368件中 41 - 50件表示
  • Java

    Javaから見たスーパーコンピュータ

    現在、Java の技術は、情報技術のローエンドからハイエンドまで幅広く使われている。組み込みシステムや携帯機器(携帯電話・PHSやPDA・スマートフォン等)のシステムから、企業の情報システムを担う大規模なサーバやスーパーコンピュータまで、非常に多くの分野で活用されている。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たPeer to Peer

    JXTA - Peer to Peer (P2P) の仮想ネットワークのためのオープンプロトコルJava フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見た商標

    同年、チームはOakの名称をJavaに変更する。変更の理由は、商標を調べて、"Oak" という名前がすでにビデオカードアダプタの製造会社 (Oak Technology) によって使われていたことが判明したからである。Javaという名称は、一部のチームメンバーがよく出入りしていた近くのコーヒーショップで命名されたという。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たLinuxディストリビューション

    現在、ほとんどの パーソナルコンピュータ (PC) のユーザは、何ら問題なくウェブおよびデスクトップ環境上でJavaアプリケーションを実行できる。多くのPCメーカーは、自分たちが製造・販売する Windows PCにJava実行環境 (JRE) を同梱している。アップルの Mac OS X や、多くのLinuxディストリビューションでも、Java実行環境を同梱している。そのため、マイクロソフトが2001年頃以降にJava実行環境をWindowsに同梱していないことの影響は小さい。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たWeb 2.0

    現在では、リッチクライアントやWeb 2\.0の登場により新たなパラダイムが生まれようとしている。すなわちウェブを基盤としたウェブアプリケーションとスタンドアロンアプリケーションの融合である。ウェブアプリケーションをAjaxや Java Web Start、Adobe Flash などと組み合わせることにより、Web2.0時代に見合ったより洗練されたアプリケーションを開発することができる。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たIPv6

    現在では IPv6 も扱えるようになりつつある。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たライブラリ

    Java では充実したライブラリにより、コンピュータネットワークを活用するソフトウェアを、効率良く開発することができる。Java はその初期のバージョンから、TCP/IP のライブラリを備えていた。分散オブジェクト環境 (Java RMI, CORBA) のソフトウェアの開発も早い時期からできるようになっていた。近年では、さまざまなネットワークプロトコルの高水準なライブラリが使えるようになっている。充実したネットワーク機能と次に述べるXML文書を扱う機能を有効に組み合わせることにより、これまでにない高度なシステムの構築ができる言語の一つである。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たプログラミング言語

    Java(ジャバ)は、狭義ではオブジェクト指向プログラミング言語Javaであり、広義ではプログラミング言語Javaのプログラムの実行環境および開発環境をいう。本稿ではプログラミング言語としての Java、および関連する技術や設計思想、およびJava言語の実行環境として見たJavaプラットフォームについて解説する。クラスライブラリなどを含めた、Javaバイトコードの実行環境と開発環境(広義のJava)については、Javaプラットフォームを参照。また、言語の文法に関してはJavaの文法を参照。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たオブジェクト (プログラミング)

    Smalltalk や Objective-C と同様な簡潔なオブジェクトモデルを採用している。Java フレッシュアイペディアより)

  • Java

    Javaから見たウェブブラウザ

    1994年の6月から7月にかけて、ジョン・ゲージと、ジェームズ・ゴスリン、ビル・ジョイ、パトリック・ノートン、ウェイン・ロジン、エリック・シュミットの間で、3日間かけてブレインストーミングを行い、プロジェクトチームはウェブの世界に主眼を置くという方針変更を行う。彼らは、革新的なウェブブラウザである NCSA Mosaic の出現を目の当たりにし、ウェブを含むインターネットの世界は、ケーブルテレビの世界に劣らず、高度にインタラクティブな媒体に発展しつつあると認識するようになった。Oak を使ったプロトタイプとして、ノートンはWebRunnerという小さなウェブブラウザを開発。このウェブブラウザの名称は後に HotJava と変更される。ウェブページにJavaアプレットという小さなJavaプログラムを埋め込んでおいて、ウェブブラウザHotJavaでそのページにアクセスすると、HotJava上でアニメーションの表示やマウスによるインタラクティブな操作ができた。Java フレッシュアイペディアより)

368件中 41 - 50件表示

「Java」のニューストピックワード

  • クラウド・アプリケーション基盤開発担当グループ・バイスプレジデント

  • マイクロサービス向けを強化

  • 非同期プログラミングAPI