41件中 31 - 40件表示
  • ジェイソン・ライトマン

    ジェイソン・ライトマンから見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    第2作『JUNO/ジュノ』は2007年のトロント国際映画祭でプレミア上映されて高い反響を得て、同年12月に公開された。同作は批評家に絶賛され、同年のアカデミー賞では作品賞などの候補となり、ライトマン自身も監督賞で挙がった。ライトマンはその他にもカナディアン・コメディ賞の監督賞など、多数の賞を受賞した。『JUNO/ジュノ』の北米での興行収入は1億4000万ドル以上に達し、彼のキャリアで最大のヒット作となり、また、『キンダガートン・コップ』以降の父の作品のどれよりも成功した作品となった。ジェイソン・ライトマン フレッシュアイペディアより)

  • 一城みゆ希

    一城みゆ希から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    JUNO/ジュノ(ブレンダ(アリソン・ジャネイ))一城みゆ希 フレッシュアイペディアより)

  • 小野塚貴志

    小野塚貴志から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    JUNO/ジュノ(ジョッシュ)小野塚貴志 フレッシュアイペディアより)

  • ショートショートフィルムフェスティバル

    ショートショートフィルムフェスティバルから見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    2001年の観客賞受賞監督には、若き日のジェイソン・ライトマン監督も名を連ねており、その後、ディアブロ・コーディとタッグを組んだ長編映画『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』(主演:ジョージ・クルーニー)がアカデミー賞にノミネートされている。2014年のカンヌ映画祭“シネフォンダシオン部門”では、SSFF & ASIA 2012でグランプリを受賞した平柳敦子監督による『Oh Lucy!』(主演:桃井かおり)が日本人初の2位という快挙を果たした。ショートショートフィルムフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 後藤敦

    後藤敦から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    JUNO/ジュノ(マーク〈ジェイソン・ベイトマン〉)後藤敦 フレッシュアイペディアより)

  • 県敏哉

    県敏哉から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    Juno JUNO/ジュノ : Mark (Voice of Jason Bateman ジェイソン・ベイトマン)県敏哉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡寛恵

    岡寛恵から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    JUNO/ジュノ(ヴァネッサ〈ジェニファー・ガーナー〉)岡寛恵 フレッシュアイペディアより)

  • アレステッド・ディベロプメント (テレビドラマ)

    アレステッド・ディベロプメント (テレビドラマ)から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    2007年、マイケル・ブルース役のジェイソン・ベイトマンとその息子ジョージ・マイケル・ブルースを演じたマイケル・セラが映画『JUNO/ジュノ』で再び共演。同作の大ヒットにより、本作への再評価の気運が高まり、2010年に映画化が発表されていたが、2013年5月26日にネットフリックスでの配信という形で第4シーズン(全15話)が放映された。アレステッド・ディベロプメント (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ロンダ・ラウジー

    ロンダ・ラウジーから見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    映画館で「JUNO/ジュノ」を女友達と観賞していたところ、ラウジーの後ろの席で五月蝿く騒いでいた若者グループの中の女がラウジーの座席に足を乗せて座っていたため、ラウジーの頭にその足が何度も当たっていた。ラウジーはマナーを守るように注意をするが、再び足が頭に当たった時ついに怒り、女のブーツを掴み取って映画館内に投げ捨てた。すると、その女の彼氏がラウジーの前に立ちふさがってブーツを取って来いと命令した。ラウジーはそれを拒否して通路からどくように警告するが、男が体を押してきたので男の襟元を掴んで空いているほうの手でパンチを食らわせ、掴みかかってきた若者グループの別の男も柔道技で投げ飛ばして返り討ちにしたエピソードをABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」にゲスト出演した際に披露した。ロンダ・ラウジー フレッシュアイペディアより)

  • 土師孝也

    土師孝也から見たJUNO/ジュノJUNO/ジュノ

    JUNO/ジュノ(マック〈J・K・シモンズ〉)土師孝也 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「JUNO ジュノ」のニューストピックワード