249件中 81 - 90件表示
  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た株式

    旧・日本専売公社から1985年(昭和60年)4月1日に業務を承継している。特別法「日本たばこ産業株式会社法」による特殊会社で、根拠法には、全株式のうち3分の1以上の株式は日本国政府(財務省)が保有しなければならないと法律で規定されている。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たウェルファイド

    田辺三菱製薬(旧:ウェルファイド)との合弁による消費者向け医薬品・保健製品会社で、現在JTで取り扱う「ローヤルスター」などの健康飲料は同社から発売開始され、JTに移管された。「ライフィックス胃腸薬」、かぜ薬の「エザック」(「風邪」のローマ字「KAZE」を逆さにして「EZAK」が名前の由来)、ビタミン・保健剤の「ベッセンD」等主要銘柄の販売権・商標権などを日医工に譲渡し、2002年解散。CMキャラクターには藤井フミヤ(ライフィックス胃腸薬)、秋吉久美子(エザック)を起用していた。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た大手私鉄

    全面禁煙の場所(例・JR東日本の東京近郊区間や地下鉄や関東地方の大手私鉄の鉄道駅など)においてはたばこの販売は原則として認められていない。ただし、2003年5月1日以前にたばこ販売許可を受けていた場所(駅構内の売店)については、経過措置として当分の間、販売許可取り消しにはならないことになった。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た鹿児島市交通局

    鹿児島工場(鹿児島県鹿児島市) - 跡地は鹿児島市立病院と鹿児島市交通局・電車部門局舎日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た宮崎放送

    ダンロップフェニックストーナメント(毎日放送・宮崎放送共同制作)※1980年代後半 - 1991年、2000年日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た河北省食品輸出入集団天洋食品工場

    2008年1月30日、中国の天洋食品が製造し、子会社のジェイティフーズが輸入、同社及び日本生活協同組合連合会などが販売した冷凍餃子において、農薬の混入による食中毒事件が発生していたことが明らかになり、日本たばこ産業とジェイティフーズ及び日本生活協同組合連合会が謝罪。翌日1月31日より各分野の宣伝活動(広告およびテレビ番組の提供クレジット)を自粛することとなった。テレビCMに関しては、公共広告機構(現:ACジャパン)の啓発CM、若しくは地上デジタル放送推進のCM、taspo導入開始告知CMなどに差し替える、あるいは当事件のお詫びCMを放送する措置を取った。2008年3月に自粛は解除されたが、キャッチコピー(「ディライト」及び事件発生時点の「The Delight Factory」)は、使用が取り止められた。この事件の詳細はこちらを参照。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見たテレビ宮崎

    ニュースJAPAN(プロ野球ニュース内)(テレビ大分・テレビ宮崎を除く)※1998年3月まで前半ナショナルセールス枠では同業者のB&Wタバコが提供。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た三井不動産フロンティアリートマネジメント

    2003年に全額出資により設立されたが、2008年3月に三井不動産へ全株譲渡。三井不動産フロンティアリートマネジメントに商号変更。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た富士フレーバー

    富士フレーバー(完全子会社)日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本たばこ産業

    日本たばこ産業から見た塩事業センター

    旧・日本専売公社から塩の専売業務も承継したが、1997年(平成9年)4月21日に塩専売法が廃止されて塩事業法に移行し、日本での塩の製造販売が自由化されたため、塩に関する事業は「公益財団法人塩事業センター」が引き継ぎ、従来の食塩(精製塩)は「センター塩」と改称された。日本たばこ産業 フレッシュアイペディアより)

249件中 81 - 90件表示

「JT」のニューストピックワード