60件中 41 - 50件表示
  • JSR

    JSRから見た神栖市

    1971年(昭和46年)1月、鹿島工場(茨城県鹿島郡神栖町、現:神栖市)稼動開始。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た株式公開買付け

    3月、株式公開買付けにより、株式会社医学生物学研究所に対する出資比率を引き上げ。米国バイオ医薬品開発・製造受託会社KBI Biopharma Inc.を産業革新機構・シミックホールディングスと共同で買収。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見たラテックス

    1961年(昭和36年)3月、合成ゴムラテックス生産開始。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た研究開発

    1957年、合成ゴムの国産化を目指して政府および関連民間企業の出資(出資比率は政府40%、民間企業60%)によって設立された国策会社・日本合成ゴム株式会社を前身とする。1969年に完全民営化し、事業の多角化を進める。創立40周年を迎えた1997年、現社名(日本合成ゴム株式会社の英文社名 Japan Synthetic Rubber Co.,Ltd.に由来)に商号変更した。高分子化学分野で培った研究開発力を活かして技術革新を進め、ファインケミカルを第二の収益柱としている。信越化学、日東電工と並び、化学業界屈指の高収益企業である。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た四日市市

    1960年(昭和35年)4月、四日市工場(三重県四日市市)稼動開始、合成ゴム生産開始。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た科学映像館

    日本の合成ゴム《→YouTube版》 - 『科学映像館』より。当企業が”国策会社「日本合成ゴム」”として存在した1960年に企画し、製作された広報映画。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見たフォトリソグラフィ

    合成ゴムで世界5位、日本国内首位(2004年の国内シェア31.5%。第2位は20.1%の日本ゼオン)。既存の石油化学系材料ではなく、半導体系材料や液晶表示系材料などの情報電子材料に注力し収益を伸ばしている。液晶ディスプレイ(LCD)用材料で世界トップシェアの製品が数種あるほか、半導体関連ではフォトリソグラフィ工程に用いるフォトレジストが世界トップ、シリコンウェハーを加工する CMP(化学機械研磨)工程に用いる CMPスラリー、CMPパッドも新たな収益源に成長しつつある。また、優れた光学特性を有する樹脂を開発し、光ファイバー用コーティング材や光学接着剤、透明樹脂などでも高いシェアを持つ。2006年1月には本田技研工業との燃料電池用材料共同開発の進展を発表、同年2月には米IBMとの半導体製造技術共同研究による最先端の成果を発表するなど、次代の材料開発を推進し、2017年度にはライフサイエンス分野を第3の収益の柱と位置付けている。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見た石油化学

    合成ゴムで世界5位、日本国内首位(2004年の国内シェア31.5%。第2位は20.1%の日本ゼオン)。既存の石油化学系材料ではなく、半導体系材料や液晶表示系材料などの情報電子材料に注力し収益を伸ばしている。液晶ディスプレイ(LCD)用材料で世界トップシェアの製品が数種あるほか、半導体関連ではフォトリソグラフィ工程に用いるフォトレジストが世界トップ、シリコンウェハーを加工する CMP(化学機械研磨)工程に用いる CMPスラリー、CMPパッドも新たな収益源に成長しつつある。また、優れた光学特性を有する樹脂を開発し、光ファイバー用コーティング材や光学接着剤、透明樹脂などでも高いシェアを持つ。2006年1月には本田技研工業との燃料電池用材料共同開発の進展を発表、同年2月には米IBMとの半導体製造技術共同研究による最先端の成果を発表するなど、次代の材料開発を推進し、2017年度にはライフサイエンス分野を第3の収益の柱と位置付けている。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見たつくば市

    1989年(平成元年)4月、筑波研究所(茨城県つくば市)完成。JSR フレッシュアイペディアより)

  • JSR

    JSRから見たウェハー

    合成ゴムで世界5位、日本国内首位(2004年の国内シェア31.5%。第2位は20.1%の日本ゼオン)。既存の石油化学系材料ではなく、半導体系材料や液晶表示系材料などの情報電子材料に注力し収益を伸ばしている。液晶ディスプレイ(LCD)用材料で世界トップシェアの製品が数種あるほか、半導体関連ではフォトリソグラフィ工程に用いるフォトレジストが世界トップ、シリコンウェハーを加工する CMP(化学機械研磨)工程に用いる CMPスラリー、CMPパッドも新たな収益源に成長しつつある。また、優れた光学特性を有する樹脂を開発し、光ファイバー用コーティング材や光学接着剤、透明樹脂などでも高いシェアを持つ。2006年1月には本田技研工業との燃料電池用材料共同開発の進展を発表、同年2月には米IBMとの半導体製造技術共同研究による最先端の成果を発表するなど、次代の材料開発を推進し、2017年度にはライフサイエンス分野を第3の収益の柱と位置付けている。JSR フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「JSR」のニューストピックワード