987件中 11 - 20件表示
  • オブジェクト指向プログラミング

    オブジェクト指向プログラミングから見たJavaJava

    1980年代後半に次々と生まれたオブジェクト指向分析・設計論は、Smalltalkを源流とするオブジェクト指向を基に組み立てられた。このときSmalltalkは健在であったが広く普及しているとは言えずC++で実装する機会が多かったが、C++はSmalltalkとは思想的にやや異なることと、仕様の複雑さが問題とされた。このニーズを受けC++の提示した現実解と、Smalltalk的理想論を融合するものとして、構文面ではシンプル化しながらも強くC++の影響を受けつつ、一方で用語や思想面でSmalltalk色を濃くしたJava(1991年)が作られた。バランス感覚に長けたJavaの登場によってオブジェクト指向開発に必要な要素が全てそろい、1990年代後半からオブジェクト指向は広く普及するようになった。オブジェクト指向プログラミング フレッシュアイペディアより)

  • Java Platform, Enterprise Edition

    Java Platform, Enterprise Editionから見たJavaJava

    Java Platform, Enterprise Edition (Java EE) は、Javaで実装されたアプリケーションサーバーの標準規格及びそのAPIを定めたもの。Java Platform, Standard Edition (Java SE) の拡張機能の形で提供される。Java Platform, Enterprise Edition フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse (統合開発環境)

    Eclipse (統合開発環境)から見たJavaJava

    Eclipse(「イクリプス」または「エクリプス」)は、IBMによって開発された統合開発環境 (IDE) の一つ。高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。Eclipse自体はJavaで記述されている。Eclipse (統合開発環境) フレッシュアイペディアより)

  • COBOL

    COBOLから見たJavaJava

    日本国内では、2004-2009年のプロジェクトデータ2,417件をまとめたIPAのレポートによると、1位のJava(25.4%)に次いでCOBOLは16.8%で2位である。COBOL フレッシュアイペディアより)

  • 学研キッズネット

    学研キッズネットから見たJavaJava

    後にJavaアプレットを使用したチャットに変更。同時に発言ランキングが廃止。Javaアプレットを使用したチャットにしたことにより、伝言板、連続発言が可能になったが、その為荒しが急増。伝言板はセキュリティ上の問題によりのちに廃止。他、MacintoshなどのWindows以外のOSでの動作確認がとれなかった為、Javaチャット廃止。Javaチャットでは、文字をクリップボードに取り込めない(コピーできない)ため、URLが紹介されても、行くには手で打たなければならなかった。また、ウィンドウズでも場合によってはJava機能のインストール具合に問題があったりして使えない場合もあった。また、入室時のIDとパスワードを記憶する機能がないため、毎回手入力をせざるを得なかった。学研キッズネット フレッシュアイペディアより)

  • Object Data Management Group

    Object Data Management Groupから見たJavaJava

    JavaバインディングObject Data Management Group フレッシュアイペディアより)

  • CICS

    CICSから見たJavaJava

    1999年 CICS Transaction Server 1.3 (Javaサポート、CICS Webサポート(CWS))CICS フレッシュアイペディアより)

  • 並行計算

    並行計算から見たJavaJava

    共有メモリ通信 : 並行コンポーネント群は共有メモリの内容を更新することで通信を行う(JavaやC#)。この並行プログラミング方式では、何らかのロックを必要とする(ミューテックス、セマフォ、モニタなど)。並行計算 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトコム

    ソフトコムから見たJavaJava

    大型汎用コンピュータ(メインフレーム)やオープンシステムといった幅広いプラットフォームで、難度の高い大規模なシステム構築を数多く経験している。特に設立当初からJava技術の研究開発や自社製品の商品化、業務アプリケーションシステムへの活用に取り組み、Java技術をベースとしたWebシステム構築や金融系システム、対外通信系システム、業務系基幹システムの設計・開発・運用・保守、有資格者によるコンサルティングサービスやプロジェクト・マネジメント等幅広い事業を展開している。また、ニアショア開発におけるパイオニア的な存在として実績を積み重ねている。ソフトコム フレッシュアイペディアより)

  • Enterprise Objects Framework

    Enterprise Objects Frameworkから見たJavaJava

    Enterprise Objects Framework(EOF)とは、1994年にNeXTのNeXTSTEPおよびOpenStep向けに導入された初期のオブジェクト関係マッピング製品である。EOFは関係データベースとのやり取りの過程を抽象化し、データベース内の行をJavaやObjective-Cのオブジェクトにマッピングする。これにより、開発者は低レベルなSQLコードを書く作業からほぼ解放される。EOFは1990年代中盤に金融関係でそれなりの成功を収めた。1996年にNeXTがアップルコンピュータに吸収合併されると、EOFはアップルのアプリケーションサーバ WebObjects の一部として統合され、同製品の特徴とされるようになった。Enterprise Objects Framework フレッシュアイペディアより)

987件中 11 - 20件表示

「Java」のニューストピックワード