1540件中 61 - 70件表示
  • BGAN

    BGANから見たKDDIKDDI

    この事により、KDDIの山口地球局を含め、各通信事業者が保有する地球局による事業の優位性や通信品質の差が原則無くなった。BGAN フレッシュアイペディアより)

  • au買い方セレクト

    au買い方セレクトから見たKDDIKDDI

    au買い方セレクト(えーゆーかいかたせれくと)は、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話が2007年11月12日より開始した、携帯電話の販売システムである。au買い方セレクト フレッシュアイペディアより)

  • 比較広告

    比較広告から見たKDDIKDDI

    KDDI(NTTドコモ)…「2位が世界を面白くする」「i(i-mode)さえあればなんて、そんな綺麗事だけでいいんですか」等業界1位のドコモを意識したCMを展開した。比較広告 フレッシュアイペディアより)

  • 千本倖生

    千本倖生から見たKDDIKDDI

    日本の通信事業界の開拓者として知られる。大学院修了後、日本電信電話公社(現在のNTT)に入社する。42歳のときに部下数千人を抱える部長職を最後に退社、大阪のコーヒーバーで稲盛和夫に電電公社に対抗する新しい通信事業会社の構想を説き、1984年、稲盛と共同で第二電電株式会社(DDI、現在のKDDI)を創業する。DDIでは通信自由化により専用線事業、市外電話事業を興し、続いて携帯電話事業(DDIセルラー、現在のau)、PHS事業(DDIポケット、現在のウィルコム)を立ち上げ、軌道に乗せる。DDIが成長するに従い、自分自身の周囲に「壁のようなもの」ができたように感じるようになり、同社を退社、1996年から慶應義塾大学大学院で教鞭を執った。千本倖生 フレッシュアイペディアより)

  • CdmaOne (サービス)

    CdmaOne (サービス)から見たKDDIKDDI

    cdmaOne(シーディーエムエー ワン)は、かつてauブランドを展開するKDDIならびに沖縄セルラー電話(開始当初はIDOならびにDDIセルラーグループ)が提供し、日本国内で展開していた第二世代携帯電話(2G)のサービス。当時主流のPDCに比べ通信速度が速かったため第2.5世代(2.5G)とも呼ばれていた。CdmaOne (サービス) フレッシュアイペディアより)

  • PENCK

    PENCKから見たKDDIKDDI

    PENCK(PEИCK・ぺんく)は、2005年2月18日に発売されたau ブランドを展開するKDDI/沖縄セルラー電話の携帯電話である。製造元は日立製作所で、製品型番はW31Hである。CDMA 1X WIN端末。PENCK フレッシュアイペディアより)

  • EZweb

    EZwebから見たKDDIKDDI

    EZweb(イージーウェブ)は、KDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話ブランドauが提供している携帯電話によるインターネット接続サービスの名称。利用の折には、EZ WINコースのオプション契約が必要。KDDIの登録商標である。またKDDIの携帯電話ブランド・ツーカーもかつて提供していた。なお、スマートフォンの場合はIS NETコース(4G LTE端末の場合は、LTE NETコース)を利用する形となり、EZwebとは区別される。EZweb フレッシュアイペディアより)

  • 第3.9世代移動通信システム

    第3.9世代移動通信システムから見たKDDIKDDI

    日本においては、NTTドコモが、他社に先駆け「Xi(クロッシィ)」として2010年12月24日より、イー・アクセス(イー・モバイル)は「EMOBILE LTE」として2012年3月15日より、KDDI(au)は「au 4G LTE」として、ソフトバンクモバイルは「SoftBank 4G LTE」として、それぞれ2012年9月21日より開始した。周波数帯は、第3世代移動通信システムへ割り当てられた帯域を転用ないしはデュアル利用するケースと、2010年4月1日以降、順次3.9G世代参入希望事業者向けに新たに割り当てられる周波数帯(ただし、従前の3G方式への新規周波数帯利用の追加も可能)を利用する形となる。予定される周波数帯については、第3世代移動通信システムを参照。第3.9世代移動通信システム フレッシュアイペディアより)

  • KCP+

    KCP+から見たKDDIKDDI

    KCP+(ケイ・シー・ピー・プラス)は、KDDI Common Platform +(ケイディディアイ・コモン・プラットフォーム・プラス)の略で、KDDIとクアルコムにより共同開発されたau携帯電話専用の共通プラットフォームである。KCP+ フレッシュアイペディアより)

  • FOMAハイスピード

    FOMAハイスピードから見たKDDIKDDI

    FOMAハイスピードが開始された理由は、NTTドコモのFOMAが最高受信速度384Kbpsと、au(KDDI)のCDMA 1X WINの当時の最高受信速度2.4Mbps(現在はCDMA 1X EV-DO Rev.A開始より3.1Mbps)に比べ低速であり、通信単価が高くなり営業上不利であった点、2004年6月1日に開始したパケット定額制サービス「パケ・ホーダイ」によりパケット通信の帯域が増大している点、iモード上での着うたフルやiモーションなどの情報量の大きなコンテンツの増加に伴い通信速度の高速化が急務である点などが挙げられる。FOMAハイスピード フレッシュアイペディアより)

1540件中 61 - 70件表示

「KDDI」のニューストピックワード