987件中 81 - 90件表示
  • セマフォ

    セマフォから見たJavaJava

    ALGOL 68 やLinuxカーネル、いくつかの英語の教科書では、PとVはそれぞれ down と up とされている。ソフトウェア工学では一般に wait と signal、acquire と release(Javaのライブラリで使用)、pend と post などと呼ばれることが多い。教科書によっては元もとのオランダ語の頭文字に一致するよう procure と vacate としているものもある。セマフォ フレッシュアイペディアより)

  • 拡散律速凝集

    拡散律速凝集から見たJavaJava

    拡散律速凝集 (DLA) によって生成される複雑で有機的な図形はアートとしても親しまれている。Javaのオープンソースライブラリである toxiclibs の Simutils パッケージでは、ユーザーが予め指定した曲線に従って成長する DLA クラスタを生成できる。曲線のほかにも様々なパラメターを変更することで動的にクラスタの成長形を変えることもできる。拡散律速凝集 フレッシュアイペディアより)

  • ランタイムシステム

    ランタイムシステムから見たJavaJava

    コンパイル型またはインタープリター型言語の一部では、アプリケーションコードがランタイムシステムと直接対話することを可能にするインターフェースが提供される。たとえば、Java言語のThreadクラスは他のスレッドの開始や停止等を行う (単一のスレッドで実行される) コードを実現する。通常、タスクスケジューリングやリソース管理といった、ある言語の振る舞いの核となる側面はこの方法でアクセスすることはできない。ランタイムシステム フレッシュアイペディアより)

  • WebSphere MQ

    WebSphere MQから見たJavaJava

    1997年 MQSeries V5.0(メッセージサイズ拡張、C++やJavaのサポート )WebSphere MQ フレッシュアイペディアより)

  • 整数型

    整数型から見たJavaJava

    整数型(せいすうがた)は、コンピュータのプログラムなどのデータ型の1つまたは1群であり、整数を取り扱う。コンピュータで扱うもっとも単純な部類のデータ型のひとつである。C言語やJavaなどの多くのプログラミング言語では、整数型は固定長であり、その固定サイズで表現可能な範囲の、整数の有限な部分集合の要素を値とする型である。また多くの言語において、標準あるいは第三者によるライブラリにより、範囲に制限のない整数も扱うことができる。整数型 フレッシュアイペディアより)

  • コメント (コンピュータ)

    コメント (コンピュータ)から見たJavaJava

    C++やJavaでは、// 以降がコメントと見なされる。コメント (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • リフレクション (情報工学)

    リフレクション (情報工学)から見たJavaJava

    日本語では自己言及と呼ばれる。通常リフレクションというと動的(実行時)リフレクションのことを指すが、静的(コンパイル時)リフレクションをサポートするプログラミング言語もある。リフレクションはSmalltalk、Java、.NET Frameworkのような仮想機械やインタプリタ上で実行されることを想定した言語でサポートされることが多く、C言語のような機械語として出力されることを想定した言語でサポートされることは少ない。リフレクション (情報工学) フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たJavaJava

    また独占を警戒する側からはライセンス条件の緩和や無償化、規格制定権限の標準化団体への移行、更にはオープンソース化などが主張され、製品や技術を独占している側からは主導権の確保、多数バージョン派生による混乱の回避、ユーザーの安心などを理由に反論が展開され、限定的対応となる場合もある(例:Java)。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • Javaの性能

    Javaの性能から見たJavaJava

    Javaの性能(ジャバのせいのう)の記事では、Javaプラットフォームの性能について説明する。プログラミング言語としてのJavaに対する批判や、Javaプラットフォームの性能に対する批判は「Javaに対する批判」の記事を参照のこと。この記事ではJavaプラットフォームの性能について批判以外の説明をする。Javaの性能 フレッシュアイペディアより)

  • Component Object Model

    Component Object Modelから見たJavaJava

    COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントは、特定の開発言語に依存せず、C言語やC++、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発を行うことができる。COMという用語はソフトウェア開発の世界ではOLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMをカバーする包括的な用語としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインタフェースを有している。アプリケーションソフトウェアは、公開されているインタフェースを介してCOMコンポーネントと通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトの異なるインタフェース間のキャストはQueryInterface関数で行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。Component Object Model フレッシュアイペディアより)

987件中 81 - 90件表示

「Java」のニューストピックワード