1971件中 21 - 30件表示
  • 国際電信電話

    国際電信電話から見たKDDIKDDI

    KDDIの前身会社の1つである。国際電信電話 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンケーブルネット

    ジャパンケーブルネットから見たKDDIKDDI

    グループ各局が、『JCN電話』として、KDDI株式会社のプライマリIP電話(0AB〜J IP電話)サービス「ケーブルプラス電話」を順次開始。ジャパンケーブルネット フレッシュアイペディアより)

  • ケイディディ

    ケイディディから見たKDDIKDDI

    ケイディディ株式会社は、かつて日本に存在した第一種電気通信事業をその主要業務とする会社。国際電信電話株式会社法による郵政省管轄の下、特殊会社として業務を営んでいた国際電信電話株式会社 (KDD) をその源とする。現在のKDDIの前身会社の1つである。ケイディディ フレッシュアイペディアより)

  • A5520SA

    A5520SAから見たKDDIKDDI

    A5520SA(えーごーごーにーぜろえすえー)および、A5520SA II(えーごーごーにーぜろえすえーつー)は、鳥取三洋電機(現・三洋テクノソリューションズ鳥取)が開発した、KDDIおよび沖縄セルラー電話の各auブランドのCDMA 1Xの携帯電話である。A5520SA フレッシュアイペディアより)

  • ツーカーホン関西

    ツーカーホン関西から見たKDDIKDDI

    株式会社ツーカーホン関西は日産自動車を単独筆頭(過半)株主として1991年に設立された携帯電話電話事業会社。東海・関東についてはDDI(当時)と共同筆頭株主として設立した為、「ツーカーセルラー」を名乗った。他の地域ではJR系の通信会社日本テレコムと日産が共同筆頭株主となって各地に「デジタルツーカー」を設立した。日本テレコムは日産と組まない関東・東海・関西では単独筆頭(過半)株主として「デジタルホン」を設立した。郵政省(当時)は1.5ギガヘルツの電波割り当てに際して、日産と日本テレコムに全国での携帯電話新規参入枠を与えたのだが、当時関東・東海を除く各地にセルラー携帯電話事業会社を設立していたDDIの関東・東海における利権要求に屈して、2地域のみで日産と対等に組ませたのである。また関東・東海・関西以外の市場は小さいと判断して1社のみの参入を認めた。この結果グループ全体としては「ねじれ経営」状態となって、その影響をもっとも受けた(日産単独主宰の)「ツーカーホン関西」は孤立を深めることとなった。その後の日産の経営難に伴って、1999年にその全ての株がDDI改めKDDIおよび日本テレコムに譲渡され、日産は携帯電話事業から完全撤退した。日産の失敗事業の一つに数えられることもあるが、実際には失敗する以前に撤退したので資本金を回収することもでき、多くの従業員の受け皿となった携帯電話事業は「半成功事業」だったのかもしれない。当時の日産は「人の余剰」と「金の不足」に悩まされていたからである。「ツーカーホン関西」はKDDIによる買収の後も、会社名称を変更することなく1994年開業以来の携帯電話事業を継続していたが、2005年KDDIに完全吸収され名実ともに消滅した。ツーカーホン関西 フレッシュアイペディアより)

  • 中継電話

    中継電話から見たKDDIKDDI

    クレジット通話(中継電話料金と合算請求) - NTTカードC(Ncom)・IDキャッシュレスカード(市外専用)/ホームダイヤル(日本宛国際電話)(SBTM)・KDDIカード(旧ケイディディ)中継電話 フレッシュアイペディアより)

  • 日本移動通信

    日本移動通信から見たKDDIKDDI

    日本移動通信株式会社(にっぽんいどうつうしん、)は、かつて存在した携帯電話(移動体通信)事業会社。現在のKDDI株式会社の前身企業の1つで、現在KDDIが展開する移動体通信(携帯電話)事業「au」の前身事業を行っていた。略称は、IDO(イドー、イドウ)。日本移動通信 フレッシュアイペディアより)

  • 花になれ

    花になれから見たKDDIKDDI

    配信限定シングルによってアーティストをメジャーデビューさせるというのは、ユニバーサルミュージックのe-SUM RECORDSレーベルやコロムビアミュージックエンタテインメントのRobin WORKSレーベルなど、複数のレーベルで2006年頃から既に行われてきた手法であるが、アミューズにとってもKDDIとの合弁会社として音楽配信優先のレーベルであるA-Sketchレーベルを新設した。本作はflumpoolにとってメジャーデビュー作であり、同時にA-Sketchレーベルからの第1弾作品でもある。花になれ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見たKDDIKDDI

    20日 - 沖縄県那覇市松山の沖縄ナムラホールで、コンサート『全国民放FM52局&KDDI present MEET THE MUSIC LIVE with Superfly』開催、幹事局のFM沖縄をはじめ全国のFM局で同時生中継予定だったが、東日本大震災による放送局事情に配慮し中止となった。2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 第3世代移動通信システム

    第3世代移動通信システムから見たKDDIKDDI

    第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルが採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合の「au」が採用しているCDMA2000 1x(CDMA2000 1xRTT、当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれる。第3世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

1971件中 21 - 30件表示

「KDDI」のニューストピックワード