249件中 41 - 50件表示
  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たジャパンビバレッジホールディングス

    かつて商品および自動販売機ともにHALFTIME(ハーフタイム)ブランドを掲げていたが廃止された。現在、ジェイティフーズのソフトドリンクを中心としたジャパンビバレッジの自動販売機には、以前製品のの日本たばこ産業のコーポレートスローガンでもあるdelight(ディライト)というブランドが掲げられている。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たブリティッシュ・アメリカン・タバコ

    世界戦略にも積極的であり、1999年(平成11年)にR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーの子会社であるRJRインターナショナルを買収しJTインターナショナルを設立。JTインターナショナルを含めた販売シェアは世界第3位。2007年(平成19年)に英ギャラハーを買収して世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコに迫ってきた。最近はJT自体の収益も国内消費の低下を海外消費の上昇で補っている面がある(2010年実績にて売上構成比の45.8%)。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た日本たばこアイメックス

    現在は基本的な喫味品質及び銘柄イメージを踏襲した製品をデンマークの老舗パイプたばこメーカーであるマックバレン(Mac Baren Tobacco Company)に製造を委託し、JTの関連会社である日本たばこアイメックスが輸入し、国内で販売している。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たジェイティフーズ

    2008年1月30日、中国の天洋食品が製造し、子会社のジェイティフーズが輸入、同社及び日本生活協同組合連合会などが販売した冷凍餃子において、農薬の混入による食中毒事件が発生していたことが明らかになり、日本たばこ産業とジェイティフーズ及び日本生活協同組合連合会が謝罪。翌日1月31日より各分野の宣伝活動(広告およびテレビ番組の提供クレジット)を自粛することとなった。テレビCMに関しては、公共広告機構(現:ACジャパン)の啓発CM、若しくは地上デジタル放送推進のCM、taspo導入開始告知CMなどに差し替える、あるいは当事件のお詫びCMを放送する措置を取った。2008年3月に自粛は解除されたが、キャッチコピー(「ディライト」及び事件発生時点の「The Delight Factory」)は、使用が取り止められた。この事件の詳細はこちらを参照。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー

    世界戦略にも積極的であり、1999年(平成11年)にR\.J\.レイノルズ・タバコ・カンパニーの子会社であるRJRインターナショナルを買収しJTインターナショナルを設立。JTインターナショナルを含めた販売シェアは世界第3位。2007年(平成19年)に英ギャラハーを買収して世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコに迫ってきた。最近はJT自体の収益も国内消費の低下を海外消費の上昇で補っている面がある(2010年実績にて売上構成比の45.8%)。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た本田勝彦

    四代 本田勝彦 (2000年- 2006年)  初の内部昇格日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た小泉光臣

    六代 小泉光臣 (2012年 - 現職)    内部昇格。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た石井正則

    石井正則(アリtoキリギリス) 「セノビー」日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た岡山市

    岡山印刷工場(岡山県岡山市北区)日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た餃子

    2008年1月30日、中国の天洋食品が製造し、子会社のジェイティフーズが輸入、同社及び日本生活協同組合連合会などが販売した冷凍餃子において、農薬の混入による食中毒事件が発生していたことが明らかになり、日本たばこ産業とジェイティフーズ及び日本生活協同組合連合会が謝罪。翌日1月31日より各分野の宣伝活動(広告およびテレビ番組の提供クレジット)を自粛することとなった。テレビCMに関しては、公共広告機構(現:ACジャパン)の啓発CM、若しくは地上デジタル放送推進のCM、taspo導入開始告知CMなどに差し替える、あるいは当事件のお詫びCMを放送する措置を取った。2008年3月に自粛は解除されたが、キャッチコピー(「ディライト」及び事件発生時点の「The Delight Factory」)は、使用が取り止められた。この事件の詳細はこちらを参照。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

249件中 41 - 50件表示

「JT」のニューストピックワード