66件中 31 - 40件表示
  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た1982年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    鹿島忠投手(1982年中日ドラゴンズドラフト1位)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た2004年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    樋口龍美投手(2004年中日ドラゴンズ自由獲得枠)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た国鉄分割民営化

    2004年の第75回都市対抗野球大会では68年ぶりの8強入り、2005年の第76回都市対抗野球大会では69年ぶりの4強入りを果たし、2010年の第81回都市対抗野球大会では準優勝に輝いた。これと前後して、2009年の第36回社会人野球日本選手権大会で、同年の都市対抗優勝チームのHondaを決勝で破り優勝。国鉄分割民営化後にJRグループチームで初めて全国大会を制した。JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    秋葉敬三投手(1968年西鉄ライオンズドラフト11位)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た1981年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    田島克彦外野手(1981年阪急ブレーブスドラフト6位)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た門司区

    現在、JR九州の本社は福岡市にあるが、チームの所在地は北部九州地域本社のある北九州市小倉北区室町となっている。また、練習グラウンドは北九州市門司区新原町のJR九州社員研修センター内にあり、野球部の寮も社員研修センターに隣接して設けられている。JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た鉄道管理局

    前身は内閣鉄道院時代の1918年に創部された九州鉄道管理局。のち「門司鉄道管理局」、「門司鉄道局」と改称し、戦後の日本国有鉄道発足後「門司鉄道管理局」に改称した。北九州市に所在していた新日鐵八幡(2003年限りで廃部)との対抗戦は「製門戦」と呼ばれ、早慶戦に次ぐ歴史を持つ対抗戦を演じていた。JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た横浜DeNAベイスターズ

    田崎昌弘投手(2001年横浜ベイスターズドラフト5巡→西武ライオンズ)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た第76回都市対抗野球大会

    2004年の第75回都市対抗野球大会では68年ぶりの8強入り、2005年の第76回都市対抗野球大会では69年ぶりの4強入りを果たし、2010年の第81回都市対抗野球大会では準優勝に輝いた。これと前後して、2009年の第36回社会人野球日本選手権大会で、同年の都市対抗優勝チームのHondaを決勝で破り優勝。国鉄分割民営化後にJRグループチームで初めて全国大会を制した。JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    藤岡好明投手(2005年福岡ソフトバンクホークス大学生・社会人ドラフト3巡)JR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「JR九州野球部」のニューストピックワード