかし、今大会にはJRチームは出場することができなかった。第58回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 沖データコンピュータ教育学院硬式野球部

    沖データコンピュータ教育学院硬式野球部から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    卒業後の進路として、学生の多くは一般就職するが、西濃運輸・三菱重工広島・伯和ビクトリーズ・ニチダイ・JR九州・鮮ど市場ゴールデンラークスなど他の社会人野球の企業チーム、あるいは光シーガルズをはじめとするクラブチームでプレーを続ける選手もいる。また、同校の職員となって学生を指導する側に回る選手もいる。沖データコンピュータ教育学院硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 福敬登

    福敬登から見たJR九州硬式野球部JR九州硬式野球部

    高校卒業後はJR九州に入社。同社の野球部に所属し小倉駅の駅員を務めていた。野球では1年目から公式戦で登板機会を与えられ、5年目のには速球が最速150km/hを計測するようになった。福敬登 フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード