866件中 61 - 70件表示
  • Low Level Virtual Machine

    Low Level Virtual Machineから見たJavaJava

    LLVM は、JavaとJVMの関係のように、まず仮想機械をターゲットとした中間言語を生成し、その仮想機械向けコードを特定のマシンの機械語に変換する。この時言語やプラットフォームとは独立した最適化を行う。この方法によってLLVM は言語からもアーキテクチャからも独立しており、それぞれに特化した、プログラミング言語固有のモジュールと、マシン向けコード生成部を用意することにより様々な言語アーキテクチャーに対応する。Low Level Virtual Machine フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たJavaJava

    また独占を警戒する側からはライセンス条件の緩和や無償化、規格制定権限の標準化団体への移行、更にはオープンソース化などが主張され、製品や技術を独占している側からは主導権の確保、多数バージョン派生による混乱の回避、ユーザーの安心などを理由に反論が展開され、限定的対応となる場合もある(例:Java)。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • 抽象化 (計算機科学)

    抽象化 (計算機科学)から見たJavaJava

    オブジェクト指向プログラミング言語(C++、Javaなど)での抽象化の概念は、必要に応じて virtual や abstract といったキーワードを使って宣言することである。このような宣言をした後、プログラマはその宣言に沿ってオブジェクトをインスタンス化するためにクラスを実装しなければならない。抽象化 (計算機科学) フレッシュアイペディアより)

  • 難読化コード

    難読化コードから見たJavaJava

    せいぜい、難読化は単なる時間稼ぎに過ぎず、プログラムのリバースエンジニアリングを不可能とするものではない。また、Javaなどの"Reflection API"の利用では限られている。難読化コード フレッシュアイペディアより)

  • 参照 (情報工学)

    参照 (情報工学)から見たJavaJava

    Javaなどの言語は内部収納をサポートしない。これらの言語では、全てのオブジェクトが参照を通してアクセスされる。参照 (情報工学) フレッシュアイペディアより)

  • Mac OS X v10.5

    Mac OS X v10.5から見たJavaJava

    後継バージョンMac OS X v10.6以降はIntel Mac専用であり、当バージョンはPowerPCで動作する最後のMac OS Xとなった。OS本体の最終セキュリティアップデートは、2011年6月23日にリリースされた セキュリティアップデート 2011-004である(Javaは2011年6月28日, Safariは2011年7月20日, QuickTimeは2011年8月03日まで提供)。Mac OS X v10.5 フレッシュアイペディアより)

  • Inferno (オペレーティングシステム)

    Inferno (オペレーティングシステム)から見たJavaJava

    対象とするネットワーク環境の多様性に対応するため、設計段階で仮想機械を使うのが必須であると決定された。これはJavaを生んだOakプロジェクトと同じ結論だが、それぞれ独自に同じ結論に至っている。仮想機械Disはレジスタマシンの一種で、Java仮想マシンとは反対に、動作するアーキテクチャになるべくマッチするよう設計されている。そのため、新たなアーキテクチャをサポートする際にJITコンパイラを作成するのが単純という利点がある。Inferno (オペレーティングシステム) フレッシュアイペディアより)

  • Visitor パターン

    Visitor パターンから見たJavaJava

    Visitor パターンの基本的な考えとして、visitor を引数として受け取る accept() メソッドを持ったクラスを複数、要素として持つ構造をとる。Visitor は各要素クラスごとにaccept() メソッドを持つインタフェース である。特定の処理を実行する個別の具体的なvisitor クラスを作成することができる。具体的な visitor の visit() メソッドは、一つのクラスのメソッドとして考えるものではなく、二つのクラスのペア、すなわち具体的な visitor と特定の要素クラスに対するメソッドとして考えることができる。それゆえ、Visitor パターンは ダブルディスパッチ を従来の Java、Smalltalk、C++ などのオブジェクト指向プログラミング言語で模したものである。ダブルディスパッチと関数のオーバーロードとの違いについては、:en:Double dispatchの記事を参照のこと。Java 言語でリフレクションを用いて Visitor パターンにおけるダブルディスパッチを模倣する機構を簡潔にする二つのテクニックが文書として公開されている(Visitor パターン フレッシュアイペディアより)

  • プログラミングパラダイム

    プログラミングパラダイムから見たJavaJava

    プログラミング言語が異なれば、対応できるパラダイムも異なってくる。SmalltalkやJavaは手続き型やオブジェクト指向、Haskellは関数プログラミング、といったように、比較的少数のパラダイムに対応している。一方で、竹内らのTAOのように多数のパラダイムに対応した言語(マルチパラダイムプログラミング言語)も存在する。プログラミングパラダイム フレッシュアイペディアより)

  • 条件演算子

    条件演算子から見たJavaJava

    CやJavaやPerlなどでは、a ? b : c ? d : e は a ? b : (c ? d : e) という意味だが、PHPの三項演算子1では (a ? b : c) ? d : e なので注意が必要である。条件演算子 フレッシュアイペディアより)

866件中 61 - 70件表示

「Java」のニューストピックワード