866件中 41 - 50件表示
  • Communicating Sequential Processes

    Communicating Sequential Processesから見たJavaJava

    JCSP CSPのコンセプトをJavaのスレッドAPIに導入した実装Communicating Sequential Processes フレッシュアイペディアより)

  • アクターモデル

    アクターモデルから見たJavaJava

    ロックを持つオブジェクト(例えば、JavaやC#のオブジェクト)は、連続的に到着するメッセージを受け取る(例えば内部のキューに蓄える)機能を持った「シリアライザ; Serializer」としてモデル化できる。シリアライザはメッセージを連続的に受信可能なアクターの一種であり、シリアライザ向けに送信されたメッセージは必ず受信されることが保証される。アクターモデル フレッシュアイペディアより)

  • Webアプリケーションフレームワーク

    Webアプリケーションフレームワークから見たJavaJava

    高いトラフィックに対応した Web アプリケーションを実現するため、プログラマーは Web サーバとの密な結合を望んだ。Apache HTTP Serverは、例えば、Web サーバが任意のコードを実行したり(mod_pythonなど)、特定のリクエストを動的なコンテンツを扱える Web サーバに転送するような(mod_jkなど)モジュールをサポートしている。Javaなどの言語で書かれた動的なコンテンツをWeb サーバで扱うことができるよう設計されたものもある(Apache Tomcatなど) 。Webアプリケーションフレームワーク フレッシュアイペディアより)

  • 中間表現

    中間表現から見たJavaJava

    中間表現が、言語の形態をとっている場合、その言語を中間言語と言う。コンピュータ内部のデータ構造の場合など、任意のポインタで接続された構造が可能であり、中間表現が言語的であるとは限らない。Javaの .class ファイルのように、インタフェースとして定義され、外部に出力されるものもある。また、仮想機械のコードという形の場合、中間コードと言う。中間表現 フレッシュアイペディアより)

  • this (プログラミング)

    this (プログラミング)から見たJavaJava

    C++やJavaでの静的メソッドはインスタンスに対応せずクラスに所属するものであるため、thisは使えない。Python、Ruby、Smalltalk、Objective-Cなどでは、「クラスオブジェクト」のメソッド(クラスメソッド)となっていて、thisはクラスオブジェクトを指す。this (プログラミング) フレッシュアイペディアより)

  • 制御の反転

    制御の反転から見たJavaJava

    「制御の反転」は計算機科学においては新しい用語ではない。マーティン・ファウラーによれば、"Inversion of Control”という用語の起源は1988年に遡る。この考え方は、階層による抽象化とよく似ている。しかし、「制御の反転」という用語は何か新しいものとして大々的に流布された。これは、そのような設計原則に開発者の目を惹きつけ、その重要性を再認識させた。Javaの世界ではこの用語が一定の認知を得た。また、特定のプログラミング言語に依存しないアーキテクチャを述べる際にも好んで使われる。制御の反転 フレッシュアイペディアより)

  • astah*

    astah*から見たJavaJava

    また、クラス図からのJava言語・C++言語・C#言語のスケルトンコードの生成、Java言語ソースコードからクラス図の作成 (リバースエンジニアリング) が可能である。また、編集APIのサンプル機能として、C++言語、C#言語のソースコードからクラス図を作成する事ができる。ただし、ソースコードとクラス図間でのラウンドトリップ・エンジニアリングには対応していない。astah* フレッシュアイペディアより)

  • JavaOne

    JavaOneから見たJavaJava

    JavaOne は1996年から毎年サン・マイクロシステムズが開催しているJavaに関する会議。主に開発者が参加する。サンフランシスコのモスコーニセンターで、毎年4月から6月、通常日曜日から金曜日の日程で開催。日中は様々なテーマでテクニカルセッションが行われる。夜になると、モスコーニセンターと周辺のホテルで、非公式のセッション(Birds of Feather)が行われる。BoFセッションではJavaテクノロジの特定の観点に集中した議論が展開される。JavaOne フレッシュアイペディアより)

  • メッセージキュー

    メッセージキューから見たJavaJava

    その他の実装では、コンピュータ間のメッセージのやり取りに使われたり、複数のアプリケーションや複数のオペレーティングシステム間の接続に使われたりする。このようなメッセージキューシステムでは、システムの障害が発生してもメッセージを無くしたりしないような「回復力; resilience」のある機能が提供されることが多い。この種のメッセージキューを実装した商用ソフトウェア(メッセージ指向ミドルウェアとも呼ぶ)として、IBM の WebSphere MQ、オラクルの Oracle Database に含まれる (AQ)、マイクロソフトの 、日立製作所のTP1/MessageQueue、セゾン情報システムズのHULFT-Message などがある。Java の関連する標準として Java Message Service があり、これにはオープンソースのものもプロプライエタリのものも含めていくつかの実装がある。メッセージキュー フレッシュアイペディアより)

  • ジェネリックプログラミング

    ジェネリックプログラミングから見たJavaJava

    これはデータ型でコードをインスタンス化するのか、あるいはデータ型をパラメータとして渡すかということにかかわらず、同じソースコードを利用できるということである。ジェネリックプログラミングは言語により異なる形で実装されている。ジェネリックプログラミングの機能は70年代にCLUやAdaのような言語に搭載され、次にBETA、C++、D、Eiffel、Java、そして今はなきDECのTrellis/Owl言語などの数多くのオブジェクトベース(object-based)およびオブジェクト指向(object-oriented)言語に採用された。ジェネリックプログラミング フレッシュアイペディアより)

866件中 41 - 50件表示

「Java」のニューストピックワード

  • クラウド・アプリケーション基盤開発担当グループ・バイスプレジデント

  • マイクロサービス向けを強化

  • 非同期プログラミングAPI